上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

お題目の大合唱で400億はドブの中

ここでは、「お題目の大合唱で400億はドブの中」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新銀行東京に対する東京都の400億円の追加出資が、都議会公明党が賛成方針で調整に入ったことから、いよいよドブに捨てられることが決まりそうだ。

石原慎太郎は400億の追加出資がなければ1000億の損失のうえに、さらに大きな損害が生じることになると、半ば脅しのような文句で400億をせびり続けてきた。
それに対する冷静な見方は、400億を追加出資すれば、損失が1400億に増えるだけで、新銀行東京が立ち直ることはないというものが大半だった。
それは多くの都民他、石原の動向を見守り続けている国民の目にも明らかなことだった。

しかし、石原の支持政党である都議会自民党は都議会でろくに質問することもなく出資に賛成。
そして自民党とともに与党の立場にある公明党も、なんだか煮え切らない態度を見せていたが結局賛成に回って400億の血税をドブに捨てることに協力する決意をしたようだ。

もっとも400億円を追加出資するにあたっては、経営再建の確約や都側の監視体制の確立、追加出資後に経営改善しなかった場合の追加出資の禁止などを付帯決議するらしい。

いくら条件をつけてみたところで、カネをドブに捨てることに賛成することに変わりはない。
もったいぶって条件をつけてみたって、守れませんでしたといわれたときにはどうするつもりなのか。

つくづく、公明党は今の権力の座が気に入っているものと見える。
一度握ってしまった権力の座は、どうあっても手放したくないらしい。
どうやらその執着の強さは、池田大作に対する執着の強さに次ぐほど強いようだ。

公明党とは、「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく」ことを理念として立ち上げた党だった。党のHPを見ると、「常に民衆の側に立つことを信条としています。公明党が行動の規範とするのは、高い志と社会的正義感、モラル性、強い公的責任感、そして民衆への献身」などという美辞麗句が並んでいる。
これが公明党の、もうひとつのお題目というわけか。
ちゃんちゃらおかしい、というものだ。

美辞麗句で飾ったお題目を毎日何遍合唱しているか知らないが、結局やっていることは大衆を切り捨て大衆の上に立ち、大衆を追い詰めていくことに他ならない。

それほどまでに権力とは美味しいものか。
いちど手にすると、二度と手放したくはないものか。
大衆を裏切ってまで、その座に留まることを優先させるものなのか。

だが、考えてみれば公明党は政権与党になる以前にも、天下の愚作といわれる「地域振興券」を発案して、すでに税金の無駄遣いを公然とやってきたのだ。
いまさら400億を使うことくらい、なんとも思わないのだろう。

政党としての理念だとか信念だとかいう以前に、この党には政をする人間集団としての誇りがなく、すでにそんな自覚さえもっていないのだろう。
ただただ自民党の言いなりになるイエスマン。ロボットのような存在だ。
自民党がスイッチを押すと、賛成という商品が出てくる自動販売機のようなものだ。

こんな党に、創価学会員以外、存在価値があるといえるのか。
日蓮の教えというのは、衆生を切り捨て、生活を踏みにじることだと解釈するのが正宗の考え方なのか。
金魚の糞のような政党。
こんな政党など切り捨てればいいのに、糞を切り捨てれば本体まで死んでしまうのだから自民党も始末が悪い。

都議会自民党も都議会公明党も、もはや都民の敵である。
最低の男、石原慎太郎のお飾り集団である。

私は以前、創価学会に折伏されて断ったことがある。
すると私を取り囲んでいた連中は、私に向かって「餓鬼道に落ちる」という言葉を吐きつけて、私をその場から追い出した。
公明党とは、こういう連中によって支えられている政党なのだ。
救われるのは正宗を信じる自分たちだけであり、それ以外の者はみな地獄に堕ちて、最下等の世界である餓鬼道に落ちる、死ねばその死体は黒くなる、と考えている人間たちによって運営されている政党なのだ。
都民のカネを捨てることなど、何の躊躇もないだろう。

自民党が最低の低能集団ならば、公明党は最低の亡者集団なのだ。

こんな者どもが政界に存在すること自体、許すべきではない。
今の日本は、東京都をはじめ中央政府まで、アホと亡者に牛耳られている。
思えば鳥肌が立つような時代を、われわれは生きているということになる。

ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/81-b29165ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。