上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

はっきり言っておく。定額給付金は白紙に戻すべきだ

ここでは、「はっきり言っておく。定額給付金は白紙に戻すべきだ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カップラーメンは1個400円、ホッケといえば煮込みが普通とシモジモの生活を考えている麻生太郎は、1人あたり1万2000円も配れば苦しい台所事情もずいぶん楽になるだろうと思っているらしい。マンガを読まなければ時代の流れをつかめないという宰相らしいといえばいえるだろうか。
自民党のバカ

もとはといえば公明党が言い出した1年限定の定額減税だが、麻生太郎は現ナマをばらまくことにこだわって定額給付金と名を変えた。
しかし定額減税にせよ、定額給付金にせよ、こんなもので国民生活が楽になるはずがない。相変わらず大企業と富裕層に対する税制優遇措置は温存したままで、シモジモには1万2000円を施した後、大々的に増税をしてモトを取ろうとする。
その魂胆が卑しい。

今日の毎日新聞社説では、「支離滅裂な施策はやめよ」と題して、政策目的が不明確で効果も疑わしく、財政にも負担をかけるような定額給付金は白紙に戻すべきだと主張している。
私は、どうせばらまくのならば年収200万以下の貧困層に2兆円をばらまいた方がいいと考えているが、毎日新聞も気持ちは同じようで、「生活対策というのならば、低所得層などに対象を絞った減税や、大胆な非正規雇用対策を講ずるのが責任ある政治の務めではないのか」と結んでいる。

麻生太郎の頭の中には、マンガのことと金持ちのことしかないのだから、こんなことを言ったところで耳を貸すわけもないだろうが、今の日本が置かれている閉塞した状況を打開するには、格差と貧困の問題を解決することが第一で、そのためには「いざなぎ景気を超えた」といわれる、ついこの間までの好況で、潤った企業や人々から置き去りにされた中小企業や労働者たちを救っていかなければならないはずだ。

麻生太郎自民党シンパの学生を集めて「庶民の声」に耳を貸した風を装って見せているが、耳を貸すならば派遣労働者など非正規雇用者が実際に生活しているタコ部屋に足を運び、彼らの苦衷に耳を傾けるべきだろう。そうでもしなければ、支離滅裂な定額給付金がいかに的外れな施策であるかなどとは気がつかないだろう。いや、おそらく頭の悪い麻生太郎のことだから、目の前で苦しい生活を強いられている人々を見ても「それは私が口を出すことではない」などと言って責任逃れをすることだろう。

麻生太郎は、定額給付金という白痴同然の施策をするにも言を左右にし、国民だけでなく自民党内にまでうんざりムードを植え付けた。それは一にも二にも麻生太郎にしっかりとした考えがなく、その場しのぎで事を運ぼうとする、一国の宰相としてはあるまじき性質に原因がある。
国民はそれでも、この愚相が言い出した1万2000円の施しを受けるのだろう。そして手取り1800万の年収がある者が果たして辞退などするものかと、苦虫を噛み潰したような思いで事態を見守ることになるのだろう。

定額給付金。それにしても何から何まで忌々しい施策ではないか。

スポンサーサイト

関連タグ : 麻生太郎, 定額給付金, 自民党,

コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/12(水) 20:59 | | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/03/27(金) 18:46 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/297-08d21297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今の日本社会のキーワードは何か?と問われたら私は「所得再配分」と答える。それほどこの五つの漢字が重みを増して来たように思えてならない。 ------------------------------------------------------------------「現行の社会保障は所得再分配の効果も担っている。」 ...
2008/11/13(木) | たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。