上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

野田佳彦出馬断念、小沢無投票3選を憂う

ここでは、「野田佳彦出馬断念、小沢無投票3選を憂う」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はこれまで何度も書いてきたが、民主党は9月の代表選をなんとしても行うべきだと考えている。
それは、代表選を行うことにより民主党の考えが明らかになるからだ。国民が、民主党が何をやろうとしているのかを知ることができるからだ。
なぜそれが重要かと言えば、自民党政権に変わって民主党が政権を取ることになるとすれば、民主党代表が首相になるわけであり、その首相が国民に対して政策を明らかにしておくことは必須であると考えるからだ。

「ニュース23」の後藤謙次はテレビキャスターとしては切れ味が鈍く、私は好きになれずにいるが、昨日の番組では民主党代表選について、やはり次期首相を選ぶことにつながるのだから代表選は是非とも行うべきだと述べていた。
私も同意見である。

しかし、今日の報道を見ると、代表選に立候補を表明していた野田佳彦広報委員長が、幹部議員らと協議を行った結果、慎重論が根強いために出馬を断念する意向を固めたらしい。
野田はこれまで、次期衆院選のための党のマニフェストの内容を深化させるために、代表選を行って政策論争するのが必要だと主張してきた。これはまったく正論であり、代表選を行わずに小沢一郎が3選することだけが決まれば、国民が得るところはあまりに少ない。
まさか民主党は、小沢一郎にだまってついてこいと国民に言いたいのだろうか。
それほどまで民主党は、国民の支持が厚いと自信を持っているのだろうか。

どうやら党内では無言のうちにそうした実態のない自信のようなものが蔓延しているらしい。党有力幹部の松本剛明前政調会長らが、「衆院選の準備に全力を挙げるべきだ。今は党内で争っている時ではない」として慎重論を唱え、譲らなかったという。また、党内には、いま代表選の対立候補に協力すると、衆院選後に行われるであろう小沢一郎の粛清を恐れる声も強いようだ。
なんともはや、これではスターリン政権下のソビエト共産党のようではないか。

さらにブログのなかには野田佳彦出馬について、日本の状況を判断する能力がないのではないかとこきおろすものがある。これらのブログによると、野田の代表選出馬は陰謀論の亜流に過ぎない「偽装チェンジ」勢力と結びついているとの憶測もあるようだ。
どこかの妄想に駆られたバカな学者崩れの言葉を鵜呑みにして「偽装チェンジ」論などをもてはやしているだけで、私はすでに相手にする気にもなれない。
偽装チェンジ」論をもてはやす彼らは、民主党がなすべきこととして「責任ある政権公約を国民の前に早急に示すべき」で、党を結束し「官僚主権構造の日本」を「国民主権構造の日本」に刷新する責任ある公約提示が求められているとしている。

しかし冷静に客観的に見れば、責任ある政権公約を国民の前に示すには、代表選をすることがいちばん適した場になるのではないか。代表選によって民主的に「国民主権構造の日本」を実現できる党代表を選ぶことこそ、党を結束させ、なおかつ広く国民の支持を得ることにつながるのではないか。この点で「偽装チェンジ」派の言っていることは矛盾しているとしか言いようがない。
まったく、くだらない陰謀論には反吐が出る思いだ。

そんなものはどうでもいい。
私は何度でも繰り返す。
民主党は代表選を行うべきである。そうすることで国民の前で民主党が持つ論点を明確にし、政権を取った後に何をしていくかをはっきりと示すべきだ。民主党が政権を取ることによって、自公政権よりもましな社会が実現できることを具体的に示すべきだ。
決して密室政治で代表を決めるべきではない。
これは民主党の信義に関わる問題だと思う。

このまま野田佳彦が出馬を断念し、なしくずしに小沢一郎が代表3選を果たすのであれば、民主党はどのようにして政権公約を明らかにするつもりなのか。去年のように「生活第一」といいながら、それを反故にしてきた責任を小沢一郎はどう取ったうえで次期政権を取ろうとするのか、はっきりさせなければならない。そうでなければ民主党がいくら結束したところで、国民はそっぽを向くだろう。
一般国民の良識を馬鹿にしてはいけないというものだ。
民主党員たちにはぜひ、そのことを頭に入れておいてほしいものだ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ooaminosora様
こんにちは。グルジア紛争関連で、新聞やネットを見ていたのですが、湾岸戦争前のアメリカ議会人権執行委員会で証言したナイラという少女が、アメリカに駐留のクウェート大使の娘だったって知ってました?http://homepage3.nifty.com/ksmansaku/site1/zatsuji_20030727.html
そんなことがありうるのか?それこそニューヨークタイムズ紙の創作ではないかと検索しようかと思いましたが、ブログを書いて目が疲れてしまったのでやめます。よろしければ、また私のブログもご覧ください。
2008/08/23(土) 13:40 | URL | 散策 #TY.N/4k.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/238-388fc81f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
臨時国会の召集時期をめぐって、自民党は8月下旬、公明党は9月下旬を主張し、福田首相がその間をとって(?) 9月中旬と言ったら、民主党の代表選...
2008/08/23(土) | きまぐれな日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。