上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

明日なき人々に「死ぬな」と偉そうに言えるか?

ここでは、「明日なき人々に「死ぬな」と偉そうに言えるか?」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今朝の朝日新聞には、「硫化水素自殺やめて」という記事が載っていた。同紙の調べによると、硫化水素による自殺と見られる死者数は4月に入ってから29日夕方までに少なくとも59人にのぼっているという。全体の8割が男性で、20~30代が目立つのが特徴だ。

なんとも困った事態だ。
硫化水素という毒ガスを使って周囲を巻き込む可能性がある死に方が流行したのも困ったことだが、簡単に自殺できる方法があるとなると、こうまで簡単に自殺をする人が増えるということがいちばんの問題だと思う。

硫化水素で死のうとする人は、「毒ガス危険」といった貼り紙をして、最後のダイング・メッセージを残している場合が多い。それは周囲を巻き込みたくないという最後の思いやりなのか、それとも自分の存在に気づいてほしいという願望の現れなのか。

同紙には、夜回り先生こと水谷修氏のコメントが出ている。
「命は君のものですか? 生きたくても病気で死んでいく子どもがいる。戦争で命を奪われた人たちがいる。そんな多くの人から受け継いだ命の糸を絶やさないでほしい」「硫化水素自殺は多くの周りの人にも迷惑どころか命の危険すら与えている。考えてください。明日は必ず来る」

ごもっともな意見で、私などには反論のしようもないところだ。
しかし、同じ朝日新聞の一面では、雇用に恵まれなくて全財産が100円しかないという男性が紹介されている。彼は都内の有名私立大学を卒業したが浪人と留年を重ねているうちに30歳になった。このとき、世間は就職氷河期まっただ中。男性は派遣労働者として働き続けたが、面接をいくら受けても正社員にはなれない。そのうち、面接すると「どうして職をそんなに転々としているのか」と聞かれるようになった。結局、派遣労働者で食いつなぐしかない者が、まじめに働いて正社員になろうとしても、派遣労働者の経験そのものが足かせになって正社員にはなれないのだ。
派遣労働者として働いても賃金は安く保障は低い。給料をもらってもさまざまな名目の天引きがおこなわれて手元に残るのはわずかばかりだ。
こうした悪循環がかさなって、ついには所持金が100円にまでなってしまったというわけだ。

典型的なワーキングプアである。
今、こうしたワーキングプアが、男女を問わず全国に増えている。
真面目に働いても働いても、余裕ができない。暮らしていけない。希望が持てない。

そう、今の日本社会では、べつに悪いことをしているわけでもなく、真面目に生きて行こうとしている人が希望を失い、生きて行くことが困難になっているのだ。

夜回り先生は自殺者を諫めて言う。
「もう一度考えてください。明日は必ずくるのだから」
しかし、ワーキングプアにとっては、その明日もまた絶望に満ちているのだ。生きていることに喜びを見出すことができないのだ。

この状況を見て、どうして一方的に自殺者を責めることができるだろう。
「生きてさえいれば、必ずいいことがある」
それは慰めにはなるかもしれないが、困窮者にとっては、そのいいことは今、この瞬間にも起こらなければ立ちゆかないのだ。

この現実をどうすれば解決できるのか。
それは政治に頼むしかない。

しかし今、腐りきった自民党と公明党は、暫定税率がなければ死んでしまうようなことを言って税率回復の決議をしようとしている。
決議をして道路が造れるようになって、いったいどれだけの人間が救えるようになるのか。
自民も公明も、本当に救わなければならない人々がいるというのに、そちらには目を向けようともしない。彼らは明き盲同然だ。

今日、衆議院で暫定税率の回復が、相変わらずの数の論理で可決され、明日からガソリンがリッター160円になろうとしている。
私は、そろそろ日本国民も黙ってはいられなくなってきていると思うのだが、いかがなものだろうか。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
中国留学生に何兆円も援助する金が有るなら少しは日本人の事を考えて欲しいものです。
男女共同参画法で国・地方の支出は10兆、不要な特殊法人10兆、無駄な支出を減らせば何人の日本人が有効に生き返るか、もう少し日本人を中心にした思考を政治家は持つべき、夢を作るのが政治、政権の奪取が政治の第一の目標では国民が浮かばれない。
2008/04/30(水) 11:43 | URL | 観音崎 #kU3g/2a6[ 編集]
現在の我が国の官僚と政治家の多くは、金持ちの出来の悪い2世か3世で、他人の痛みを思いやるどころか、他人に痛みを与える存在に成り下がっている。
もう我が国は政治家や官僚に頼るよりも、弱者の自己防衛の為の互助組織が必要な段階だな。
2008/04/30(水) 18:44 | URL | 火天大有 #-[ 編集]
感じるところの大きいお話でした。
影響されちゃいそぉです。
2008/04/30(水) 22:21 | URL | モンテもん吉 #tz/xCSdw[ 編集]
生きていて欲しい・・・

国民が生きやすい世の中に
どうしたらなるのだろう・・・

自身も何度も死を考えたものとして・・・

病の再発も受け止めながら、ふと「死」が
頭をよぎるけど、それでも生きています
生きて行くだけで精一杯の稼ぎですが
希望は捨てたくありません

自ら死を選ぶ人は
身体が健康なのに何故??
心を病んでいるんだろうけど何故??
と、思えてなりません・・・
2008/05/01(木) 20:17 | URL | さくら #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://funnyarome.blog82.fc2.com/tb.php/122-329ca959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。