上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

もはや、何を信じていいのか分からない時代になってしまった

ここでは、「もはや、何を信じていいのか分からない時代になってしまった」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回のエントリでは、黒字を出しながら9600人もの非正規雇用者を解雇しようとしているトヨタの非道を批判した。
ところが今度は、もうひとつの日本の優良企業と目されていた、そしてトヨタよりはもっとましだろうと思われていた企業のソニーまで、大規模なリストラを発表した。

中国新聞の記事によると、ソニーは2009年度末までにエレクトロニクス事業の正規社員16万人の5%にあたる約8000人を削減する他、全世界の非正規社員も8000人規模で削減すると発表した。

合計1万6000人ものリストラは、全世界の事業所で行われるとはいえ、トヨタを凌ぐ規模の大きさだ。しかも、ソニーの場合は非正規雇用者だけでなく、正社員をも対象にしている。もちろん、正社員ならば退職金が支払われるだろうから、非正規雇用者よりはずっと条件は恵まれている。それでも、この世界的な不況の折に、職を失うことの不安はたとえようもなく大きいに違いない。

企業の側から見れば、業績が落ち、売り上げが減少したときには、もっともコストのかかる人件費を削るというのが常識なのかもしれない。しかし、企業には、とくにトヨタやソニーのような規模の大きな企業には、単に製品を作って利益を生み出せばいいという目的を優先させればいいというものではなく、多くの人の人生をも預かっているという社会的な責任が大きいことも自覚しておく必要があるのではないか。

昨日は昨日で、マンション分譲大手の日本綜合地所に内定を取り消された大学生らが、東京東部労組の関係者らとともに同社と初の団体交渉を行ったというニュースが報じられた。
日本綜合地所もまた9月の金融危機以降、業績が下がったとして53人もの内定取り消しをしたことで大きく取り上げられていた。ここでも優先されたのは企業の一方的な論理で、自分たちが食っていくためにはまず人減らし、それもいちばん切りやすい者から切っていく、戦前でいえば間引きや娘を人買いに売って口減らしをしていた貧農と同じような酷い手法が選ばれた。戦前の貧農には徹底した搾取に喘いでいたという同情すべき点があるが、現代の間引きを行っている企業にはあまり同情すべき点がない。そこに見えるのは自己保身でしかないからだ。

日本綜合地所から内定をもらった学生のなかには、将来に備えて宅建資格を取るべく勉強をしていた者もいるという。そこまでしなくとも、どの学生も社会に出てからの生活を夢見、将来を思い描いていたに違いない。
私は寡聞にして日本綜合地所はおろか不動産業界の事情もよく知らないが、内定取り消しされた学生からすれば、たとえばソニーやトヨタに就職が決まったのに、ある日一方的に取り消しをされたようなものだろう。就職したからといって、今の時代は決して将来も安泰と考えることは許されないのだが、社会的にも信用ある大手企業に入社が決まれば誰だってホッとするだろう。

内定を取り消した日本綜合地所は、当初、53人の学生たちに補償金として42万円支払うと言っていたそうだ。それが、昨日の団交で100万円に増額すると提案した。
しかし学生側にしてみれば、信じていた会社から裏切られたという思いが強いだろう。たかだか100万ばかりの金をもらったところで何になるというのだ。

彼らの憤る気持ちは痛いほど分かる。

政治が混迷し、景気が低迷している今の社会では、われわれは夢を持つことも許されなくなっているのだろうか。
誰かを、何かを信用することもできなくなっているのだろうか。

人が生きて行くという営為には大変な意志と労力が必要である。しかも一人の力だけでは生き延びるのは難しい。信じ合い、助け合っていかなければ到底社会は成り立たないのだ。

日本を代表するとされる企業が、コストカットのために自社のために働いてきた人間を路頭に迷わせている。そうしたうえで経営方針を立て直すと言っている。
非道なことをしておいて、何の経営方針なのだろうか。
若者の将来への夢を打ち砕いておいて、何が大手企業なのだろうか。

これから何を信じ、誰と手を携えていけばいいのか。
今、一人ひとりが真剣に考えるべき時に来ていると思う。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

「大手企業」に所属して生きてきた身として、
とうとう組織に寄り掛っていては生きて行けない
時代が来た、と痛切に感じます。

我々サラリーマンも、会社から何時放り出され
ても平気なように常日頃からスキルや人脈を
整えておかねばならない時代が来てしまった
様です。

貴殿の様に自分の実力で生きてきた方から
言わせると、当たり前の事かも知れませんが…。

言いたい不満も山ほどありますが、
自分自身と家族を守る術はそれしか無い様に
思います。

厳しい時代がやってきました…。
2008/12/10(水) 19:54 | URL | 錨七鉄斎 #m399y5vg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/310-2acba3f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。