FC2ブログ
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

多くのブログが、今日は麻生太郎を取り上げている。
まあ、当然のことといえば当然かもしれないが。
麻生太郎

国会内で会談した江田五月参院議長に対して、「民主党はほんとうに政権を取るつもりはあるのか。国民のことを考え、対話をするような雰囲気ではない。ドイツでも1回やらせてみようと、国民がナチスを選んだことがあった」と挑発。民主党出身の江田は直ちに反論し、この話を伝え聞いた民主党の鳩山由紀夫幹事長も「いくらなんでも民主党をナチスと同じ扱いにするのは許し難い暴言だ」と反発した。

あーあ、幹事長就任早々、またやっちゃったよ、麻生太郎

こいつには歴史認識もなにも関係なく、ちょっとでも状況に似たところがあるとナチスだろうがヒトラーだろうが平気でもってくる。

まったく、これがいい年をしたオトナなのかと疑いたくなるようなアホである。

麻生のアホさ加減については他ブログでもいろいろ触れていることだから、あえてここでも繰り返そうとは思わない。

問題なのは、麻生が失言したという事実よりも、いつかは失言すると分かっている麻生のような軽薄な男を改造人事の目玉として持ってきた自民党の方にある。
福田康夫はほんとうに麻生太郎が国民的な人気を持っていると信じ、その力を頼みにして内閣支持率を上げようとしたのだろうか。
もしそうだとしたら、福田康夫は人を見る目がないというものだろうし、国民感情を読み取る力が欠けていると言わざるを得ないだろう。

麻生太郎などが、ほんとうに人気者といえるのか?
政界一のマンガ好きと言われ、講演会ではおちゃらけた冗談で聴衆を笑わせることが得意というだけのこの男がもてはやされているように見えるのは、ただ単に、「親しみやすいキャラ」というだけであって、そこには敬意もなければ畏怖の念もまったくないのだ。
芸能界で言えばウド鈴木のようなもので、バカさ加減が愛敬として受け入れられているに過ぎない。誰も麻生太郎に政策の話など真面目になって聞く気などしないだろう。
客観的に見て、麻生太郎のような政治家はクズの値打ちもないと言うべきだ。

しかし自民党はその麻生に頼らざるを得ないほど、人材が払底し、国民を振り向かせることができない状態にある。
福田康夫が記者会見でいくら「安心実現内閣」とキャッチフレーズを連呼して見せようと、観客である国民の大半はとうに自民党には見切りをつけ、相手にしようとも思っていないのだ。

こうした状況にあって、麻生が「ナチス発言」をしたことを考えると、自民党がいまや抜き差しならないほど追い詰められた状態にあり、もはやかつての勢いを挽回するのは不可能なところまできていると見るのが自然だろう。

政権与党がアップアップの状態にあるということは、今もっとも注視されるべきは民主党をはじめとする野党がこれからどのような対応を見せるかと言うことだ。
まずは9月の代表選で民主党がどのようなマニフェストをかかげるか。社民党、共産党は反自民・公明勢力としてどんな戦略をとっていくのか。
麻生のようなバカ男の失言に浮かれているヒマはないはずだ。
スポンサーサイト



関連タグ : 麻生太郎, 失言, ナチス, 自民党,