上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

民主主義を否定する橋下徹には要注意だ

ここでは、「民主主義を否定する橋下徹には要注意だ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、記念すべき復帰第1号となるエントリだが(苦笑)、何を取り上げようかと思っているところに、これ以上はないと思われる題材が出てきた。

主役は大阪府知事、橋下徹で、報じているのはかの産経新聞だから、役者はそろっている。
まずは、昨日の産経の記事からだ。

大阪府の橋下徹知事は7日、大阪市北区で行われた憲法制定の記念行事に出席し「国家運営の仕組みは金科玉条のごとく守らないといけないわけではない。国家運営の仕組みを変えるため、国民と全国的な議論を起こしたい」と述べ、憲法改正に言及した。
報道陣の取材に対し、橋下知事は「議院内閣制は時代にあっていないので、変えなくてはならない。9条の問題とかもあるが、まずは統治機構をしっかりとしないといけない。9条はそこを変えてから議論するべきだ」とする見解を示した。
また、「今の仕組みはおかしな統治機構。国家運営ができていない。小泉純一郎元首相のような何千年に一度のリーダーがいないと運営できない。普通の人では無理だ」と指摘した。

これほどの発言を伝えたのが産経だけだというのが解せないが、いちおうググってみても、朝日や読売、日経に毎日もどうやら報じてはいないようだ。彼等は大型連休明けということで、まだ寝ぼけていたということだろうか。
東京、というか関東の人間からすれば信じがたいことだが、大阪における橋下人気はいまだに凄まじいものがあると聞く。それほどの支持が背景にあるから、橋下も思ったことはよく噛みしめることなく口をついて出る、ということはあるのかもしれない。

それにしてもこの発言、突っ込みどころ満載とは言えないだろうか。
憲法記念日に会わせて新聞各社が行った世論調査では、現在の憲法を変えるべきでないという意見が過半を占めたという結果が出たばかりである。しかし橋下は、それを知ってか知らずか、「国家運営の仕組みは金科玉条のごとく守らないといけないわけではない」と述べ、改憲に積極的な姿勢を見せたのである。
これだけでも護憲派の人々からすれば、橋下徹のような男が主張の座に納まって権力をふるっていることに、激しい抵抗感を持つところだろうが、橋下はさらに言葉を重ねる。

「議院内閣制は時代にあっていないので、変えなくてはならない」

いったい何をもって議院内閣制が時代に合ってないのか、まったく分からないが、橋下の真意は次の言葉で明らかになる。

「今の仕組みはおかしな統治機構。国家運営ができていない。小泉純一郎元首相のような何千年に一度のリーダーがいないと運営できない」

要するに橋下は、憲法を停止して統治機構を変え、強烈なリーダーシップを持った人間の下に独裁制を施行すべきだと考えているのである。
ここまでくると思い出すのは、たちあがれ日本代表(笑)の平沼赳夫がまだ一匹狼だった昨年2月、テレビ番組の中で「10年くらい選挙を凍結し、挙国一致内閣をつくり、この難局に立ち向かわないといけない」と発言したことである。
平沼の言葉はとりもなおさず民主主義を否定する、聞き捨てならない暴言だったが、なぜかこのときも大して取り上げられることなく、ブログでも一部を除いてほとんどスルーしてしまった経緯がある。
かく言う私自身、平沼の発言は異常と思いながらもブクマしたに止め、ブログに取り上げなかったことは大いに恥じるところである。
しかし、今回の橋下徹の発言は、一部のマニア受けしかしないであろう平沼のような老いぼれが言うのとは違って、何とも嫌な予感をさせずにおかない。

小泉純一郎のような、何千年に一度のリーダーによる統治機構を樹立するということは、つまりは国民の生活を破壊し、日本を現在の夢も希望も持てない戦場のような国に導いた小泉のような、反民主主義的な人物によって国民の考えなど聞く耳を持たない独裁体制を持って国を推し進めていくというのだ。
小泉が「何千年に一度のリーダー」というところに、橋下一流のブラックなユーモアが感じられなくもないが、発言全体を見れば、ユーモアどころかまるで抜き身の刀を国民に突きつけているような恐怖感すら感じるところだ。
なぜ、このような男が今も圧倒的な支持を受けているのか、私には不思議でならないが、おそらくこれから先、国政にも影響力を持つことを橋下は狙っていることだろう。
このような男が発言力を増し、石原慎太郎のような存在になることを憂えずにはいられないところである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いまの統治機構は小泉のようなリーダーでないと統治できないのがおかしい、普通の人でも統治できるような仕組みにかえなければならないというのが彼の主張ですよね。
2010/05/08(土) 21:00 | URL | 名を名乗れ #-[ 編集]
議院内閣制を運用できない普通の人って、世界の笑われ者ですよね。

ひぃ、ニッポソ人って、なんという民主主義非対応型人種なのでしょうか(皮肉の笑み)。
2010/05/10(月) 05:51 | URL | 灰すら残せない存在 #JalddpaA[ 編集]
いまだに「なにかやってくれそう」みたいな考えを持っている人が大勢いるということです
地方では自民党にさえ政治を任せれば、それで衣食住を獲得できるような生活が続けられると考えていたのが、カイカクやグローバル化でガタガタしていって、このまま自民党には任せてはいけないという流れが出てきたようです
それでも、懲りずに自民党と性格は変わらない橋下を支持するとは
いつまで、知名度やキャラクターで投票するつもりか
2010/05/18(火) 14:05 | URL | マイケル #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/406-f9ebfcc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。