上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

石原慎太郎は逮捕するか財産没収しかない

ここでは、「石原慎太郎は逮捕するか財産没収しかない」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アホの権化、石原慎太郎東京都知事が「新銀行東京」構想をぶち上げ、開業したのは2005年のことである。

当初からその運営には疑問の声が上がっていたが、今やその累積赤字は936億円。
都が出資した1000億円をほとんど食い潰そうとしている。
そして承知の通り、石原は、経営が行き詰まったこの銀行に対して、さらに400億円もの追加出資をして経営再建にあたろうとしている。
つまり石原は、都民が払った税金という他人のふんどしを借りて相撲を取り、ぼろ負けをした尻ぬぐいに、再び他人の手を借りて尻拭いしようとしているのである。
新銀行東京

尻拭いして尻がきれいになるのならばまだいい。
しかし実際には、400億もの追加出資をしたところで新銀行東京が立ち直ると思っている者は、石原以外にいないだろう。
400億円はむざむざとドブに捨てられることになるのである。
こんなバカ男の専横を、都民はどこまで黙って見ているつもりなのだろうか。

1997年に経営破綻した北海道拓殖銀行の場合は、杜撰な貸し付けをして不良債権を作った経営陣の責任が問われて損害賠償を求める訴訟が起こされた。
その結果、13人の旧経営陣に対して総額110億円の賠償命令が出されている。

同じくバブル崩壊によって経営が悪化した日本長期信用銀行の場合は、98年に1776億円の公的資金が投入されたが、粉飾決算などが明らかになり同年10月には一時国有化されることが決まった。
金融監督庁による調査が行われ、同銀行の超過債務は国有化時点で2兆円を上回っていたことが判明。東京地検は99年、粉飾決算容疑で大野木元頭取ら旧経営陣3名を証券取引法違反容疑で逮捕した。裁判の結果、いずれも有罪となった他、整理回収機構によって総額約94億円の賠償を求められ、千葉努元常務に対して11億円の賠償が命じられた。
われわれの記憶に残っているのは、「長銀のドン」と呼ばれ経営破綻のいちばんの元凶と名指しされた杉浦敏介だ。杉浦は92年の退職時に9億7000万円の金を受け取っていながら時効によって刑事立件はされなかった。
しかし歴代役員らに対する退職金返還要求が高まるなか、しぶしぶ自宅を売却し、2億円を返還せざるを得なかった。

2001年に経営破綻した旧石川銀行では不正融資事件が発覚し、銀行に損害を与えたとして元頭取の高木茂が罪に問われた。その結果「過去の不正融資などに対する責任追及を免れ、自己保身を図る目的で融資を実行したもので、無軌道ともいうべき経営姿勢は厳しい非難に値する」として懲役3年(求刑同5年)の実刑判決が言い渡された。

経営破綻した銀行は他にもまだまだあるが、いずれも旧経営者たちはその責任を問われ逮捕され、実刑に服すか損害賠償を命じられている。長銀の杉浦のように時効が成立していてさえ、自宅を売却しなければならなかった。

さて、ここで石原だ。
この先、東京都が税金を使って400億円を出したとしても新銀行東京が再生する見込みはほとんどなく、早晩経営破綻に追い込まれることは明らかだ。
だとすれば、石原は当然責任者として追及を受けなければならない。
新銀行東京は、都庁の1セクションとしてスタートしたのであり、いわば「石原銀行」なのだ。
石原の経営責任は重い。
石原は、400億円をドブに捨てる前に、潔く都知事を退き、全財産をもって償うべきだろう。
もちろんアホな石原のことだからそんな決断がつけられるはずがない。
石原慎太郎
ならば仕方がない。石原を糾弾する声を都民の側から上げるしかないだろう。野党の尻を叩き、石原を立ち往生させ、退任に追い込む。あるいは石原を告発し、賠償責任を取らせる。
銀行を破綻に追い込んでおいて、ひとり石原慎太郎だけが責任から逃れることは許されない。
都民は、石原慎太郎をこのまま許してはならない。
石原を追い込み、追い詰め、今までの高慢な面の皮をはぎ取ってやらなければならない。
石原都政の負の遺産を明らかにして、すべて責任を取らせなければならない。

石原のような男を、いつまでものさばらせていては、後世への示しがつかないというものだ。



ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。

今回の意見に同感です。石原慎太郎の行為、背任で検察が動くか否か分かりませんが。最近の動きを見るとネオコンも日本でも没落しつつあると思います。
別の所で取り上げられた私の意見をここでご紹介します(一部省略)。

(前略)真犯人かは別にして今後の捜査の行方を見守るしかないと思っていますが、三浦和義氏のバックの人間関係にも要注意です。叔母が石原裕次郎のマネージャーで石原一族とコネがあり、支持者の浅野健一同志社大学教授は独自の北朝鮮コネクションを持ち、裏で報道被害を利用して政府与党の規制を煽っている「御用学者」、特撮作品で知られる山際永三監督は映画監督協会の理事として監督に著作権を求めようと文教族・商工族に近づいています。人権と報道・連絡会には創価学会がかなり食い込んでいます。
裁判員制度、共謀罪を使って「被害者は救われる」、「怪しい奴はどんどん有罪、死刑台に送り込め」という戦前の治安維持法復活を狙い、特定アジアへの反感と合わせて70年前の再来を狙っているように感じます。中曽根・レーガン政権時代に起きていますから、ネオコン路線から目を反らすための役を演じている気がしてなりません。
バッシングする側もされる側も実は繋がっているのがミソです。創価学会・統一協会・裏権力の影がちらほらします。(後略)

http://news.ameba.jp/domestic/2008/03/11561.html
「朝日は極右」の同志社大学教授が週刊文春セクハラ裁判で勝訴

三浦和義の支援者、浅野健一は文春からセクハラで叩かれ、このほど京都地裁で勝訴したものの別の大学の学生へのセクハラは認定されました。アメーバニュースのコメントには植草一秀氏と関連させ、「痴漢学部手鏡学科ミラーマン植草」など「関西のミラーマン」と揶揄するものもありました。植草氏の件で浅野健一や仲間達(特撮モノの山際永三監督、人権と報道・連絡会)が一切沈黙・無視したのもこういう弱みがあったからでしょう。体制側に付くことでダメージを最小限にする保身が働いているのだと思います。こういうリベラル・市民派を偽装した人間には注意が必要です。



2008/03/01(土) 18:23 | URL | ゴルゴ十三 #DTxGwd9Y[ 編集]
洞爺湖サミットの成功を願っています。
2008/04/10(木) 00:37 | URL | 田舎暮らしファン #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/11(金) 17:31 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/52-1185f5cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。