上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

他人事のように語る麻生太郎は、もはや自暴自棄なのか

ここでは、「他人事のように語る麻生太郎は、もはや自暴自棄なのか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
支持率
今日の朝日新聞による世論調査では、自民党の支持率は20%で、前回(7月4、5日)に行ったときの24%から4ポイント下がり、01年4月以降で最低となった。その一方で、民主党は31%(前回25%)と6ポイント増。
「いま投票するとしたら」として聞いた衆院比例区の投票先も、自民党が19%に対して民主は42%と圧倒的。
ついでに内閣支持率は17%で、前回の20%からさらに下落した。

同様の調査は他の新聞社やテレビ局も行っているだろうが、おそらくは似たような結果だろう。

実際の投票はまだ40日も先のことだから、この先、どんなふうに世論が変化していくのかは分からない。
けれども、内閣支持率が20%を割り、自民党の支持率も20%となると、もはや自民党は党としての体裁を保つこともままならず、選挙を前にして分裂するなどして自滅してしまうのではないかと思ってしまう。
悪政をこれまで続けてきた自民党など潰れてくれた方が、私としては喜ばしいが、一方では核拡散の恐怖ではないけれども、自民党の主流派が民主党と野合してしまう大連合という恐れもある。政権交代は歓迎するが、こればかりは勘弁してもらいたいものである。
昨日は鳩山邦夫が渡辺喜美と平沼赳夫の3人で会合を開いたという報道があったが、もはや化石のような極右の平沼と新自由主義者の渡辺に、死刑制度を自動化できないかなどという、私から見れば気違い沙汰にしか見えないものを信条にしている鳩山邦夫などが党を結んだとして何をやろうというのか。まったく訳が分からない。

一方の麻生太郎も、もはや観念したというのだろうか、記者のぶら下がりインタビューに対しても、どこか他人事というか、なげやりな受け答えが目立つようになってきた。
もとから優柔不断な麻生は、解散の時期を聞かれるたびに「自分の判断でしかるべきときにする」と自主性があるかのように答えてきたが、その実、タイミングをはずすにいいだけはずしてしまい、もはや自力ではどうにもならないところまできてしまい、ようやく解散を21日、総選挙の投票日を8月28日と決めた。これにしても、当初は解散を14日としていたのを1週間もずらさざるを得なかったなど、麻生の決断力の鈍さと周囲の信用のなさはここに極まった観がある。

さらに、中川秀直ら反麻生勢力が両院議員総会の開会を求めたのに対し、自民党執行部はもたついた挙げ句に議員懇談会を開くことでお茶を濁すことにしたが、これに対しても麻生は自分は総会が開かれたとしても逃げるつもりはないなどと言っておきながら、懇談会にトーンダウンしたことについては「党が決めたことで自分はそれに従うまでのこと」と、まるで自分は自民党の食客でもあるかのような言い方をして平気な顔をしている。

麻生はもはや自民党総裁であることも忘れてしまっているのではないか。

都議選で自民党が大敗して以降、党内があれだけゴタゴタしていたにもかかわらず、それを収めようとするどころか、我関せずといった態度を貫いてきた。下手なことを言えば自分の責任問題に火が付くのを恐れたのかもしれないが、麻生の無責任さは、端から見ていて異常なほどだった。

党首がこんな無責任を続け、党内では反麻生勢力が声を上げ、党分裂の恐れも否定できない状況にある。
これでは鳩山由紀夫がいくら問題のある政治資金を受け取っていたとしても、自民党を支持する理由が見あたらない。

麻生太郎にはもはや期待するのは無理に決まっているが、自民党はこの際潔く解党して一から出直したらどうか。
おそらく40日後には、好むと好まざるとに関わらず、同じような結果が出るだろうが、まともなマニフェストも作らずに「政治は、ギャンブルじゃない」などと、民主党を貶すばかりのパンフレットしか作れないような党には政権を担当する資格はないとしかいいようがない。

民主党は、マニフェストも大切だが、政権交代したあかつきには、麻生内閣が15兆円も無駄にばらまいた税金をどうやって補っていくのか。それこそ財源を明らかにしていかなければならないだろう。
その財源が、やはり消費税増税しかありませんというのでは、国民はとうてい承知しない。
次の政権には、これまで自公政権が行ってきた悪政のツケをどう埋め合わせるのか、その知恵も託されているのだ。
スポンサーサイト

関連タグ : 自民党, 麻生太郎,

コメント
この記事へのコメント
朝日新聞以外の新聞を読んでください。あなたは一年程前に桜井よしこさんが極右思想と言わんばかりのコメントをしましたね。私に言わせれば貴方は極左思想の塊のように感じます。



極左思想とは差別言葉ではないので悪しからず。
2009/07/23(木) 09:46 | URL | 名を名乗れ #-[ 編集]
世論調査は信用してはいけない。これ、常識です。
2009/08/19(水) 13:58 | URL | 匿名 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/400-c16e42a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。