FC2ブログ
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

子どもの頃からの動物好きで、なかでも犬とは人生の半分以上をともに暮らしてきた。
暮らしてきたとは言っても、ほんとうに自分で犬の世話をして、飼い主と言えるようになったのはそれほど前のことではない。犬に限らず動物を飼うということは、ある意味介護にも似たところがある。いくら愛着があっても、毎日暮らして行くには忍耐を要することも少なくない。
だから、子どもには動物は飼えないと思っているし、動物のすべてを受け入れる覚悟がない人間は動物を飼うべきではないと思っている。覚悟がない人間は、結局ものを言えない動物を虐待したり、棄てたりすることになる。被害を受けるのは常に弱い立場の動物だ。

犬が好きだから、ホームセンターに行くとついペットのコーナーに足を運んでしまうし、ペットショップの近くを通りかかると寄り道したくなる。
しかし、ショーウィンドウに並んでいる犬たちを見ていると、だんだん嫌悪感がわいてくる。そして性懲りもなくペットショップを訪れてしまったことを後悔する。

なぜかといえば、そこに並んでいるのは動物ではなく「商品」だからだ。
商品であるからには、売れるものしか並べない。
CMでチワワが可愛いと話題になると、ずらりとチワワが並ぶようになる。ミニチュア・ダックスフントが流行となると、大半のウィンドウに胴の長い犬たちが寝そべっていたりする。
しかし、あめ玉ではあるまいし、人気があるからといっていきなりある犬種だけを増やすなど、自然にはできるわけがない。できるわけがないのに、それでも大量の人気犬種がウィンドウに並ぶにはそれなりの裏がある。
その裏のことを思うと、嫌悪感がわいてくるのである。
ペットショップで犬を買うな、とは言えないけれども、私は買わない方がいいと思っている。
誰もペットショップで買わなくなれば、店が困るのがよくないからではなく、売れ残った犬たちがどうなるかを思うとまた暗然としてしまうから、完全に否定はできないのだ。

26日の朝日新聞夕刊に、国が新年度から施設に収容された犬猫にえさ代を補助することを決めたという記事があった。全国の自治体では2006年度に11万8000匹の犬と23万5000匹の猫が殺処分されたという。飼い主の都合で保健所に引き取られたり、棄てられたりした犬猫が大半だ。私が伝え聞いた話でも、一時流行したシベリアン・ハスキーが保健所にあふれたことがあるという。飼いきれなくなった大型犬を見捨てた飼い主が大量発生したのだ。

引き取られた犬猫は、数日で殺処分されてしまうが、新しい制度は少しでも殺さずに動物たちに生きる機会を与えるために作られた。具体的には収容されてから3日分のえさ代が出るに過ぎないのだが、それでもないよりはいい。もし、その間に飼い主が決まれば、予防ワクチンの費用まで負担するという。
この施策は民主党の松野頼久衆議院議員が提案してきたもので、政府も今後10年間で犬猫の殺処分数を半減させることを目標に掲げているという。

久しぶりに見る、政府の前向きな施策だ。
ならば今度は国民も応えていく必要があるだろう。
犬猫を飼おうと思ったら、ペットショップではなく動物保護センターなどに引き取られている犬猫をもらい受けることだ。民間で里親を探している団体もある。そうしたところから引き取るようにするのだ。
わが家には今年9歳になる犬2匹を筆頭に、6歳、4歳の犬がいる。彼らも老いて、いつか旅立つ日が来る。それを思うと辛くて仕方がないが、彼らが年老いた分、私も老いているのである。これから再び子犬を飼おうとは思わない。
もしもまた、犬を飼うことがあるのなら、そのときはきっと可愛そうな犬たちの里親になってやりたいと考えている。そうやって少しでも「処分される」犬たちを少なくすることに協力したいと思っている。
スポンサーサイト



関連タグ : , 殺処分, 松野頼久, 民主党,

週末の夜遅くに放送されたニュースで、先にガンでなくなった民主党の山本孝史参議院議員の追悼演説の模様が映し出されていた。
尾辻秀久
演壇に立って追悼原稿を読み上げる自民党の尾辻秀久参院議員会長は、ときどき声を詰まらせながら「あなたは参議院の誇りであり、社会保障の良心でした」と締めくくった。
尾辻は厚労相時代、ガン対策や自殺対策に力を注いでいた山本議員と共闘した間柄であり、親交も深かったようだ。
傍聴席では演説を聴く議員たちが与野党の別なくもらい泣きをしている姿が目についた。

このニュースは、演説が行われた23日にはほとんど放送されなかったらしい。しかし、この一事は与野党の壁を越えた友情の現れとして、自民党と民主党の対立が続くなかで生まれたひとつの美談として新聞が取り上げていた。ブログでも、対立と論争で明け暮れるだけでなく、国会にもこのような心温まる光景があっていいといった趣旨の記述が見られる。

亡くなった人に対してはそれぞれの思いがあるだろう。それは否定しない。

しかし、それでも私はあえて思う。
もはや亡くなって何もできなくなった人に涙を流す暇があるのなら、国民の方を振り向き、多くの国民がどれだけ生活に苦しんでいるのか、大きな不安を抱えて生きているのか、劣悪な条件で働いているのかを見てほしい。
死者よりも、生者をこそ見て、涙を流して欲しい。それが国会議員としての努めなのではないか。あの涙を流していた議員たちの中で、いったいどれくらいの人数が、国民のために涙を流せるだろう。
「あなたは、社会保障の良心でした」とたたえる気持ちがあるのなら、現実の社会保障をもういちど見直してみたらどうなのだ。構造改革のために、今や日本の社会保障はズタズタにされているのだ。高齢者にも医療費を負担させ、生活困窮者には生活保護を与えず、保険料を滞納する者には10割負担を強いて社会保障の枠から締め出しているのが、今の日本の社会保障の姿だ。

春以降、国民生活には電気、ガスをはじめ食料品などの大幅な値上げがのしかかってくることが確実になっている。生活はどんどん苦しくなっていくのだ。賃金は上がらず社会不安は大きくなるばかりだ。国民はみな喘ぎながら生活をしている。毎年、交通事故死者をはるかに上回る自殺者を出し、極貧の生活から餓死する者が100人単位で出ている。
これからもこんな状況が続くのを放っておいていいのか。
この状況にこそ、涙するべきなのではないか。

演説が行われた23日には東京にも雪が降った。翌24日は強い低気圧のために関東地方に冷たい北風が一日中吹き荒れた。
職を失い、路上で生活することを余儀なくされた人々は、どんな思いでこの厳しい日々を送っているのだろう。彼らの中には働きたくても働けない者が相当数ふくまれている。働いても生きて行くに足るだけの収入が得られない者がふくまれている。
こうした人々を、一刻も早く救うべきではないのか。その辛さに共感すべきではないのか。

今日は大阪で府知事選挙の投票が行われる。
人間としての信義にもとる橋下徹が、まんまと得票を伸ばしていくのか。
もう少し真面目に府政を考えている民主党、共産党の候補が勝てるのか。
この選挙は、生者に対して温かい目を向けられる候補者を選ぶ選挙だ。
大阪府民の動向に、全国の心ある人々の目が注がれている。

関連タグ : 山本孝史, 社会保障, 橋下徹, 尾辻秀久,