上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

戦争はない。しかしわれわれは不幸の只中にある

ここでは、「戦争はない。しかしわれわれは不幸の只中にある」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は憲法記念日だ。

私はもちろん、憲法について偉そうなことを言う立場にはない。
しかし、あらためて日本国憲法の前文を読んでみて感じたことがある。

憲法前文は次のように書かれている。

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。
(中略)
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
(中略)
日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

62年前、日本国民は戦争の過ちを反省し、新たな民主的国家を築いていくために、この憲法を制定した。
私はこの前文を読むと誇らしい気持ちになる。
「主権は国民にあることを宣言し、国政は国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。」

しかし、今の日本の現実を見るとどうか。
主権が国民にあるとはいいながら、国民の信任を受けない総理大臣が3代も続いて国のリーダー面をしている。
現総理大臣の麻生太郎は、漢字もまともに読めない低能のくせをして、これまた国民の意を問うことなく勝手にソマリア沖に自衛隊を派遣することを決め、これを実行させてしまった。

さらに、未曾有(みぞうゆう)の経済危機に直面しながら、国民の中でも弱者がいちばん困っていることを理解せずに贈与税の引き下げ、住宅ローン減税、新車購入補助など、とりあえず金には困っていない人間を助けるために15兆円もの大金を投じている。
高速道路の利用料を引き下げてマイカー族に媚びを売り、内閣支持率を10%代から30%近くまで引き上げて悦に入っている。

国が不況に陥っているときには財政出動が必要なのは当然だが、麻生太郎の場合は、そのやり方の筋がいかにも悪い。
とりあえずカネをばらまいておいて、2年後には消費税増税を必ず実施、取り上げるものは等しく全国民から搾り取ろうとする腹である。

日本は今、平和憲法の下、幸いにも戦争に巻き込まれずにすんでいる。
しかし、目に見える戦争に巻き込まれていないだけで、実はわれわれ日本人は戦後最大の不幸を味わっている最中なのではないか。
国民のことを考えない政治家どもに国政を牛耳られ、今日本はどんどん悪い方向に向かっているように思えてならない。

日本国憲法は世界に誇るべき平和憲法だというのに、その思想はないがしろにされ、安倍晋三をはじめとする極右政治家どもが改憲を盛んに叫んでいる。
マスコミもまた、産経新聞のように北朝鮮を仮想敵国に仕立て上げ、安倍晋三らが唱えている「敵基地攻撃能力の保有」に同調する記事を載せ、声高に改憲を叫ぶものがある。
首相の麻生太郎自身、自衛隊のソマリア沖派遣で見せたように憲法解釈は平気で行う劣悪な政治家だ。

われわれは今、よほど注意深くこれらの動きを見守る必要がある。
下手をすると子や孫の世代に大きな犠牲を強いることになる恐れがある。
われわれは憲法を守り、日本の平和を維持し、国民生活を向上させるために、今ある自公政権を何としても打倒しなければならない。

新型インフルエンザが世界規模で広がる様相を見せ、パンデミックを意味するフェーズ6への引き上げが週明けにも宣言されようとしている。
世界は経済だけでなく、衛生面からも未曾有の危機を迎えている。
いわば非常事態だ。

この非常事態にありながら国民生活を軽んじているとしか思えない宰相と与党政府を戴いている日本国民は、今、不幸のどん底にあると言ってもいい。

日本は幸いにも戦争を行っていない。
しかしそれはもはや、たまたまそうであるにすぎず、少しでも気を緩めると狡猾で無慈悲な自民党と公明党、そして右翼思想の持ち主たちによって簡単に足を取られる危険性をはらんでいる。

「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ」
という憲法の決意を、われわれはあらためて噛みしめてみる必要があるように思うのである。
スポンサーサイト

関連タグ : 日本国憲法, 自民党, 改憲,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/374-9a980a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。