上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

捕鯨問題に関する私の立場

ここでは、「捕鯨問題に関する私の立場」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の、日本の調査捕鯨をめぐるシーシェパードの妨害問題や、グリーンピース・ジャパンによる鯨肉横領疑惑の告発、そして告発をしたグリーンピース職員の逮捕をめぐり、鯨問題が私のなかでもやや錯綜してきた感があるのでまとめておくことにする。

私は鯨を普通に食べたいと思っている
まず、第一に私は食糧源として鯨が考えられている以上は、鯨を美味しく、しかももっと安価に食べたいと思っている。海洋生物の食物連鎖のトップに位置する鯨だが、その肉の安全性が確認されている限りはBSEの危険性がある牛肉よりも安心して食べられるだろう。もちろん、鯨肉が牛肉に置き換わることはないだろうが、食糧問題が日本にとっても重要な問題になってきているとき、資源として活用できるのなら鯨をもっと流通させて昔のような大衆的な食べ物にしてやればいいと思う。
ここに動物愛護問題を持ち込むのはナンセンスであり、私は不毛な議論に加わるつもりはない。この点、IWCが捕鯨反対のもっとも大きな根拠にしている「倫理的な反対」は、アメリカ、オーストラリアなどが作り上げた勝手な屁理屈だと思っている。

鯨は増加し、なおかつ食害の恐れがある
なぜ鯨は食糧たり得るかだが、ひとつには鯨の数がひところの乱獲で激減したことを反省したことにより、現在ではミンククジラだけで南氷洋に78万頭も棲息しているという報告があり、その数はかなり増加していること。
さらに鯨が増加することにより、サンマ・イワシ・スケトウダラ・サケなどの魚やオキアミなどの甲殻類、イカなどの軟体生物の食害問題が起きていること。科学的調査によれば、鯨がそれらの生物を消費する量は年間2.8~5億トンと推定され、これは人間による漁獲量9000万トンの3~6倍にあたる。鯨を過剰に保護することにより、海洋の生態系が破壊される恐れがあることは国連食糧農業機関(FAO)も警告していることである。
これからも乱獲することは許されないが、許容される範囲で捕鯨していくことは、世界の食糧問題にも貢献するものではなかろうか。

鯨と環境問題を結びつけるのはおかしい
もうひとつ、鯨の問題は環境問題と結びつけて論じられる傾向があるが、そもそもはアメリカが片方で戦争を起こしておきながら、もう一方の手で鯨保護を訴え、鯨を守ることが環境保護につながるというアピールから生まれたものである。グリーンピースなどの環境保護団体は、ほぼその主張の流れで捕鯨反対活動を続けている。
しかし、これはどう考えてもおかしい。
戦争を起こし、大量の人間を殺しておきながら、それを糊塗するために鯨の保護を訴えるのは欺瞞以外のなにものでもないだろう。イギリスでは日本人の鯨肉を食べる習慣を野蛮人の習慣と書き立てたことがあったが、肉食民族アングロ・サクソン独特の独善的な思い上がりという他ない。
またアメリカは、生息数が激減しているホッキョク鯨(推定生息数8200頭)の捕獲を、自国のイヌイット族に対しては許可している。1995年から97年にかけて捕獲されたホッキョク鯨は204頭で、イヌイット族による鯨肉生産量は、日本の調査捕鯨による鯨肉生産量をはるかに凌ぐという報告がある。日本が捕獲している鯨は78万頭棲息しているとするミンククジラが中心である。

調査捕鯨がかかえる問題点
ただし、日本が行っている調査捕鯨にも問題点が多い。
ひとつは、科学的調査を行うという名目のために、なぜ800頭以上もの鯨を捕る必要があるのか。これは素朴な疑問として誰もが抱く問題だ。
もうひとつは、鯨保護区と決まっている南氷洋で捕鯨を行っている問題。IWC(国際捕鯨委員会)に加盟している以上、国際協約で決められた約束事を破ってしまうのは問題だろう。

調査捕鯨天下りと利権の温床となっている問題
日本の調査捕鯨は、政府(農水省)が鯨類研究所(鯨研)に対して特別許可証を発行し、捕獲をふくむ調査活動を行うことになっている。実際に調査活動をするのは鯨研から委託された日本共同船舶株式会社で、日新丸もこの会社に所属する船だ。
さて、ここで問題なのはやはり金の流れだ。
06年度、鯨研は無利子で36億円を借りていたが、そのうち10億円を返せなくなった。結局、07年度から4年間かけて分割返済することになったのだが、鯨研に無利子という好条件で融資していたのは農水省所管の財団法人・海外漁業協力財団だ。この財団自身も毎年農水省から12億円規模の補助金をもらって事業を行っている。
鯨研にも農水省から毎年5億円の補助金が出ており、巨額な税金が調査捕鯨に投入されていることになる。
調査捕鯨の金の流れ
しかも、海外漁業協力財団というのが典型的な水産庁からの天下りの受け皿団体で、理事長以下非常勤の理事まで7人が水産庁の元役人となっている。ことに昨年まで鯨研の理事長をやっていた畑中寛という男はここでも非常勤理事となっている。つまり、無利子の融資を受けて返すことができなくなった団体の理事長が、融資をする側の理事になっているというわけだ。
しかも理事長の給料は115万円、常務理事が102万円、非常勤理事は87万5000円という高給取りだ。
こりゃ、いいように金を操作して自分たちの都合がいいように使っていると思われても仕方がない。


鯨肉はだぶつき気味なのに高級食材である不思議
調査捕鯨の規模が拡大するにつれ、鯨肉の供給は増えている。しかし、その一方で販路拡大を狙って立ち上げた企業は2年連続で赤字を計上している。
つまり、肉はあるというのに出回る量がわずかで、しかも高級イメージばかりがつきまとったままだから、売れるわけがない。そして肉が売れなければ、鯨に親しみを持っていない人々はますます鯨肉など買わなくなるという悪循環が起きている。
今回の鯨肉横領疑惑は、こうした状況の中で恒常的に行われてきた悪習が暴露されたということではないだろうか。
鯨研では平成18年度の一般事業費約8億2000万円のうち、約6億円を広報費に充てている。これほど広報に金を使っていながら、鯨肉に対する啓蒙活動はほとんど目にすることがない。つまり、ここに注ぎ込まれている税金も無駄遣いされているということだ。

グリーンピースに対する疑問
以上のことは、私がネットで調べただけでわかったことだ。
これだけみても、鯨類研究所にしても海外漁業協力財団にしても、叩けばいくらでもホコリが出てくることだろう。
それなのになぜ、グリーンピースはあえて窃盗をしてまで日新丸の横流しを告発する必要があったのか。結果を出すために性急に走ったうえでのことなのかもしれないが、手法としてはいかにもまずかったと言わざるを得ないだろう。
第一、あれでは国民の共感を得ることができない。
国や役人どもの不正を暴くには、事実を白日の下にさらすことは重要だが、それ以前に国民全体の共感を得ることが重要だと思う。
グリーンピースがやった行為は、その点で失敗だった。
あれではむしろ、「また過激な環境保護団体のパフォーマンスか」と思われるだけである。
少なくとも私は、グリーンピースの行為は支持しない。
偏狭かもしれないけどね。

税金の無駄遣いと役人の不正を暴くには世論を盛り上げるしかない
性根の腐った役人どもの不正には、ほんとにウンザリするばかりだが、われわれとしては根気よくこれらの不正を一つひとつ暴き出し、世論を作り上げていき、良識ある議員たちに訴えていくしかないのではないか。グリーンピースがせっかく明らかにした横領疑惑もうやむやにせず、これからも追及していくべきだと思う。
ブログの発言がそのために役立つのなら、私はいくらでも書いていこうと思う。

その上で鯨肉を食べるにはどうすればいいのか
日本ははっきりと調査捕鯨を止めると宣言すべきだ。いざとなったら、IWCを脱退したってかまわないではないか。

そのかわり、近海だけにかぎるとしても商業捕鯨を続けることにする。増えすぎて食害をおよぼす鯨は捕獲した方がいい。
そして、捕獲した鯨は昔のように無駄なく利用し、肉はなるべく安価に流通させて国民の口に入るようなシステムを作る。
残念ながら日本の大手水産会社はもう鯨を扱わないと言っている。

けれども食糧問題と合わせて考えたとき、鯨肉が持つ重要性はおのずと高まってくると思われる。今後は役所任せにせず、鯨肉を守り、鯨食の伝統を続けていってほしいというのが、私の願いだ。

■追記
●水産庁の本音は、商業捕鯨再開を世界に求めることにあるのではなく、現在のまま調査捕鯨を続け、官僚どもの天下り先を温存することにあるようだ。そうだとするなら、捕鯨に対する賛成・反対の論議はまったく虚しいものになる。捕鯨という看板に隠れて自己の保身を画策し、税金を懐に収めようとしているのであれば、それは他の省庁でも問題になっている税金の無駄遣いと同じことになる。
私とすれば、「また、ここでもコレかよ」と溜息が出る思いだ。
やはりここは強く主張しておきたい。
日本は調査捕鯨を止めるべきだ。そして商業捕鯨を開始し、食糧問題の側面から捕鯨の必要性を説いていくべきだ。捕鯨という、高度な技術を廃れさせてはならないし、少しの無駄もなく鯨を利用する文化も、今後守っていくべきだと思う。
●グリーンピースに対しては、その資金源(ロックフェラー財団などの超リッチなパトロンが50ほどもついており、それらから流れ込む金は資金の80%を占めるという)からして、世界的規模で行われている「環境ビジネス」という名のペテンの広告塔のような役割を持っているのではないかと勘ぐりたくなっている。
●驚くことに、グリーンピースには年金制度まであるそうだ。彼らにとって、違法行為をふくむすべての活動は、ビジネスなのだ。
●環境保護団体といいながら、グリーンピースはもっとも環境破壊に影響を与えているはずの自動車に対しては反対運動を行っていない。自動車メーカーに抗議運動を行おうとしても、だれも資金を提供してくれないからだそうだ。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!

なかなか渾身の記事ですね。勉強させていただきました。グリーンピースがロックフェラーの資金を受けていたというのは驚きでした。米国産狂牛肉を買わせるための「捕鯨反対」だったのですね。私が子供の頃は「すき焼き」はご馳走でめったに食べることができなかったのですが鯨の肉と水菜をすきやき風に煮る「ハリハリ鍋」はしょっちゅう食べていました。今、大阪のお店で食べると4000円くらいします。
2008/06/24(火) 21:32 | URL | ヘンリー・オーツ #ZQN6BGP6[ 編集]
ヘンリー・オーツさま。

東京では水菜が流通していなかったので、昔は食べられませんでしたが、今は普通に「はりはり鍋」が食べられるようになっています。それまでは鯨の「すき焼き」を出していたそうです。
先日、私も「はりはり鍋」を初めて食べることができましたが、素朴な食材に深い味わいのある、大変おいしい鍋でした。終わったあとの雑炊がまた、たまりませんね。
東京では1人前、3000円くらいからあるようです。

ああ、また食いたいなぁ、鯨料理!
2008/06/25(水) 00:59 | URL | ooaminosora #v64swWl6[ 編集]
勉強になるブログだ。
感心する。
よく憶えて、我が家の子ども達に解説することにする。
2008/06/25(水) 01:37 | URL | モンテもん吉 #tz/xCSdw[ 編集]
こんにちは。最近のGPの窃盗行為など、バカバカしくて聞いているだけで、疲れてきます。フランスの科学者らが、クジラの個体数は回復していないと報告しているそうですが、その中に「クジラは疲れいる」という表現がありました。「疲れている」という科学的根拠はどこにあるのか、不可解です。オーストラリアのカンガルーも疲れているのでしょうか?このような予見を持った調査は、信頼性が低くなると思います。真偽のほどは明らかではありませんが、おそらく、IWC総会が捕鯨反対国に有利になるように情報操作の一環として実施したのではないかと思います。
テロリストのワトソンが出てきて意見を述べるIWCの総会とは一体どんな総会なんでしょう?日本側を愚弄しているとしか思えません。今回、IWC総会の議論がまともに行われないのなら、日本はそろそろ脱退したほうが良いではないかと思います。全く捕鯨国の総会出席者のほうが、長い間の無意味な議論によって鯨やカンガルーよりはるかに疲れていると思います。ここに書いていると長くなってしまいますので、詳細は私のブログを是非ご覧になってください。
なお、私のブログでは、過去に反捕鯨の背景を多方面から分析しています。その内容にも、先のURLから入ることができます。こちらも是非ご覧になってください。
2008/06/25(水) 11:57 | URL | yutakarlson #.BcbyNME[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/178-9f89bdb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。