上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

東にイシハラ・森田、西に橋下・そのまんまを頂くことになった日本

ここでは、「東にイシハラ・森田、西に橋下・そのまんまを頂くことになった日本」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それにしても昨日の千葉県知事選は異常だった。
なにしろ開票したとたんに森田健作の当確が出てしまったのだ。
それほど森田の勢いはすさまじかったのだろう。
結果、森田は100万票以上取って2位の民主党推薦候補だった吉田たいらに倍近い差をつけて圧勝してしまった。

考え得る中でも最悪の結果になってしまった。

公明党が推していた新自由主義者の白石ますみは34万票あまり。森田の約3分の1で、森田からすればまったく敵ではなかったということになる。

昨日の夜は、あまりの悔しさに私も少々荒れてしまったが、一人で嘆いていても仕方がない。
これからの4年間がどんなものになっていくのか、千葉県民の生活がどう変わっていくのかを考えるとなお暗澹とせずにはいられないが、ここは気持ちを切り替えて、森田健作がなぜ勝ったのかを考えておきたい。

そもそも4年前の知事選で、森田は堂本暁子と大接戦を繰り広げており、わずか6000票ほどの差で敗れている。森田としてはほんとうにこれが悔しかったのだろう、政見放送でもまず4年前の悔しさを述べていた。同時に、6000票の差であれば、この次は絶対に取り返せるという目算もあっただろう。
今回の知事選で立候補したのは森田の他に民主・社民・国民新推薦の吉田平、公明党推薦の白石真澄、無所属だが前自民党県議だった西尾憲一の5人。
はっきりいって、森田以外に名を知られる人物はいない。
白石真澄はテレビのコメンテーターなどでマスコミに登場することもあったが、森田と比べると知名度においてその差は歴然だった。

実際、わが家の近所の主婦の中には「こんどの選挙どうする? 私、森田健作しかしらないんだけど」と話す者がいたように、はじめから森田健作ありきだった有権者がかなりの数、いたものと思われる。

冷静な目で各候補者の主張つまりマニフェストを見比べれば、森田の主張が「千葉県を日本一に」と繰り返すばかりで具体性がなにもないことがすぐに分かるのだが、今回の選挙は有権者の中にマニフェストに目を通す者はごく少ないという事実をも明らかにしたと思う。

となれば、森田がいかにアナクロニズムなことを言い張り、その背後にサラ金や新興宗教などの協力者がついていたとしても有権者にとってはいまだに「青春の巨匠」であり、さわやかに「さらば涙と言おう」を熱唱する熱血漢のイメージが頭にこびりついており、今や俳優としてはほとんど振り返られることもなくなった森田程度の男でも唯一の“有名人”としてハートを鷲づかみにされてしまうのだ。
なんともお寒い状況で、これでは日本の選挙は学級委員を選ぶのと同じ、人気投票と変わらないということになる。
そして選挙が人気投票であることは、東京都で石原慎太郎が3期続けて圧勝し、大阪で橋下徹が圧勝し、宮崎で東国原英夫(そのまんま東)が圧勝したことの延長であり、今回、森田健作が圧勝したことは当然と言えば当然のことだったのである。

ここまで考えるのは容易い。
おそらく政治のプロならばもっと詳細に状況分析して選挙戦に入ったことだろう。
しかし、圧倒的に有利な森田健作を前にして、民主党は候補者を立てるのにもたついた。
はじめはこともあろうに白石真澄を公認にしようとして自民党とぶつかり、結局推薦をとりやめた。自民党もケチがついた白石を捨てて議連は各自の自由に任せるとしたが、その半数は森田についたと言われる。
森田健作がいちはやく立候補を表明したのに比べ、民主党からの立候補者はなかなか決まらず、結局、堂本暁子が後継者として選ぶ形で吉田平を立てた。
しかし吉田の知名度は広い千葉県ではほとんど知られておらず、森田に対抗させて行くにはよほどの知恵を集めなければならなかったはずだ。

しかし結局は民主党は有効な手を打つことができず、反対に党内で小沢スキャンダルが勃発したために足並みが乱れることになった。

政権交代を目指す民主党にとって、今回の千葉知事選は重要な意味を持つと私は思っていたのだが、結局、民主党は無策のうちに敗れてしまったと言う他ないだろう。
テレビ・新聞では今後、小沢代表の辞任問題に発展する可能性をしきりに出しているが、問題の根幹は小沢一郎ではないだろう。
たしかに小沢のスキャンダルはマイナスにはなっただろうが、それがすなわち選挙結果に見るダブルスコアにつながったとは考えにくい。
ここはやはり、民主党そのものの考え方が甘かったというべきだろう。
したがって、私はもう一度ここで繰り返すが、この選挙結果で小沢一郎をさせることには反対である。小沢を辞めさせたところで党内がどれほどまとまれるのか。なによりも、小沢一郎が退くことで民主党の訴求力が今よりも強くなるのかを考えると、いたずらに小沢降ろしに走るのはムダとしか思えない。

問題は、ポピュリズムにかくも弱いことが明らかになった日本の有権者に対して、どうやってまともな政策を打ち出し、心に焼き付けさせることができるか、その方法を党を挙げて模索することだろう。これは東国原や橋下の支持率が今以て高いことを考えると、なまなかなことではないと思う。

悲しいことだが、千葉には森田健作というアナクロニズムの出自をたどれば自民党政治そのままの政治家がトップに立ってしまった。

民主党、社民党、国民新党が政権交代を真剣に考えるならば、よほど腹をくくっていかなければならないと改めて思った次第である。

そしてもうひとつ。
蟹工船ブームなどがあり、注目度がアップしたはずの共産党が無残な負け方をしたことをどう考えるか。
単に格差是正や貧困解消などと訴えるだけでは票は取れない。
今回の選挙はその難しさも提示することになったと思う。


スポンサーサイト

関連タグ : 森田健作, 千葉県知事, 民主党,

コメント
この記事へのコメント
日本中の知事全部芸能人で良いんじゃないですかね(笑)
モリケンは「そのまんま東みたいに千葉を県外に売り込みたい」なんて言ってたから、そんなんだったら知事なんて政策立案能力や主義主張よりいかに人気があるか、顔が売れてるかだけじゃないか!
…とタレント知事が最近まで四期も務めた馬鹿高知県の私が通りますよ(笑)
2009/03/31(火) 00:49 | URL | ローリー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/365-32a8600f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。