上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

鯨を食うならば、どうどうと食いたいものだ

ここでは、「鯨を食うならば、どうどうと食いたいものだ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調査捕鯨船「日新丸」の乗組員らが鯨肉を土産として自宅に持ち帰っていた問題で、グリーンピース・ジャパンから業務上横領容疑で告発されていた乗組員らが不起訴処分になるそうだ。

その一方で、乗組員らを告発したグリーンピース・ジャパンのメンバー2人は、西濃運輸青森支店に侵入し、鯨肉を盗んだ容疑で逮捕された。
家宅捜査

乗組員らが不起訴になったのは、鯨肉を持ち帰ることが、それまで習慣的に認められていた「お土産」として持ち帰ることであり、お土産である以上は横領に当たらないという解釈なのだろう。

しかし、今では高級品の鯨肉が20キロ以上、市場価格にすれば11万から35万円相当の価値があるというのは、常識的に考えて「お土産」の域を超えているのではないか。しかも同じように鯨肉を詰められた段ボール箱が47箱も見つかっており、それらを合わせると約1トン、時価にして1400万円にもなるというのだからますます異常な「お土産」というしかない。鯨肉を横流しすることで家を建てた者もいるという内部告発もある。

どこから見ても不正のニオイがプンプンするじゃん。

それなのに、告発を受けた東京地検は「横領に当たらない」と判断したというのだから、背後には政治的な力が働いているとしか思えない。尾の身といわれる高給な部分は霞ヶ関あたりの高級料亭に出回っているというから、やっぱりここにも利権が働いているのだろう。東京地検は、鯨利権に絡む権力に膝を屈して今回の結論を出したというべきだろう。
おかげで、鯨肉が日本国内に来てからほんとうはどう扱われていたのかが、すっかり闇の中にしまいこまれてしまった。

私はグリーンピースやシーシェパードのような、どこから資金を得ているのかも不明な、エキセントリックな活動ばかりする環境保護団体を味方するつもりはない。
ウネスのお土産
けれども、日本人にとって鯨がほんとうに大切な食糧源であり、これからも鯨食の伝統を守りながら食べ続けていこうとするのなら、怪しげな部分は決して残すべきではないと思う。
私が最近たまたま話を聞いたいくつかの鯨料理店では、鯨肉に闇ルートがあることを否定したり、曖昧な返事で取り繕ったりしていたのを思い出す。
もし本当に闇ルートなどないと否定できるのならば、鯨食の伝統を守るのが自分たちの使命であると言っていた彼らには、はっきりとそのことを表明する義務があるだろう。
反対に、闇ルートがあることは知っているが、それは誰もが目をつぶってきたことだから触れられないというのであれば、彼らには鯨食を守る資格などないと言ってもいいのではないか。
日本人は鯨を昔から大切にしてきた、世界中でもっとも鯨を愛してきた国民なんだと「クジラ食文化を守る会」会長の小泉武夫先生は言っていたが、後ろ暗いことをやりながら、そこから目を背け、ただ鯨をもっと食わせろというのでは鯨にとって失礼というものだろう。

私だって鯨は美味しいと思うし、食べられるものならばもっと鯨を食べたい。
けれども、今の日本では調査捕鯨という隠れ蓑をかぶり、世界に対してこそこそみっともない態度を見せて鯨を捕獲しているから、いつまでたっても非難の声が止まないし、おまけに国内では流通量が上がらないから、鯨肉は高級食材になったままだ。
これまでの調査の結果、ほんとうにある種の鯨については生息数が増えていることが明らかになっており、このままでは鯨による食害が進んで海の生態系に悪影響を与える恐れがあるといえるのならば、アメリカやオーストラリアが何と言おうと鯨を捕ればいい。
自国では野生のカンガルーが増えすぎたといって平気で殺しているオーストラリアのようなダブルスタンダードをとる国の言い分など聞く必要はないのだ。
BSEの恐れがある牛肉を無理矢理食わせようとしているアメリカの言い分など、蹴飛ばしてやればいいのだ。

日本人は、胸を張って鯨を食えばいい。
そのためにも、後ろ暗い部分をすべて払拭し、政府は中途半端な調査捕鯨を止めて堂々と商業捕鯨を援助すればいい。そうすれば、鯨はまた、昔のような庶民の食材になってくれるだろう。

日本の食糧問題を考える上でも、今回の東京地検による不起訴処分は残念なことだったと思わざるを得ない。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/173-9490f9ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。