上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京オリンピックも半ばを過ぎたかと思うが、この間なにが不満かといえば、放送各局がニュース報道を放棄したかのごとく政治や経済、社会の出来事を報じなくなってしまったことだ。
ことにひどいのがNHKで、7時のニュースまでがオリンピックの中継と結果報告に費やしている。
9時からのニュース23ではメインキャスターの青山祐子が北京に行ってしまい、毎日社会のことなど忘れたかのように嬉々としてオリンピックを伝えている。

なんだろうね、このはしゃぎぶりは。
そんなにお祭り騒ぎが嬉しいか。

オリンピックなどはどうでもいいと思っている私は、ナショナリズムむき出しのアナウンサーどもを憎々しげに睨みつけてはチャンネルを替えることになる。

おかげで昨日は出演者たちがやかましくしゃべりあうことで普段は敬遠している「たけしのテレビタックル」を見てしまった。

その中で原油高騰の話題が出て、森永卓郎が現在の原油高騰はバブルであり、必然的にはじけるという見方を述べていた。
現在、レギュラーガソリンでリッター170円台後半というのが私の近辺の価格だが、先週から今週にかけて原油価格が下がったというのにガソリン価格には目立った動きはなかった。

もともと原油価格が高騰したのは投機マネーが原油市場に流れ込んだためにはじまった。それをさらに遡れば、アメリカのサブプライムローン問題で不動産バブルがはじけたことにつながっていく。不動産で儲けを見込めなくなった投機筋が、こんどは確実に需要があり儲けが短期で手に入る原油市場に目をつけたというわけだ。これに中国やインドなどの経済発展による原油需要の高まりがからみ、原油価格は一気に上昇した。

しかしこの原油バブルも、森永が言ったようにそろそろはじけようとしているようだ。
読売オンラインによると、国際指標であるニューヨーク市場の原油先物価格は、7月11日に1バレル=147ドルの最高値をつけたあと下落し、このところ110ドル台前半で推移。下落幅は30ドルを超えたと伝えている。
ただし下落したとはいっても原油価格は1年半前の約2倍という高水準で、読売の記事は先進各国は今後さらに投資ファンドへの規制を強化するなど、原油価格のさらなる下落で協調すべきだと続けている。

まったくその通りだが、現在の石油価格の高騰が国民生活を強烈に締め付けているという事実を前にして、日本国内でも取るべき対策があるのではないか。
森永卓郎とともに出演していた三宅久之は、政府が緊急時のために備蓄している石油を今こそ使うべきだと言っていた。今使わなくて何のための緊急用備蓄なのかと。
これもまた、その通りだ。
ただし備蓄している石油を使ったところで全国の石油価格に与える影響はわずかだろう。
もっと目に見える効果的な対策はないものか。

となると、私はやはりガソリン税を廃止することしかないように思う。
今、政局は上げ潮か増税かと揉めているが、国民不在の不毛な論議を重ねる前に、暫定税率を廃止すべきだ。暫定税率を廃止すれば道路が造れなくなると言うが、道路を造るよりも国民生活を立て直す方が重要であることは明らかだ。それでは困る、一般税にしたときの財源がなくなるというのなら、本気になって今まで積み重ねてきた無駄をなくし、公務員の天下り先をなくせばいいのだ。こういうことは口先だけでなく、本当に困らなければやれないものだろうから。

原油バブルは必ずはじける。
しかし、バブルがはじけたとして、ガソリン価格が1年前、2年前の水準に戻るとは誰も保障できまい。
国民の生活を立て直さなければならないというときに、自然の成り行きに任せていたのではいつまでたっても問題は解決しないだろう。やはり政府による強いリーダーシップが今もっとも求められているのだ。
しかし、繰り返しになるが今の自民党は上げ潮派と増税派が対立し、福田康夫は公明党=創価学会の意向に左右されて臨時国会をいつ始めるのかもよく決められずにいる。

やはり今は、一刻も早く政権を交代し、野党に国政を任せるのがいちばん効果的で手早い対策になるのではないかと思う。

それにしても、だ。

こうした国民生活がかかった重要な問題が山積しているというのに、オリンピックに夢中になっているテレビ報道の姿勢は批判されるべきだ。
もはや民放には何も望むまい。望む方が無駄だ。
しかし国民から金を取って放送をしているNHKの責任は重い。
オリンピックの中継をした方が国民が喜ぶなどと思っているのなら、大きな間違いで、それは国民蔑視というべきものだろう。

せめてNHKくらいは。
お祭り騒ぎに浮かれずに、地に足の着いた報道をしてもらいたいものだ。

スポンサーサイト

関連タグ : NHK, 報道, 北京オリンピック, 原油高騰, 国民生活,

そもそもNHKがアサヒビールの相談役である福地茂雄を会長にしたところから、NHKに漂う薄汚さは拭いようがなくなってしまったように思う。
福地茂雄
昨日16日、NHKは夜10時から元職員による株のインサイダー取引問題の検証番組を放送した。
番組では事件の経緯をVTRで再現していたが、驚くべきことに、逮捕された3人の元職員は業務中に抜け出しては廊下で株の売買をしたり、職場から徒歩数分のところにある自宅に戻って会社のパソコンを使い、株取引をしていたというのだ。
しかも、業務中に行っていた株取引の回数は、2年間に5000回を超える者もいた。平均すると1日7回も取引をしていたというのには、出演していた立花隆も驚き、呆れていた。
NHKの職員は、いつ仕事をしているのだ?

その立花隆がもっとも憤慨していたのは、この検証番組を作ったNHKの誠意のなさだろう。
一見、批判を真摯に受け止めているように見せながら、逮捕された元職員については名前を出すだけに止め、顔写真は出さなかった。この問題に憤りを感じている視聴者はじめ多くの国民は、是非ともこれらの元トンデモ社員たちの顔を見てやりたいものだと思っていたのではないか。しかしNHKはそれをしなかった。
3人の元職員のうち、水戸放送局のディレクターだった男は、逮捕後に自分の名前が公表されないよう訴えを起こして却下されている。もう一人の男は、不正が暴露された後、証拠になるパソコンを破壊して証拠隠滅を図っていたという。
こいつらは、自分が報道機関に勤める者として、ジャーナリストとして、どれだけ恥ずかしいことをしたかを恥じるどころか、逃げと開き直りを打っていたということだ。
なぜNHKはこんな者どもを庇い立てして写真を公表しなかったのだろう。

また、第三者委員会による調査では、NHKの職員たちの多くが株取引をやって資産を増やすことに熱心だったことも明らかにしていた。なかにはNHK職員のくせにフジテレビ株を買い、ライブドア事件のときに売り逃げて儲けていた奴もいたようだ。
そのこと自体は不正とはされなかったが、儲けのためにはフジテレビだろうが何だろうが見境なしに株を買うという、その根性がいかにも卑しい。
青山祐子
「7時のニュース」や「ニュースウオッチ9」に出てくるアナウンサーたちも、もしかしたら株で一儲けを企んでいるのだろうか。そんな目で、これからはNHKの放送を見るようになってしまう。
これはたとえば、私はべつにファンではないがフジテレビの滝川クリステルが日本テレビ株を買い漁って一儲けしようとしていたと聞いたときに、どう思うかということに通じる。

NHKは昔から給料が安いと聞いていたが、それは民放に比べれば安いということで、職員たちがせっせと株取引をするだけの余裕を持つ程度には給料が出ているということだろう。
それはそれで結構な話かもしれないが、その給料は、元をたどれば国民から強制的に徴収している放送受信料から支払われていると思うと、やはり面白くないものがある。

今回行われた調査では、81人が勤務時間中に株取引をしていたことが明らかにされており、いつから始まったことかはわからないが、NHKでは勤務中に株取引をすることが常態化していたことをうかがわせた。
こうした土壌を作ったのは、やはり報道とは無縁で利益追求のみに生きてきた福地茂雄のような男をトップに選ぶNHKの体質そのものといえるだろう。

第三者委員会の調査では、943人が調査に協力しなかったことも報告しているが、これもまた嶌信彦が呆れた通り、組織の信用が失われようとしているときに何ら危機感を持っていないNHK職員が多いことを証明している。

NHKの不祥事は2004年の制作費不正支出から始まり、先日は裁判で勝訴したものの番組制作に政治家の意向を取り入れた疑惑を持たれるなど、そのイメージは年々悪くなってきていた。その流れのなかで福地茂雄が会長に就任し、職員あげての利殖行為が暴かれて今日に至っているのである。
NHKの職員だって金は欲しかろう。
しかし公正中立を要求される報道を行い、社会に弱者がいることを伝えて国民生活を守る番組を作るべき放送局の職員が、己の懐を豊かにするのに励んで不正を行い、反省するところが少ないとなれば、やはり金儲けはやってはいけないのだ。

立花隆は、なぜこのような不正を行う者が高い地位を得られるようになるのかが解せないと言い、利殖に励むことを恥じない職員を採用する制度に問題があるのではないかと苦言を呈していたが、その通りである。

NHKでは第三者委員会の報告を受け、今後は「原則として」報道に携わる職員の株取引を禁止するなどと対策をしめしていたが、「原則として禁じる」ということは「例外は認める」ということではないか。
NHKの対策はいかにも手ぬるい。
今後もNHKはこの問題について、継続的に報告していくと言っていたが、福地茂雄はこれ以上踏み込んだ調査を行うつもりはないとも言っていた。
ならばせめて、第三者委員会が提出した報告書を公表するくらいはしてみたらどうなのだ。

トンネルに迷い込んだNHK。その闇はまだまだ続き、薄汚れたイメージはこれからも拭いようもなく色濃くなっていきそうだ。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : NHK, 福地茂雄, インサイダー取引,

「きっこのブログ」3月9日のエントリで、テレビとパソコンどちらを選ぶかというアンケートをやっていた。
面白いと思って私も参加させてもらった。
きっこさんも言っていたけれど、今のテレビコンテンツはもうたまげるほどつまらなくて私もウンザリしている。テレビ放送がデジタルに代わり、今までの受像器じゃテレビが見られなくなるなんて脅されたってかまうもんか。
誰がテレビなんか見てやるか。そう思っている。

で、「これから死ぬまでテレビかパソコン(インターネット)のどちらか片方しか使えなくなるとしたら、あなたはどちらを選ぶのか」という設問で、
1.テレビを選ぶ 2.パソコンを選ぶ 3.両方いらない
の選択肢から私が選んだのは、とうぜん2.パソコンを選ぶだった。

最近になって、このアンケートの結果はどうなったのだろうと思って見ると、今日現在、
テレビを選ぶは、757票
パソコンを選ぶは、8677票
両方いらないは、407票
となっていた。
圧倒的にパソコンで情報を得る、あるいは動画を見るという人が多いというわけだ。

あれだけしょうもない番組を毎日垂れ流しているのだから、テレビを選ばないという人が10倍以上になるのも仕方がないだろう。
まして、デジタル放送に切り替えるには、自腹でチューナーを買ったりアンテナを立てたり、テレビを買い換えたりしなくちゃならないのだから、テレビを見なくなる人はもっと多くの割合を占めるのではなかろうか。

昨日はNHKで放送記念日特集をやっていて、私は途中から見たのだが、テレビを取り巻く日本人の生活環境は確実に変わってきていることを紹介していた。
モデルケースで登場した家庭では、子供二人と両親、その母親が暮らしていた。
少し前までは、子供二人がチャンネルの主導権を争って喧嘩になっていたと言うことだが、今では二人ともテレビには見向きもしなくなっている。
テレビを見て喜んでいるのはお婆ちゃんで、「こっちの方が面白いのに」と言いながら、孫にリモコンを奪われることもなく、ニコニコしている。
けれども、かつてはテレビを中心に家族そろって食事をしたり寛いだりしていた風景がなくなり、今では背中を向けてパソコンに熱中している孫たちの姿に、お婆ちゃんの笑顔も少しばかり淋しそうだった。テレビが茶の間の主役だった時代は20世紀とともに終わりを告げたかのようである。

21世紀になり、今やテレビに替わる娯楽の中心はゲーム機であったり、パソコンで見る動画サイトであったりする。それらに共通しているのは、「いつでも、楽しみたいときに楽しむことができる」である。

私が小学生の頃は、「昨日、ゲバゲバ見た?」なんていうのが挨拶代わりだったのだが、今は「スターウォーズ犬知ってる? 見てみなよ」というふうになってきている。
ずいぶん様変わりしたものだと思うが、それも仕方がない。
日本ではキー局を中心に電波の独占状態が続き、それに胡座をかいてきたテレビ局の連中は省コスト、高利潤ばかり追及するようになって番組のクオリティをどんどん下げてきた。
テレビ離れはパソコンとブロードバンドの普及が原因などというけれど、ほんとうの原因の多くは、彼らテレビ局がおごり高ぶってきたことのツケが回ってきたということにあるのだと思う。

だから、いまさら地上波デジタルになって画像が綺麗になります、チャンネルが増えますとか言ったって、誰もそんなこと魅力に感じなくなってしまっているのだ。
くだらない番組が、いくら綺麗に見えたって、本数ばかりが増えたって、誰も見るわけがない。
2011年7月はどんどん近づいているというのに、テレビ局はどれほどの危機感を持っているのだろうか。

もちろん、いくらくだらなくても、テレビ放送はなくならないだろう。
けれども、それを見る人の数はきっと激減するだろう。
NHKに視聴料を払ってまでテレビを見るという人も減りこそすれ、増えることはないだろう。
視聴料がなければ番組が作れないというのなら、NHKはアーカイブに徹して、これまでの遺産で食いつないで行けばいい。あとは報道番組をネットで配信するだけでいいだろう。

民放は、系列の新聞社の力も同時に弱くなってきていることからテレビ局の再編がはじまるだろう。
その結果、電通と結びついた巨大メディアと、それ以外の数多の弱小メディアに二極化していくだろう。

茶の間に置いてあるテレビはDVDか、ゲームのモニターとしての役割が中心になるだろう。
テレビ番組を見るときは、パソコンや携帯で録画したものを見たいときに見る。
それで十分だと思われるようになる。

かくして2011年を一大商機と見ている電機業界とテレビ業界の皮算用は見事にはずれ、業界の大リストラが始まる。高年収をいいことに肩で風切って歩いていたテレビマンたちが、打ち萎れた姿で安酒場にたむろする姿が見られるようになる。

あと3年とちょっとで、世の中がそんなふうに変わる。
私はそんな夢想をしているのだが、どうだろう。

そのとき、あなたはまだテレビを見続けていますか?


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : テレビ, 地上波デジタル, 動画サイト, NHK, 民放,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。