上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

辞めない小沢一郎と、辞められない麻生太郎

ここでは、「辞めない小沢一郎と、辞められない麻生太郎」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正直なことを書こう。
実を言うと、このところブログを書くのが楽しくない。
なぜといって、麻生太郎をはじめとする自民党や公明党のことを批判するのはいくらでもできるだろうが、それをして何になるかという空しさと後味の悪さばかりが残るようになってしまったからだ。
金融危機以降、国内の景気は最悪。どこを見回しても不景気な話ばかりで気分はさらに落ち込んでくる。
おまけに去年もまた自殺者の数が1万人を超え、これで11年連続となった。
景気の悪化とセットで語られる雇用状況も悪くなるばかりで、社会保障というセーフティネットがないこの社会では、一度職を失うなりして人生の階段を踏み外してしまうと、死ぬかホームレスになるかという究極の選択をしなければならなくなる。

政府は15兆円もの大金を投じて景気対策に役立てようとしているようだが、その対策とやらも見てみればいずれも一時的なものでしかなく、たとえば高速道路の通行料金が1000円になったところで2年間の限定的なものでしかなく、3年目になれば値上げの他に消費税増税というオマケまで付いてくることは明らかなのだ。
これで何を喜べと言うのだろう。
他の対策も、生活困窮者をなくしていくための施策というよりも財界を喜ばせるようなものばかり目について、これではいくら金をばらまいても国民の生活を底上げすることにはならないだろう。

麻生太郎は民主党が出した政策案に対して財源をどうするのかとしきりに尋ねていたものだが、今回自民党がやったことはといえば単に赤字国債を発行したり金をたくさん刷り上げることでしかないではないか。こんなことをやっていて将来はどうなるのだろうと心配で仕方がないが、それをここで書いたところで何ほどの力にもならない空しさが、やはりつきまとう。

支持率が低下したまま、麻生太郎は首相の座にしがみつき、もしかすると本気で9月の任期満了まで解散はしないつもりではないかと思えてきた。
これに対する民主党の方も、西松建設スキャンダルがいまだに尾を引いていて、しかも当の小沢一郎はあくまでも代表の座を降りないと言い張っている。世論調査では6割から7割の国民が小沢辞任すべしと答えているのに、こちらも国民の声などは耳に入らない様子である。
仮に今、麻生太郎が解散総選挙に踏み切ったとしたら、やはり自民党は負けるだろう。だから麻生太郎は解散などできない。
民主党は勝つには勝だろうが、その差はごくわずかで、たとえ小沢内閣が発足したとしても支持率は最初から低迷、不安定な政権を余儀なくされることだろう。

今、日本には政権交代が何よりも必要だとは思うが、このままその夢が実現したとしてもこれくらいのことしか起こらないというのではせっかくの夢もふくらみようがない。
私には一向に辞めようとしないという点において、麻生太郎小沢一郎も同じように見えている。それぞれいうことは違っているかもしれないが、国民の信を失った人間が何を言っても詮ないこととしかいうしかない。

こんな状況では怒る気にもなれないし、怒ったところでどうにもならないのは分かりきっているので、ただただ虚しいばかりだ。

昨日は千葉県知事選に続いて秋田県知事選でも自民党が推す候補が民主党の推す候補を破った。マスコミは西松建設スキャンダルが民主党の足を引っ張ったのと、自民党の15兆円の景気対策が功を奏したのだと書き立てているが、はたしてそうか。
当選した佐竹敬一郎は自民、社民の他に連合秋田がついており、政党支持者よりも連合の組織票がものいったのではないか。それは千葉で、森田健作の圧倒的な知名度が党派を超えて支持された(森田はこの点で実に汚い手法をとったわけだが)のと同じようなものに思える。小沢が辞めないから民主党推薦の候補に入れない、とはならないだろう。思えば日本人の投票動機は実に単純で、それを考えるとまた頭が痛くなって寝込みたくなる。

今日本を襲っている未曾有の不景気と生きづらさは、ある意味で国民の民度の低さが支えているのではないかと思えてならないからである。

スポンサーサイト

関連タグ : 小沢一郎, 麻生太郎,

コメント
この記事へのコメント
ooaminosora様
こんにちは。昨日ブログめぐりをしていたら、森田健作氏の件で「フンニャロメ日記」で見たのだけれどと、書いているかたがいて、貴ブログの情報発信力はすごいなあと思いました。
先週、会社の同僚に、なにげに「B層」って言葉知ってますか?と聞いたのですが、知りませんでした。今日、別の同僚二人に聞いたらやっぱり知りませんでした。「IQが低い層をターゲットにするラーニングプロモーション」は新聞、テレビでは出てないんですね。ネットでは、よく侮蔑語として、B層という言葉を見ますので、久しぶりにネットとリアルのギャップを感じました。国会のネット中継とか議員さんのブログとか見れば、色々なことが見られるのに、皆、忙しくて、そんな時間ないんですね。
2009/04/13(月) 21:21 | URL | 散策 #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/371-7e0db014
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。