上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

血税を貪りつづける石原慎太郎と、その相伴にあずかった岩城滉一

ここでは、「血税を貪りつづける石原慎太郎と、その相伴にあずかった岩城滉一」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石原慎太郎が三宅島を復興させるのを目的として強引にぶち挙げた「バイクイベント」については、実質的になんら復興の役に立っておらず、都民が払った血税を使って空疎なお祭り騒ぎを起こしただけだという批判がある。
mixiではこの問題をテーマにしたコミュニティがあり、怒りのコメントが寄せられているが、その声が少しでも石原に届けば無謀な無駄遣いを今年も続けて行うのを阻止できるかもしれないのだが、どうやらその可能性は低いようだ。
石原のような恫喝だけが取り柄の卑怯な男は、たとえ批判の声が耳に入ったとしても聞こえぬふりをしてこのイベントを続けるだろう。
なぜなら、このバイクイベントは石原にとって儲かる催し事だからだ。

このイベントはもともと「マン島レース」を真似して、三宅島の公道をコースに使い、本格的なバイクレースを行おうという石原慎太郎の思いつきで企画されたものだ。
名目上は三宅島復興となっているが、何のことはない、実際には復興どころか村民に新たな負担を強いる、とんでもない企みだった。そのうえ、三宅島の公道をコースに使うにはあまりに危険が多すぎる、救急体制が確保できないといった理由でプロのレーサーたちは皆反対した。それでも言い出したら聞かない石原は、公道レースは諦めたものの飛行場を使ったバイクイベントを開くことで体裁を繕い、そのために2億6500万円もの税金を使った。

こうして昨年11月に開かれたイベントには、わずか1000人ほどの観客しか集まらなかったというが、石原はそれでも懲りずに今年も同様のイベントを行うとし、5月には東京・台場でプレイベントまで行っている。

石原の暴走を止められる者はもはやいないのだろうか。
岩城滉一

ほんとにトホホな気持ちでいるときに、さらに気分を落ち込ませるような事実が報道された。

毎日新聞によると、昨年開かれたイベントにはゲストとして俳優の岩城滉一が招かれたが、パレードやツーリングに参加しただけの岩城に対して、都は三宅島スポーツ振興会を通して1000万円の出演料を支払ったという。しかも、法外なギャラを支払っただけでなく、宿泊費と交通費として約50万円を支払っていた。

なんとも呆れた金銭感覚という他ないが、それは支払った都側にいえるだけでなく、受け取った岩城の方にも言えるだろう。
いくら芸能人だからといって、交通費と宿泊費が50万とは恐れ入る。さらに岩城が所属する事務所によると、受け取ったギャラの1000万円のうち、600万円は島に持ち込んだ三輪バイクの改装費と整備士3人の同行費として使ったという。事務所の代表者によれば「イベントなので見栄えがいいようにバイクを改装する必要があった。島民の気持ちには応えられたと思う」とのこと。
つまり岩城滉一は、自分のバイクを島民にひけらかすために整備士を3人も引き連れていき、税金から支払われた金でそのバイクを改装・整備したというわけだ。

石原慎太郎の腹の中に三宅島復興などほとんどないのは分かりきったことだが、その分け前にあずかった岩城滉一にも復興に協力するなどという気持ちはミジンコほどもなかっただろう。
税金から支払われた金で好きなように自分のバイクを改装し、いい気になってパレードをすることのどこに復興に役立つ効果があったというのだ。
岩城滉一という5流俳優は、単に美味しい仕事として三宅島に出張し、血税と知りながら自分のバイクをカッコよくして帰ってきたに過ぎない。

金に対する意地汚さでは石原慎太郎と同等と言えるだろう。

1000万のギャラが法外だったかどうかはこの際どうでもいい。

もし岩城に三宅島復興への真摯な思いがあったのならば、ノーギャラで仕事を引き受けるべきだっただろうし、受け取ったとしても1000万は多すぎると辞退したことだろう。自分のバイクを改装して島民の気持ちに応えるよりも、いくらかでもチャリティーとして寄付したことだろう。
さらに岩城がまともなバイカーならば、誰もが危険で中止すべきだとしているイベントを後押しするような行為はしないはずだ。
しかし岩城滉一はそのようなことは一切せず、ギャラを受け取り、宿泊費と交通費も受け取った。
岩城滉一は石原慎太郎が企てたクソのようなイベントに同調して都民の金を貪ることで、俳優としてもクズだが、バイカーとしても人間としてもロクなもんじゃないことを示したといえるだろう。
今後、私は岩城滉一という男を石原慎太郎と同等の人間のクズとして見ることにしよう。

最低だな、岩城って。

多くの反対の声を無視して、バイクイベントは今年も17~19日に開かれる。
また大枚の税金が注ぎ込まれ、復興どころかイベント開催支援として島民たちの金がまたしても搾り取られることになる。
石原の暴走を止めない限り、利権と金にまみれた薄汚いイベントはこれからも延々と続くことになるだろう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/283-aae046a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
いちおうチェックしておこうというレベルで見てしまった倉本聰氏脚本のドラマ『風のガーデン』。 やはりなかなかに興味深いドラマだった。 ...
2008/10/15(水) | うつ モンテカルロ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。