FC2ブログ
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

どういうわけか、マスコミは今回の太田誠一の失言問題に触れるときに「消費者がやかましい」という部分だけをクローズアップして伝えている。
そのせいか、ブログの中には「太田誠一は狙われている」だの、「言葉尻をとらえて揚げ足取りをしている」と書いて、無駄なことをしていると切り捨てているものがある。

たしかに言葉尻をとらえて揚げ足取りするのを見ているのはバカバカしいかもしれない。
しかし、太田は単に「消費者がやかましい」と言っただけでなく「日本の消費者は潔癖バカだ」とまで言っているのだ。
つまり、農水相太田誠一は国民のことをバカ呼ばわりしているのである。
これを見過ごしておけるものか。

消費者がやかましいと言っていただけならば、麻生太郎が苦し紛れのヘルプをしたところで誤魔化すこともできたかもしれない。
だが、「潔癖バカ」とまで言ってしまったのではさすがの麻生にも庇いようがないだろう。
なぜ、マスコミはこの決定的な失言の方を使わないのだろうか。

やかましいと言われたくらいで目くじらを立てるなという言説を展開していたブロガーも、己をふくむ国民がバカだといわれて、それでもなお「揚げ足取りの時間の無駄」をしていると言うだろうか。

百歩譲って、人間は誰しも失言をするものだという前提を持ってくるとしよう。しかし失言にもいろいろあって、言葉の使い方を単に誤るものから端なくもその失言に言った本人の普段からの思想や信条が現れてしまう場合まである。
そして太田が言った失言は、太田という人間の根底部分に巣くっている国民蔑視が顔をのぞかしたものと考えるのが妥当だろう。
このような男を大臣として押し頂き、血税から大枚の給与を支払ってやっていいものだろうか。
太田を庇い立てしたブロガーには是非とも弁明してもらいたいものだ。

さらに太田という人間は、これ以前にも連続レイプした男どものことを「元気があっていい」「男ならレイプするくらいが正常だ」と、人間として許すまじき言葉を吐いている。
ほんらいならば、すでにこの時点で太田誠一は政治家としての看板を下ろさなければならないはずだったのだ。

今回はこの失言問題に加えて、事務所費の不明朗な使い道が表沙汰になったことも問題になっており、太田は今日、証拠の品らしい領収書の束を両手に掲げて見せていた。しかし、領収書などいくらでも不正に作れるのだし、太田は肝心の人件費についてはプライバシーを盾にして明らかにしようとしなかった。
国民をバカ呼ばわりしたうえに、太田という男は国民の血税をも私腹を肥やすために使ったといっていいだろう。

このような男を大臣に任命したした福田康夫の責任は大きい。
レイプ犯を容認するような男をそれと知りながら大臣に任命した。
そして大臣になってからは国民を愚弄する発言をして言い訳に終始するのを座視している。

政治家としても人間としても欠陥があるこのような男が大臣に居座っていることを、国民は決して見逃すべきではない。
太田誠一は日本の恥である。
1分1秒も早く大臣を罷免し、政治家としての道をも断つべき卑劣漢である。
そしてこの男と気脈が通じているらしい麻生太郎といういかがわしい政治家にも、今後は厳しい目を向けていく必要があるだろう。


スポンサーサイト



関連タグ : 太田誠一, 農水相, 潔癖バカ,

ペシャワール会の伊藤和也さん殺害事件後、日本は国際治安支援にどのように関わっていくべきか。
これについては慎重に討議する必要がある。
すでに民主党の前原誠司は空自の派遣も考える必要があると言い出しているが、テロリズムに対して武力をもって抑え込もうとする考え方が短絡的なものであることは疑いようがない。

これも既に述べたことだが、暴力に対して武力で対抗しようとして上手くいった試しはないのだ。イラクが戦場と化してしまったのは、アメリカ軍が武力を持ってフセイン政権の圧政を覆し、平和をもたらそうとした結果であることを、今では誰もが知っている。

当初、アメリカのネオコンたちは6000億円で結着がつくと予想を立てていた。彼らは最新の兵器を使えばピンポイントで的の拠点を叩くことができるので、戦闘は一部の精鋭だけですむと読んでいた。
ところが実際には、アメリカ軍の最新兵器はほとんど役に立たず、戦闘は市街戦になって泥沼化した。軍事費用も大幅に跳ね上がって、今では2兆ドルを超えている。そしてなによりも、イラク、アメリカ双方に多大な死傷者を出してしまった。

アフガニスタンも同じだ。
タリバーン勢力を一掃するとして、アメリカは平和維持軍を送ったが、峡谷の洞穴などに隠れる敵に対してアメリカはひたすら空爆を繰り返し、その結果、誤爆が相次ぎ民間人に多数の死者が出た。そして一時は散り散りになったタリバーンは、最近ふたたび勢力を盛り返してきて、アメリカ軍はもちろんのこと国連から派遣された平和維持軍にも攻撃を仕掛けている。さらに悪いことは、相次ぐ誤爆や進駐軍の兵士たちの粗暴な振る舞いが市民たちの反感を買い、平和をもたらすためにやってきた軍が憎しみを買うようになっているという事実だ。

暴力には暴力を、武力には武力で対抗するというのは分かりやすい考え方だが、その効果はきわめて薄いということをわれわれは知らねばならない。
だから、前原誠司のような馬鹿者の言うことは一顧だにする必要はないのである。

ところが昨日、官房長官の町村信孝は、伊藤和也さんが殺害された事件を受けて記者会見を行い、テロとの戦いを継続していくためには洋上給油活動は重要且つ継続的に行われる必要があり、さらに今後はテロとの戦いに積極的にコミットしていくことが重要と考えていると述べた。
かねがね町村は、アフガニスタンには陸自の派遣も必要であると語っている男である。
伊藤さんが命を落としたのは武力の護衛がなかったからであり、これからは地上部隊を派遣して日本も積極的に武力によるテロ鎮圧をすべし、というのが町村の本音なのだろう。

しかし、そんなことをすればアフガニスタンは間違いなく、イラクがアメリカにとって泥沼の戦場と化したように、日本にとっても多大な被害をもたらすゲリラ戦を強いられることになるだろう。
そんなことになれば、これまで四半世紀に渡って地道な活動を続けてきた「ペシャワール会」のようなNGOの活動はますます難しくなるだろうし、日本人に対するアフガニスタンの人々の感情も変化して、外国人排斥の対象になるだろう。

これでは伊藤さんの尊い犠牲が何の役にも立たないことになる。「ペシャワール会」代表の中村哲医師は、おそらく今後も地道な活動を続けていく強い意志を持っているだろう。
だとすれば、国がやるべきことは、こうした人々の活動を支援することであり、日本が戦争を起こそうとしている国ではないことを明らかに示していくことではないのか。そうすることが、伊藤さんが拉致されたときにその行方を捜すのに協力してくれた数百人もの村人たちの心に訴えかけていくことになるのではないか。

闘いからは闘いしか生まれない。
そのことが町村をはじめとする政治家たちには分かっていない。
ISAFに積極的な考えを持っている小沢一郎も分かっているとはいえない。
さらに大手マスコミもまた、このことを報じることに積極的ではない。

テロ特措法の延長を止め、日本は一切軍事に荷担しないことを明確にしていく必要性を説く識者はいないものだろうか。
われわれがブログで声を上げるだけでは大した力にはならないだろうが、このことは強く訴え続けていく必要があると思う。

関連タグ : アフガニスタン, 平和維持, テロとの戦い,