上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

また天下の愚策「地域振興券」を繰り返すつもりか

ここでは、「また天下の愚策「地域振興券」を繰り返すつもりか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ! なんてこった。

自民党・公明党はまたまたバカげたことを繰り返すつもりだ。

やつらは景気対策と称して、定額減税を実施することを決めた。
規模は2兆円で、所得に関わりなく、つまりは金持ちも貧乏人も一律に分け与えると言うことで、金持ちにとっては数万円ぽっちもらったところで何も有り難くないだろうし、貧乏人にとってはないよりはマシだが、それで購買意欲を高め生活を豊かにしろといわれても「無理でんがな」と言いたいところだ。
要するに、2兆円ぽっちばらまかれても国民生活にはほとんど影響がないということだ。

自公が決めた案によると、この定額減税は一期だけに限るもので、現金やクーポン券などを市町村窓口で直接配布する「給付金方式」にするのだそうだ。

これで嫌でも思い出すのは、99年に公明党が言い出して実施された天下の愚策、「地域振興券」だ。
当時は一定の条件を満たした国民に対し、一人2万円分のクーポン券が配られた。しかしこのクーポン券、使えるのは居住している区域内でしか使えないうえに釣り銭も出ないなど、不便なことこのうえない代物だったうえ、たかだか2万円程度もらったところで、当時の不況・不景気感はピクリとも変わらなかった。
このアホくさいクーポン券のために使われた総額は6000億円あまりだったが、それらはもちろん税金でまかなわれたのであり、せっかくの血税がみすみす無駄に費やされてしまったことになる。

しかし自民党と公明党は、あの失敗に何も学ぶことなく、ふたたび同じようなバラマキをしようとしている。
それだけではない。
何の効果も期待できないバラマキをしておいて、その後には税制を見直し、消費税増税をふくむ、ありとあらゆる増税を実施しようという魂胆なのだ。

自民・公明の政治家どもは、とことん国民のことを馬鹿にしているとしか思えない。
株価が乱高下しただけで金融機関には何も言われないのに10兆円も出してやるくせに、苦しい生活にあえぐ国民に対してはたったの2兆円ぽっち、それも1回こっきり施してやって、有り難く思えと言っている。言葉には出さなくても、奴らのやろうとしていることは、後で増税して思い切り分捕ろうとしている魂胆が見え見えであり、それは国民を侮っているからこそできる仕業だ。

冗談じゃないぜ。そんな端金(はしたがね)に惑わされてたまるかよ。

簡単に増税などさせてたまるものか。
金が足りないというのなら、税に頼る前にすることがあるはずだ。
政官業の癒着をなくし、すべての官庁、すべての政治家が貪っている無駄をなくし、さらに大企業や高額所得者から適正な税金を徴収し、それでもなお足りないというのであれば初めて税の負担を考えてやってもいいというのが多くの国民の言い分だ。

だが、すでに多くのブロガーがこれまでにもさんざん書いているように、今の自民党には現有社会の歪みを糺す力も意志もない。
だからこそ、自公政権がこれ以上馬鹿な政策を実施しないよう、政権交代が必要なのだ。

今日はアタマにきているのでもう一度繰り返す。
くれぐれも目先の端金に騙されてはならない。
自公政権による定額減税には声を大にしてNOを突きつけてやるべきだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/289-f9e1f8a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  当  ブ  ロ  グ  へ  の     皆様のご支援に感謝致します! ありがとう!     本日は、先に結論を書いておきます。   「総額2兆円規模の定額減税」は「給付金」方式でやるらしい。   で、ここで皆さんに、考えて頂きたいと思うこと...
2008/10/30(木) | 晴天とら日和
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。