上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

感動できる政治は、あり得ないのか

ここでは、「感動できる政治は、あり得ないのか」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不真面目な学生だったため、恥ずかしながら私が大学で学んだことはあまり多くない。
当時の大学は、教師がサラリーマン化して学生との交流などほとんどなかったことも一因だ。
高校でつまらない授業に、いい加減うんざりしていた私は、大学の好きな学部・学科に行けば面白い教授と出会い、学問の喜びを知ることができるかもしれないと思っていた。けれども、現実はまったく反対で、大学での授業は、高校でのそれを上回るつまらなさだった。
浪人までして入学したというのに、待っていた学問とはこんなものだったのかと失望した。

だが、そんななかでもいまだに心に残っている教授の言葉がある。
それは政治学の時間に聞いた言葉で、「政治とは、ほんらい国民を感動させるものであるべきだ」というものだった。

しかし日本の政治の当時の状況は、自民党による55年体制が延々と続き、そのなかから生まれてくるのは国会議員たちの汚職や政官癒着によるスキャンダルばかりだった。そして野党第一党であった社会党は、そんな自民党の暴虐ぶりを見て、騒ぎはするけれども結局何も成果を上げられず、万年第2党と化していた。ロッキード事件など、大疑獄事件が起きると、民社党の議員がにわかに元気になるのが面白かった程度だった。

こんな政治の現実、すくなくともテレビ・新聞が伝える政治家たちの言動を見ていても、感動することはあり得なかった。

そしてその状況は現在に至っても、少しも変わってないというのが事実ではないか。
相変わらず政権は自民党が主導し、しかも小泉政権以降は竹中平蔵とタッグを組み、思い切り新自由主義的政策に舵を切って日本人の暮らしを目茶苦茶に破壊し、断崖絶壁に追い詰めてきた。
政治に感動するどころか、国民感情としては半分泣き顔になって「もういい加減にしてくれ!」と言いたいところだ。
いったい、どこまでこの国を駄目にしたら気が済むのだ。小泉は、竹中は、その他大勢の新自由主義者たちは、この国をアメリカの属国にしてハゲタカどもに食い荒らさせるつもりなのだろうか。

もううんざりしているのである。自民党と公明党による国の支配には。

ならば自民党に替わって政権を狙っている、そして参議院では第一党の民主党はどうか。
「国民生活が第一」と謳い上げながら、今熱心にやっていることはいまだに道路特定財源の一般財源化と暫定税率の廃止であり、代表の小沢一郎も昨日の記者会見で、まずは暫定税率の廃止で与党との歩み寄りが可能だとの認識を示してあくまでも暫定税率にこだわっていく姿勢を見せている。

なんども繰り返すが、ほんとうに民主党は国民が何を求めているかを考えられない輩が集まっているとしか思えない。
ガソリン価格を下げるのは結構な話だが、国民が望んでいるのは医療制度の改善であり雇用の不安をふくむ格差の是正であり、都市部と地方との生活格差是正、社会保障制度の見直しなのだ。しかもそれらの問題は、一刻の猶予も許されないほど差し迫っている。
呑気に与党議員との腹の探り合いをしている場合ではないのだ。
去年の夏の参院選で勝利を収めてからの民主党のやってきたことは、目先の戦術ばかりで戦略がない。戦略が立てられていないから、国民にビジョンを示すことができないでいる。
国民はそれほど辛抱強くない。もうそろそろ民主党にもうんざりし始めている。それがわからないのだろうか。
今、国民を感動させることができるとすれば、それは民主党が初心に立ち返って、つまりは「国民生活が第一」というスローガンをもう一度思い返し、その内容を吟味して、手法を改めるしかないだろう。

私は自民党による支配は嫌だ。もう終わりにして欲しいと心底願っている。
しかし、民主党が今のようなていたらくでは、自民の替わりに政権を預けようという気にもなれない。到底なれない。

ならば、どこを支持すればいいのか。自民党に取って代わり、新自由主義路線を大胆に改めてくれるのは誰なのか。それさえ見えれば、アメリカのバラク・オバマのように立ち上がり、民衆の心を捕らえる言葉を発してくれる政治家が現れてくれれば、はじめて国民は政治に感動を覚えることができるだろう。
しかし、それは、ないものねだりなのだろうか。
スポンサーサイト

関連タグ : 暫定税率, 民主党, 新自由主義,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/28-50982948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。