上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どういうわけか、マスコミは今回の太田誠一の失言問題に触れるときに「消費者がやかましい」という部分だけをクローズアップして伝えている。
そのせいか、ブログの中には「太田誠一は狙われている」だの、「言葉尻をとらえて揚げ足取りをしている」と書いて、無駄なことをしていると切り捨てているものがある。

たしかに言葉尻をとらえて揚げ足取りするのを見ているのはバカバカしいかもしれない。
しかし、太田は単に「消費者がやかましい」と言っただけでなく「日本の消費者は潔癖バカだ」とまで言っているのだ。
つまり、農水相太田誠一は国民のことをバカ呼ばわりしているのである。
これを見過ごしておけるものか。

消費者がやかましいと言っていただけならば、麻生太郎が苦し紛れのヘルプをしたところで誤魔化すこともできたかもしれない。
だが、「潔癖バカ」とまで言ってしまったのではさすがの麻生にも庇いようがないだろう。
なぜ、マスコミはこの決定的な失言の方を使わないのだろうか。

やかましいと言われたくらいで目くじらを立てるなという言説を展開していたブロガーも、己をふくむ国民がバカだといわれて、それでもなお「揚げ足取りの時間の無駄」をしていると言うだろうか。

百歩譲って、人間は誰しも失言をするものだという前提を持ってくるとしよう。しかし失言にもいろいろあって、言葉の使い方を単に誤るものから端なくもその失言に言った本人の普段からの思想や信条が現れてしまう場合まである。
そして太田が言った失言は、太田という人間の根底部分に巣くっている国民蔑視が顔をのぞかしたものと考えるのが妥当だろう。
このような男を大臣として押し頂き、血税から大枚の給与を支払ってやっていいものだろうか。
太田を庇い立てしたブロガーには是非とも弁明してもらいたいものだ。

さらに太田という人間は、これ以前にも連続レイプした男どものことを「元気があっていい」「男ならレイプするくらいが正常だ」と、人間として許すまじき言葉を吐いている。
ほんらいならば、すでにこの時点で太田誠一は政治家としての看板を下ろさなければならないはずだったのだ。

今回はこの失言問題に加えて、事務所費の不明朗な使い道が表沙汰になったことも問題になっており、太田は今日、証拠の品らしい領収書の束を両手に掲げて見せていた。しかし、領収書などいくらでも不正に作れるのだし、太田は肝心の人件費についてはプライバシーを盾にして明らかにしようとしなかった。
国民をバカ呼ばわりしたうえに、太田という男は国民の血税をも私腹を肥やすために使ったといっていいだろう。

このような男を大臣に任命したした福田康夫の責任は大きい。
レイプ犯を容認するような男をそれと知りながら大臣に任命した。
そして大臣になってからは国民を愚弄する発言をして言い訳に終始するのを座視している。

政治家としても人間としても欠陥があるこのような男が大臣に居座っていることを、国民は決して見逃すべきではない。
太田誠一は日本の恥である。
1分1秒も早く大臣を罷免し、政治家としての道をも断つべき卑劣漢である。
そしてこの男と気脈が通じているらしい麻生太郎といういかがわしい政治家にも、今後は厳しい目を向けていく必要があるだろう。


スポンサーサイト

関連タグ : 太田誠一, 農水相, 潔癖バカ,

人の言葉尻をつかまえて揚げ足を取るような真似をするのは本意ではない。
けれども、先日の麻生太郎のナチス発言に続き、今度は農水相太田誠一がとんでもない発言をした。
これは捨てては置けない問題だ。
太田誠一

太田誠一は10日のNHKの番組に出演した折り、中国製冷凍ギョーザによる中毒事件などを受けた食の安全対策について、「日本国内は心配ないと思っているが、消費者がやかましいから徹底する」と述べたのだ。

これに対して毎日新聞は、国民が食の安全に対して過剰反応していると消費者を軽視したとも取れる発言と批判。
一方の太田はその後、「日本は消費者が正当な権利を主張する民主主義の国という意味での発言だった」と釈明した。

しかし太田の言葉を蒸し返して言うならば「消費者がやかましいから徹底する」とは、もし消費者がやかましくなければやらないということであり、中国産毒入りギョーザに対する消極的な姿勢が端なくも本音として現れているととっていいだろう。

まして、今、日本では国内でも各種食品の偽装問題が相次ぎ、高級料亭でさえもが客の食べ残しを使い回していたことが発覚するなど、食と食に関わる者の倫理観が厳しく問われているときである。
さらに、毒入りギョーザ事件では、死者こそ出なかったものの、重症患者が出ているのであり、一つ間違えば無差別大量殺人事件に発展する可能性さえはらんでいた。

こうした国民生活の基本に関わる重大な問題を抱えているにもかかわらず、「消費者がやかましいから安全対策をやる」という言い方はまったく不見識というもので、これは先にスーフリグループによる集団レイプ事件が起きたときに、レイプ犯のことを「元気があってよろしい」と言った軽率な発言に通じるといえるだろう。

麻生太郎は対立野党である民主党に対して「ナチス」という最大限の侮辱をしたのであり、太田誠一は国民に対して「やかましいから安全対策をやる」と侮辱的な発言をした。
政治家として、人間として、許されるべきことではないと私は思うのだが、当の野党からも国民からも大して声が上がらないのはどういうわけなのだろう。

こういうアホでトンマで無神経な男たちが国政に携わっていることの危険性には、もっと敏感にならなければならないと思う。

関連タグ : 太田誠一, 農水相, 毒入りギョーザ, 食の安全,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。