上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

給付金など要らぬ、そのかわり増税には応じない

ここでは、「給付金など要らぬ、そのかわり増税には応じない」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の定額給付金についてはほんとに突っ込みどころが満載だ。
まずは連日伝えられる関連ニュースから。

麻生太郎首相は10日、生活支援定額給付金の支給対象に法律上の所得制限を設けず、「高額所得者」に自主的な辞退を促していく意向を表明した。――産経ニュース

これに続く記事で、麻生の言葉が載っている。それが、なかなかいい。
所得制限を法律でやるのは手間暇がかかる。迅速性が要る。自発的に辞退してもらうのが簡単じゃないか」「5000万円もらっても高額所得じゃないという人もいれば、500万円もらっても(給付金を)要らないという人もいる」と、給付金の受け取りは本人の意思に委ねるべきだとの考えを示した。

麻生太郎は、自分のカネでもない給付金を、欲しい人にはたとえ年収5000万円の人間でも与えるし、同じく年収500万でも俺は要らないといえば与えない、とまるで仏様のような慈悲あふれるセリフを吐いている。

こうした麻生太郎のパフォーマンスの陰で、自民党内では与謝野馨や保利耕輔らが協議を重ねており、「自主辞退」するにも所得制限の線引きが必要だとの認識で一致したという。それによると、1世帯あたり1500万~2000万円を基準に公明党と最終調整するそうだ。

何にしても1人あたり1万2000円のカネ(18歳以下の子供や65歳以上の老人には2万円)がばらまかれることになる。
民主党の鳩山由紀夫は、これは明らかに選挙対策を目標とした合法的な「カネで一票を買う方法」と非難している。

しかし鳩山が何と言おうと、カネがばらまかれる以上、人々はそれを受け取る。それが人情というものだ。
たとえ、カネがばらまかれた後に身の毛もよだつほどの増税が待っているとしても、だ。

私とて、くれるというものをわざわざ要らぬと跳ね返すほどの気概はない。年収が1500万でもなければ2000万でもない私は、顔をしかめながらも、きっと1万2000円を受け取ると思う。
その1万2000円を何に使うだろう。
家族と牛角あたりでパーッと焼き肉パーティでもするか。
それとも友人と新橋あたりまで出張って居酒屋に入るか。1万2000円程度のカネでは残念ながら銀座で飲むには心細い。
あるいは、パソコンのハードディスクの容量が残り少なくなってきたから大きいものに買い換えるか。
東京に出ると電車賃がけっこうかさむので、パスモにチャージしておくか。

カネの使い道をあれこれ考えるのは、それなりに楽しいものだが、1万2000円ぽっちでは、貧乏人の私でさえ、考えているうちに何だか虚しくなってきてしまう。
政府は、麻生太郎は、下々の人間は1万2000円で大喜びし、すぐさま買い物に走ると本気で思っているのだろうか。
こんな、1月分の電気代にも足りないようなカネで、日本の景気を回復する起爆剤にできると思っているのだろうか。

くれるというカネを受け取ることについては決してやぶさかではない私だが、この際だからひとつ提言をしておきたいと思う。

麻生太郎は、あくまで自己申告で受け取りたい人が受け取り、要らないという人は受け取らなくてよいと言った。
それならば、私は受け取らなくてもいいが、その代わり、麻生らが考えている消費税増税には反対するし、これを拒否するという意思表示をする選択肢を設けてはどうか。

何度でも繰り返すが、富の再分配をせずに消費税をいくら上げても日本の景気は回復しない。私は消費税増税には断固反対である。
消費税増税を政府が撤回するのなら、1万2000円ごときの給付金など、要らぬと言ってやりたい。

政府は、定額給付金の受け取りを自己申告制にするというのなら、これにつけ加えて、受け取りを拒否するという項目を明記して欲しい。そして受け取りを拒否する者は、きたる消費税増税には反対・拒否するものであることをメッセージとして受け取って欲しい。
解散総選挙もやらず、単にカネのばらまきをして国民のご機嫌を取ろうとする姑息な手段には、国民の断固とした意思表示をする機会を与えてもらいたい。
給付金は要らない。その代わり、消費税増税は絶対に拒否する。
もしこの要望が通るのならば、1万2000円など安いものではないか。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/12(水) 00:12 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/296-f4c8461a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
浜田防衛大臣は、6日に開かれた参議院外交防衛委員会で、さきの大戦をめぐって政府の見解と異なる内容の論文を発表し更迭された前の航空幕僚長を「定年退職」としたことに関連して、退職金の自主的な返納を求める考えを示しました。 11月6日 12時39分 NHKニュース ---...
2008/11/11(火) | たかしズム「ネトウヨ、バカウヨ、ネット右翼、恥さらし、売国奴、日本の恥」を語るための、たかしのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。