FC2ブログ
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

いえ、仕事が忙しいとか鬱がひどくなったからというのでなく。
まあ鬱の方はずっと変わらず「よくはない」ですが。

タイトルの通り、しばらくこのブログをお休みさせていただくことにした。

というのも、なんだかこの頃、つまらなくなってしまったのだ。
ニュースを見ても「これについて書いておこう」という気持ちがわいてこなくなってしまった。自分のための防備録として書いておこうという気にもならなくなってしまったのだ。

ひとつは、今の政治の愚劣さにある。
麻生太郎や自民党の批判をいくらしても馬鹿馬鹿しくなるばかりで、書く気が起きない。
民主党がなんとなく右傾化しようとしているなんていうことも、とりあえずは政権交代してから吟味すればいいかという気分になってしまった。
私としては民主党ばかりに関心が向くのでなく、社民党や日本新党との連立を念頭に置いた上での議論がもっと盛り上がってくれることを願っているんだけどね。そのなかには共産党の存在も、もちろんある。

けれども、そういうことをちょっとは真面目に考えようとしても、周りを見回してみると政治ブログと呼ばれるものの多くが植草一秀に毒されていたり、陰謀論で(なかにはアクセス数が減ったのはなんらかの操作があったと思われるなんて植草教祖みずからトンデモな発言をしたものもあったりね)思考停止に陥っているものが多くて、コンナヤツラと一緒にいるのはまっぴらだと思ってしまうのだ。

何度も書くけど、植草という男は自分を挙げた検察や、自分をネタにかき立てた「マスゴミ」が憎くてたまらない、ただそれだけでブログを書いてるいかさま野郎だ。奴がほんとうに国民の幸福だとか、自民党にボロボロにされてしまった国民生活を回復させるとか、真面目に考えているとはとうてい思えない。
奴は国民がどんな生活をしてどんな苦しみを味わっているかを知らないし、知ろうともしていない。だから「悪徳ペンタゴン」などというくだらない造語を作って悦に入っているんだよ。
だけど、そんなものをありがたがっているブロガーが、まったく嫌になるほどいて、そいつらがまた徒党を組んで我こそは正義みたいなことを臆面もなく垂れ流している。

私は嫌いなんだよ。徒党を組むということが。

数を頼みにして、自分とは相容れない者を全否定してしまうような連中には反吐が出るんだよ。

というわけで、すっかりブログがつまらなくなってしまったので、休むことにします。

とは言っても、1ヶ月後の選挙が近づいてきたらまた血が騒ぎ出すかもしれない。
そうしたら、また何か書いてみようかと思う。
それまではしばらくさようなら。

最後に、くたばれ植草一味。
失せろ「自End」村。

これが私の「最後っ屁」だ。
スポンサーサイト



関連タグ : 植草一秀, 自End,