上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノータリンの農水大臣・太田誠一が事実上更迭されたものの、食の安全と国民の健康に関わる重大な問題は国民の頭上に放り出されたままである。
中国製毒入りギョーザの問題は未解決だし、残留農薬メタミドホスにダイオキシンの毒性もしのぐというカビ毒アフラトキシンに汚染された毒入り米が食用に転売されていた事件は留まるところを知らない様相を見せている。
さらに、今度は再び中国発の毒入り食品が日本にも流通していたことが明らかになった。

こんどの有害物質はメラミンで、これを材料に混ぜるとタンパク質の量が多く見せかけられることから水で薄めた牛乳にこの物質を混ぜて中国の食品メーカーが乳児用粉ミルクとして販売していた。
ところがメラミンは人体に入ると結石を起こしやすく、このミルクを飲んでいた乳児が腎臓結石を起こし、死者まで出してしまった。

もともとメラミン入りの食品が問題になったのは、昨年、アメリカやカナダで中国産の原料を使ったドッグフードを食べた犬たちが、やはり腎臓結石を起こして死亡するという事件が相次いで起きたのが発端だった。総合栄養食として販売されているドッグフードには良質のタンパク質が多くふくまれていることになっているが、中国産の原料にはタンパク質を多く見せかけるために粗悪な小麦グルテンにメラミンを混入させていた。これを「プレミアムフード」などと偽って販売し、結果として2000頭以上の犬、猫も2000頭近くが命を落としてしまった。

愛犬家・愛猫家の間では、この事件によってちょっとしたパニックが起きたものだったが、昨年の段階ではまだ対岸の火事としてドッグフードメーカーや輸入会社は「日本で販売しているフードにはメラミンはふくまれていません」とアナウンスすることにやっきだった。

それが今年になって、やはり中国で、今度は人間が口にするものにメラミンが混入されて死者を出した。乳幼児を抱える中国の国民は今まさにパニックを起こしている。
今回のメラミン入り粉ミルクは安価な商品として、多くの一般庶民が購入して被害に遭っており、富裕層は高価だけれども本物のミルクを使って作られた製品を使っていたために被害がないというのがなんとも腹立たしい。

しかし対岸に向けた腹立たしさを、今度は日本国内に向けなければならなくなってしまった。
丸大食品(大阪府高槻市)は20日、同社の「抹茶あずきミルクまん」など菓子や総菜の5商品に、有害物質メラミンが混入している恐れがあるとして、商品の自主回収を始めたと発表した。同社はメラミン混入の牛乳を製造し、中国国内で死者まで出した現地の大手乳製品メーカー「伊利集団」から牛乳を購入、商品に使っていたことが分かったためだ。

事故米流通でも感じたことだが、焼酎を自主回収したアサヒビールにしろ、今回の丸大食品にしろ、利益を上げるために品質も価格も最低限の原料を使用していたためにこのような事態になったのではないかという疑念は深まるばかりだ。事故米を転売した悪徳業者どももそうだが、今は被害者面をしているメーカーも、結局のところ利益を上げることが何よりも重要とする新自由主義によって毒されていたとしか思えない。
事故米の場合は流通ルートに中間業者がいくつも介在し、彼らもまた儲けのことしか考えずに商売に励んだから、結果として残留農薬や猛毒のアフラトキシンに汚染された米が、和菓子の材料などでは高級米のような値段で売りさばかれていたというから慄然とする。
中国では金持ちは毒入りミルクを飲まずにすんだかもしれないが、日本の場合は誰が、いつ、どこで毒入り食品を口にしているか分からないところが恐ろしい。

花束を贈られ、拍手を受けながら農水省を後にした太田誠一は在任中、毒入り米から作られた焼酎には毒入りギョーザにふくまれる有毒成分の60万分の1しかふくまれていないから人体には影響がないと断言していた。
けれども、たとえ60万分の1にせよ、毒は毒に変わりないのだ。毒入りギョーザの60万分の1の毒が入った焼酎を飲み、有毒米が混じった握り飯を食べ、メラミン入りのミルクまんをデザートにしていたら、人間の体はどうなってしまうのだろう。
メーカーは問題のある商品を自主回収して責任を取ったようなポーズを見せるが、本当のところ、他の商品がどれだけ安心なのかわかったものではない。

さらに小中学校では給食に毒入り米を使ったオムレツや卵焼きが出されていたことも分かった。給食などはどこも材料費をギリギリに切り詰めているだろうから、安い価格で流通していた毒入り米はもっと長期にわたって使われてきたことだろう。

それもこれも事故米を悪徳業者に買い取らせ、遣りたい放題にさせてきた農水省にいちばんの責任がある。
今、日本では農水省の主導による壮大な人体実験が行われていると言っていいだろう。
微量にせよ、有害物質を数種類、長期にわたって摂取することによって国民の健康にはどんな影響が出るのか。
必要ならば文科省と厚労省も協力して貴重なデータを取ればいい。

国民の食と安全を守るべき為政者が責任を放棄したこの国で、人々の生活と健康がこれからどうなっていくのか。社会保障を削れるだけ削ろうとしているこの国がどうなるのか。

壮大でバカげた実験の場に、われわれは立ち会わされているのである。

スポンサーサイト

関連タグ : 農水省, 毒入りギョーザ, 毒入り米, メラミン, 人体実験,

冬木三男

すでに「食のテロ」などという言葉も見られるほど、三笠フーズによる事故米の転売事件が影響を拡大させている。

ほんらいならば工業用のノリなどにしか使ってはならないはずの農薬やカビで汚染された米が、こともあろうに食用と偽造して酒造メーカーや菓子メーカーに出荷されていたのである。
それと知らずに商品を作ったメーカーは、原料米に有毒物が混入していた恐れがあるとしてやむなく商品を自主回収せざるを得なくなった。

すでに鹿児島県の西酒造は代表的銘柄の「薩摩宝山」約30万本を回収しているほか、喜界島酒造(鹿児島県)、光酒造(福岡県)、抜群酒造(熊本県)、六調子酒造(同)、美少年酒造(同)が原料に事故米を使用していた可能性があると発表している。さらに今日になってアサヒビールも三笠フーズから仕入れた原料米を使っていたとして芋焼酎「かのか」や「さつま司」など9銘柄約65万本を回収すると発表した。

しかし、いくら商品が回収されたとしても、焼酎業界の今後の売り上げが大きく落ち込むことはさけられないだろう。

それは当然だ。
われわれ消費者はこのところ嫌と言うほど食品偽装に騙されてきたのだから。

売り手がいくら「安心です」「間違いありません」と太鼓判を押して見せたところで、おいそれとは信用できなくなっている。
事故米転売に限って言えば、たとえ今年作られた酒が汚染されている可能性があるとして回収されたとしても、去年以前に作られたものはどうなのかという疑問が残る。
実際、三笠フーズ冬木三男社長は事故米を食用米として転売する不正を5~6年前から行っていたと答えている。
単純に考えても、5~6年前から販売されていた米原料の製品はアヤシイということになる。
三笠フーズの米

さて、世の中では福田康夫が総理大臣の座を放り出してしまって以降、つぎの総裁は誰になるかという話題一色になっている観があるが、実はあたりまえのことながら、現内閣の閣僚たちは今も大臣職を務めているのである。

その証拠に、9日には舛添要一が年金記録の改竄に、社保庁職員が関わっていたことを認める発表をしているし、今日11日は法務大臣の保岡興治が死刑囚3人の刑執行を「粛々と」行った。

それでは国民の食の安全がかくも脅かされているこのときに、責任者の農水相太田誠一は何をやっているのか。
9月9日の時事通信によれば、閣議後の記者会見で太田誠一は「日本の食品は安全であるという国内外の評価があると思うが、それを損なう出来事で衝撃を受けている」と述べ、遺憾の意を表明。また、転売は農水省との売買契約に違反するとして、同社に違約金を請求する方針を明らかにした。 
太田誠一

中国製毒入りギョーザのように被害者はまだ出ていないとはいうものの、これだけ広範囲に影響が及び、国民の安全が脅威に曝されているというのに、三笠フーズはけしからんとして違約金を請求するだけか。
農水省三笠フーズを刑事告発する準備を進めているというが、それだけか。

すでに指摘されているが、農水省は1年も前から三笠フーズが事故米を転売している情報を知っていた。それなのに何ら手を打ってこなかった。
事故米の加工・流通状況を確認する検査に際しては、日程を業者に事前連絡していた。何十回となく行われた検査では、会社側が差し出す裏帳簿を何の疑いもなく信用して悪事を見逃してきた。
のみならず、農水省は事故米の売却先として住友商事に三笠フーズを紹介するなど便宜を図っていたことも分かっている。
これだけ見れば、三笠フーズが行った悪事は農水省が共犯だったといっても間違いにはならないだろう。

それなのに。

農水省は三笠フーズを告発し、違約金を請求するだけで問題がすむと思っているのだろうか。

今後、この問題が酒や菓子だけにとどまらず、味噌や醤油などにも影響が及ぶ可能性があるというのに、農水省は、その代表である太田誠一は国民に対してまず謝る責任があるのではないか。さらに、もっと重要なことは、三笠フーズが食用として事故米を転売した先をすべて公表する責任があるのではないか。
すくなくとも、国民にとってはこの2点がなによりも優先するはずの事項である。

アホな太田に「やかましい」「潔癖バカ」などと言われる筋合いはない。
太田誠一はすぐにもその間抜け面を国民の前に出し、謝罪をした上で農水相としての責任を取るべきである。

日本国中を食のパニックに陥れかねない事態が出来したというのに、今この国には先頭に立って国民を安心させ、被害を最小限に抑えるべく指示するリーダーがいない。

こんな事態を招いたのは福田康夫であり、自公政権であることを、われわれ国民はゆめゆめ忘れてはならないと思う。

関連タグ : 事故米転売, 三笠フーズ, 農水省, 太田誠一, 冬木三男, 食の安全,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。