上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

このバカにつける薬はないものか

ここでは、「このバカにつける薬はないものか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私とて仕事をしなければならない事情がある。

しかし、この男のことを考えると頭の中は逆上し、せっかく仕事に向かった意識は脱力し、怒りと侮蔑と嘲りと嘆きと義憤と痛憤が体の芯を貫いて平常心を保つことができなくなる。
私は異常な人間となる。

それほどに、石原慎太郎という男に対して怒りを感じる。

昨日の都議会で、石原は案の定、野党議員から新銀行東京のことで厳しい追及を受けた。
とくに民主党の山下太郎がトップダウンで銀行設立を決めた知事の責任が大きいと追及すると、石原は「私はシーザーでもアレキサンダー大王でもない」と声を荒らげ反論した。そのうえで「トップダウンという言葉の使い方を、政治家として知らないのではないか」と言い返した。
石原シーザー
笑止である。
石原ごときに言われたのでは、カエサルもアレキサンダーも片腹痛しと思うことだろう。
お前ごときに比べられる覚えはないと言い返すだろう。

新銀行東京は、開設当初からうまく運営できるはずがないと言われていた銀行だ。
資金繰りに悩む中小企業を救うとは名ばかりで、この銀行が提供する融資はいずれも短期、高金利で、中小業者に役立つものとなるどころか、困難に追い打ちをかけるケースもあった。
最近では、金利が一律14%の「わらしべローン」などというトンデモ商品まで出していた。
他の信用金庫や信用組合の利率が4%であるのと比べれば、その無茶苦茶ぶりは明らかだろう。
これでは借りたくても利子を払っていけない企業が大半で、事実、ほとんど誰もこのような融資は受けようとしなかった。
のみならず、この銀行は都庁職員からも見放され、誰も預金しようとさえしていないのが実情だ。

そのうえ石原は、共産党の吉田信夫が新銀行の開業時にすでに大手銀行が中小企業融資を始めていた状況を踏まえ、「知事は慎重な姿勢が欠けていた」と批判したのに対して、
「私にも『責任』がありますよ。墜落寸前の銀行を上昇させることだ。さんざん話してきたじゃないですか」と開き直った。
さらに吉田の「あなたが会社の社長だったら、1000億円の大穴をつくれば即辞任だ」という追及に対して石原は、
「最初から私が社長だったらもっと大きな銀行にしていますよ」と、居直ってみせた。

ほんとうにこの男の傲慢さと馬鹿さ加減には言葉を失う。
どこかに、このバカにつける薬はないものかと心が痛くなる。
朝日の報道によれば、ここまで開き直っておきながら、石原は都合の悪い質問には自分で立ち上がることもせず産業労働局長の佐藤広に答えさせた。
仁司泰正・元代表執行役の任命責任について問われ、「銀行設立準備担当部署が候補者を決め、最終的に知事の了承を受けた」と答弁させた。
「都議会は議会ごとに新銀行問題を取り上げてきたが、知事は馬耳東風だった」との指摘にも、明確に答えようとしなかった。
まいったな
すでに何度もこのブログで取り上げているように、この期におよんで石原はこの無用の銀行に対してさらに400億円もの金を注ぎ込もうとしている。

多くが財政難に苦しむ地方自治体から見れば、そもそも無担保・無保証で金を貸す銀行を作るという発想自体が信じがたいものであり、経営の穴埋めに400億も支出するなど、これまた考えられないことである。
地方税収入が5兆円を上回る超富裕自治体ならば可能なのかもしれないが、それでも400億といえば都が新年度から始める低所得者支援策の4年分に相当するというではないか。
なぜ、東京都にはこんな無駄遣いが許されるのか。
これは地方全体の声でもある。

東京マラソン、オリンピック誘致、築地市場移転、東京外環道建設。
石原がやってきたこと、やろうとしていることはどれも税金をばらまくことばかりだ。
そのうえ、400億も出す金があるのなら、低所得者支援を4倍手厚くしてやればいいではないか。
地方との格差是正のために基金のひとつも設けてやればいいではないか。
ほんとうにこの男の金銭感覚には目眩さえ感じてしまう。
この場に昏倒して、血反吐を吐きそうな思いになる。

カエサルは、帝国が拡大するにつれ現実に合わなくなってきた共和制という統治体制を改めた。
それは帝政という権力が集中する体制ではあったが、ローマ帝国は以後およそ200年にわたるパクス・ロマーナを築いた。
しかし独裁者の石原は、これから何を築こうとしているのか。
これから何を築けるというのか。

おのれをカエサルと比較するなど、100万年はやいというものだ。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
多分、こういう人に付ける薬は無いよ。

死ななきゃ治らないんじゃない。
2008/03/12(水) 19:00 | URL | 源次郎 #-[ 編集]
もうこういう毒がある文章は止めた方がいいかもしれないです、きっと。
単なる言葉遊びに堕していると反省します。
陳謝。
2008/03/12(水) 20:16 | URL | ooaminosora #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/65-b9ac6eca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
昨日は「ピンク色の憎い奴」について書いたら、『きっこの日記』『きっこのブログ』で紹介していただいたおかげで、「すごい!」というか、...
2008/03/15(土) | カナダde日本語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。