上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ボーッとしているオカメインコ

ここでは、「ボーッとしているオカメインコ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
わが家のいちばん新しい家族、オカメインコのパールがやってきて、ちょうと1週間が過ぎた。

あまりに増えた鳥を減らしたいとのことで、飼い主さんから譲り受けたものなのだが、たくさんの鳥と一緒に育ったせいか、人に慣れていない。
私は知らなかったが、こういう鳥を「荒鳥」というのだそうだ。
それでも飼い主さんは「一応、手乗りに近いことはする」とおっしゃっていたけれど、今のところはまったくその気配がない。

まあ、お互い気長に慣れていくしかなさそうだ。

それでも1週間前は、私が近づくだけで怯えてバタバタし、2日間も餌を食べずに止まり木に固まっていたのが、3日目には床にばらまいた餌を拾って食べるようになり、甲高い声で「ピィーッ」と鳴くようになった。4日目には見た目にも落ち着いてきて、よく鳴き声を上げるようになった。
そして5日目には、ようやく餌箱から餌をついばむようになった。

上々の進歩である。

あとは人間の手から餌を食べるようになってくれれば、そのうち腕とか肩に乗ってくれるようになるかもしれない。

ところで、私はオカメインコというのははじめて飼ったのだが、いろいろと面白いところがある鳥だということがわかってきた。

なにが面白いって、鳥のくせしてしじゅうボーッとしているのである。
↓ドン・キングみたいな顔してるパール。
パール

パールの鳥かごは、私の仕事部屋にあり、私はいつも背を向ける形で仕事をしている。
後ろでカサコソ音がしているときは、パールがカゴの床を歩いている音で、パリパリいっているのは餌をついばんでいる音だとわかる。

で、なーんにも音がしないので、振り返ってみると、パールは眠るでもなくじっとしている。
その様子が、いかにもボーッと遠くを見ているようでおかしい。
ためしに「パール」と呼んでみると、ハッとしたように首を動かす。

変な奴。

今日などは、午前中いっぱい鳴くのも忘れたようにボーッとして、ときどき私の足下にころがっているワンコたちを見下ろしていた。

何を考えてるんだろ。

これで言葉でも覚えてくれればいいんだけどな。
まあ、それはこれからのお楽しみとして。

もしかすると、来週あたり、また家族が増えるかも。
それはまた、その時にご報告ということで。

スポンサーサイト

関連タグ : オカメインコ, ペット,

コメント
この記事へのコメント
わが家にいるセキセイインコの「やまち」も、荒鳥だったけれど、5年つきあって今では手から餌を食べるようになっている。パールの前に家に来たコザクラインコの「サクラ」も、荒鳥だがカミサンが毎日声をかけているうちに、なんとなく(ホントになんとなく)懐いてきたようである。
動物って、やっぱり愛おしいものだなと思う。
2008/05/03(土) 19:54 | URL | ooaminosora #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/126-9430fa85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。