上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日27日は、国連が定めた国際ホロコースト追悼記念日にあたる。
第2次世界大戦当時、ナチス・ドイツはユダヤ人ら600万人を虐殺したが、1945年の1月27日、悪名高いアウシュビッツ強制収容所から生き残った人々が解放された。
国連がこの記念日を制定したのは2005年だが、5回目の記念日を前にして、世界ではイスラエルによるパレスチナ侵略とアラブ人虐殺に抗議して反ユダヤ的行為が各地で起きているという。

それはそうだろう。
ユダヤ人たちは地球上の誰よりも辛く、苦しい日々を送り地獄のような毎日を味わってきたというのに、その経験を活かそうとせずに同じような思いをパレスチナに暮らすアラブ人たちに加えてきたからだ。
反ユダヤ主義に同調して暴力をふるったのでは、結局その行為もまたナチスやイスラエルと同じ行為をしていることになるのだから、私は各地で起きている騒ぎには反対である。
けれども、気持ちの上ではイスラエル人たちを決して許せないと思っている。

同時に、ナチスやイスラエルと同じように許せないのは、今の自公政権だ。

昨日のエントリで眠り猫さんが民主党に対して送ったメールのなかにあった次の文章が忘れられない。

「今の経済の困窮の折、ここ10年近く、毎年3万人の自殺者が出ている。1日80人以上の死者だ。ガザ虐殺より多い。」

私は、1月23日のエントリで戦争というものが人間性を推し量る試金石だと書いた。
眠り猫さんのこの一文を読んで、何も感じない人間がいるとするならば、その人間は冷血漢であり、自公政権とともに同じ日本人である同胞を10年にわたって大量に殺しておきながら、なお平気な顔をして自分のことだけしか考えられない最低の人間だと思う。

今月14日には、大阪で49歳の元派遣社員がワンルームマンションの自室で餓死と見られる死体で発見された。冷蔵庫の中は空で、所持金はわずか90円だったという。行政解剖の結果、胃腸に残留物はなく、低栄養状態だったことが明らかになっている。

社会保障制度を崩壊させ、労働環境を破壊してきた自民党と公明党による政治が生んだ犠牲者である。
職を失い、生活に困っても拠り所にするものが何もない社会を自公政権は作り上げてきた。
その結果、毎日平均して80人もの人が自ら命を絶ち、あるいは誰にも知られないまま孤独に飢えて死んで行っている。
どう考えても今の日本社会は異常としか言いようがない。
自公政権が日ごと夜ごと日本全国に絨毯爆撃を仕掛けているおかけで、生活に行き詰まることや餓死することさえも人ごととは考えられない状況になってしまった。
国民が餓死する国。それが今の日本だ。

リーマンショック以来、極端に景気が悪化しているアメリカでさえ、飢えている人や困っている人には助けの手がさしのべられている。
日本では人を救うと言っている宗教団体を支持母体にしている政党が政権の座にありながら、誰も助けようとせず、次々と犠牲者を増やし続けている。
これが異常でなくて、何が異常だというのだ。
キリスト教国のアメリカならば、政府に替わって教会が慈善活動を率先して行うが、この国ではどの宗教家も声一つ上げようとしない。
これは、見ようによってはガザで起きた虐殺以上に酷い状態といっていいのではないか。

大阪の共同住宅の一室で死を迎えた男性は、果たして今年何番目の犠牲者だったのだろうか。
景気の悪化で経営が厳しくなっている全国の中小企業経営者たちは、目前に迫っている年度末をどのような思いで迎えようとしているのか。今年3月は、もしかすると今までになく自殺者が増えることが懸念されている。
それに対して政府は何をしているか。
とてもではないが、ソマリアなどに自衛隊を派遣しているときではないのだ。
政治家たちは、今の日本国内で起きている戦争をなんとかして終わらせなければならない。
それが何よりも優先すべき事柄だ。

そして憎むべき新自由主義による政治を続けてきた自公政権を何としても打ち倒さなければならない。

この見えない戦争が終わったとき、その日を日本のホロコースト追悼記念日として永く伝えたいものだと思う。

スポンサーサイト

関連タグ : ホロコースト, 餓死,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。