上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

鳩山由紀夫は総理を辞すべきか

ここでは、「鳩山由紀夫は総理を辞すべきか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自民党に替わって民主党が政権の座についてから、すでに半年以上が過ぎた。

この間、いろいろなことがあって、最初のうち民主党に寄せられていた期待は多くが失望に替わっていき、今では内閣支持率が20%台という危険水域に達してしまった。
民主党政権に対する失望には、政治とカネの問題や普天間にある米軍基地の移設問題が大きな作用をおよぼしていると思うが、何にも増していちばんの原因となっているのは、鳩山由紀夫本人の頼りなさに尽きるだろう。

私も、今さら鳩山や民主党のこのていたらくを擁護しようなどとはさらさら思わない。

世間には比較的評判のいい事業仕分け一つを見ても、素人集団が小泉改革時代の改革推進ブレーンたちによって言いように操られているようにしか見えない。副総理と財務大臣を兼任する菅直人までも、増税はしないと言っていたものが一転して、増税しても使い道が正しければ景気にプラスになると言い出して正式に増税の検討に入ってしまった。ここでも財務省の諮問機関である「財務制度等審議会」が影響力を発揮することになるのだろうが、この審議会の会長を務めているのは東大教授の吉川洋で、やはり小泉内閣時代、社会保障費の削減を主張してきた人物である。

鳩山由紀夫は目の前に「政治とカネの問題」、「米軍基地移設問題」を抱えて右往左往し、背後からは小泉時代の亡霊たちとも言えるような新自由主義者たちに操られて国政を誤った方向に導こうとしているかに見える。これではとてもではないが、鳩山由紀夫に内閣を任かせてはいられないと思う。

何よりも、私がこの内閣を評価できないのは、鳩山ないし民主党が「生活が第一」というもっとも大きな公約を忘れ、目先に突きつけられる問題にあたふたしているように見えることだ。これには日本のマスコミが悪い影響を与えているのだが、その報道を見る限り、今の日本では政治とカネの問題か米軍基地移設問題しかないかのような印象を与えている。

そうじゃないんだよ。
もっと大切な問題が、国民にのしかかってきているんだよ。

長らく続くこの不景気をどうするのか。就職氷河期並みともそれ以上ともいわれる雇用の問題をどうするのか。今はまだ対岸の火事のように見えるが、ギリシャの財政危機にはじまるヨーロッパの経済不安は、遅かれ早かれ日本にも影響を与えるだろう。そのときに慌てずにすむような対策はあるのか。

政治とカネの問題はさておき、米軍基地移設問題については、5月中に決着させるなどという鳩山の言葉などはこの際無視していいだろう。
沖縄県民の生活がかかった問題であり、国の防衛をどう考えるかにもかかわる重要な問題なのだから、もっともっと時間をかけて納得いく結論を出すべきだろう。そのためには、日米同盟についてどう考えるべきか、国民の信を問うことも必要かもしれない。鳩山由紀夫の優柔不断のためにグダグダになっているかに見えるこの問題だが、自民党政権下ではこうした議論さえなされてこなかったのであり、今こうしてああでもない、こうでもないと揉めているのは決して悪いことではないと思う。大切なのは時間をかけてでも、沖縄県民をはじめとする国民が納得のいく形の結論を見出すことだ。

私は今の日本とアメリカの関係が、地位協定や思いやり予算に見られるような対等の関係でない以上、日米同盟そのものを見直すべきだと思うが、そうなればまだ時間が必要だろう。
しかし、こうした粘り強い交渉を続けていくときに、鳩山由紀夫がトップに座っていていいのかとなると、首をかしげざるを得ないのが現状だ。もちろん、鳩山由紀夫の代わりを務めるとしたら誰がいいのかという問題についてはいろいろ説があるだろうが、私としては政権を組んでいる社民党や国民新党と上手く連絡を取りながら政治をリードできる人物が望ましいと思っている。ことに、昨今の言動を見ていると、国民新党の亀井静香の発言は重要であり、彼との協調路線を強力に推せる人物がふさわしいと思う。

ブログ界では民主党支持といいながら、その実は鳩山由紀夫マンセーであったり、小沢一郎マンセーであったりするものが少なくない。しかし、鳩山由紀夫がここまで窮地に陥っても手をさしのべるどころかまったく黙殺し続ける小沢一郎という政治家に、これからの日本の舵取りを任かせる気にはなれない。それでは誰がいいのかということになるが、それについては私などが語る役目ではない。

私としては鳩山由紀夫と今の民主党のあり方にはすっかり失望しているが、かといって自公政権時代よりははるかにましになったと思っており、今後は以前よりもよくなった部分をさらに大きく広げていける人材と、リーダーシップを求めてやまないというところだ。



スポンサーサイト

関連タグ : 民主党, 鳩山由紀夫,

コメント
この記事へのコメント
安倍の晋ちゃん以降の内閣と同様にサミット出て各国首脳と記念撮影をするまではやめないんじゃないの?
2010/05/13(木) 00:48 | URL | あほのサカタ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/407-44667ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。