上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうもことのころ、体調と家庭の事情が絡み合ってブログの更新が滞りがちになってしまう。体調というのはまあ、ご存じの通り、鬱であるために何をするにも気力の維持が難しくなり「~をしなければ」と思うとそれだけで疲れてしまう。ことに秋になってからその傾向が強く出てしまい、そのため10月はずいぶん空白を作ってしまった。ま、「オータム・ブルー」というやつですね。
プリン


もうひとつ、家庭の事情というのはべつに夫婦の仲が険悪になったとかそういうものじゃないのだ。
実をいうと10月10日にまたしてもオカメインコの雛を迎えてしまい、その育児と他のワンコやら先住鳥たちの世話に忙殺され、それで余分なエネルギーが残らなくなってしまったのだ。オータム・ブルーの時期に育児(1日5回の差し餌やら温度管理やら)をするのは、これでなかなかヘビーなものだった。
苦労の甲斐あって、新しく迎えたオカメもすくすく成長し、今では自分で餌を食べ、部屋中を飛び回るほど元気である。これでわが家には3羽のオカメインコがいることになるのだが、朝夕の放鳥時には両手と頭の上にオカメが羽を休めるようになり、当然これではパソコンなど開いている余裕もないというわけである。
バラク・オバマ

さて、アメリカ大統領選でバラク・オバマが圧倒的な勝利を収め、第44代大統領になることが決定したことはすでに号外が出るほど報じられたし、ブログでも彼の勝利を祝福するエントリが数多く上った。8年間続いたブッシュ政権は、アメリカだけでなく世界にとってもあまりに大きな損失を招いたが、アメリカ人たちはようやくその過ちに気づき、政権交代を実現させた。いまさらではあるが、私もまずそのことを讃えたい。


もうひとつは、バラク・オバマが見せた言葉の力について、考えさせられた。

オバマが勝利宣言をした5日、日本では関口宏の「水曜ノンフィクション」に続いて久米宏の「テレビってやつは!?」が放送されていた。「水曜ノンフィクション」の方はオーソドックスな報道番組としてアメリカ大統領選とオバマの勝利を大きく取り上げていたが、それに続く「テレビってやつは!?」では、冒頭にまず久米宏が「アメリカ大統領選については、この前の番組で関口宏さんがやっていたので触れません」と断った上、ゲストとしてホリエモンこと堀江貴文被告を紹介したので思わず見入ってしまった。

この番組、久米特有のチャチャがしばしば入るのと、ゲストが総花的で話題が掘り下げられないのであまり感心はしていない。姜尚中がとうしてまたこの番組のレギュラーになったのか不思議である。
ただ、さすがに頭が切れる彼らしく、少ない時間の中で毎回(といっても、この日で3回目の番組だが)ピシッと鋭いコメントをするときは傾聴に値する。

この日も、今はもっぱらブログを書くことを日課にしているという堀江貴文に対して、「自分はブログはやらない。なぜならブログというのは個人のつぶやきであり、対話と議論を生み出さないからだ」と語っていた。これには隣に座って堀江を攻撃していた福岡政行もしきりにうなずいていた。たしか福岡だったと思うが、
「2ちゃんねるなどのネットの言論でいちばん多く使われている言葉は『許せない』なんですよ。つまり議論をするというよりもネットではあらゆる私怨が渦巻いているに過ぎない」
と切り捨てていた。
姜らの指摘に対して、堀江は「でも、ブログにはコメントやトラックバックという機能があって意見の交換をすることは可能だ」と反論していた。
ここまでで堀江対姜・福岡の対話は平行線をたどることになるのだが、堀江と同様、ブログを書いている私としても少々考えないわけにはいかなかった。

たしかに姜尚中の言う通り、ブログはあくまでその運営者が思ったことを書き連ねるネット上の日記であり、日記であるからには「個人のつぶやきのようなもの」と考えられるのは当然である。私自身、タイトルに「日記」とつけている通り、このブログは私という人間が個人的に考えていること、感じていることを書き綴っているものだという認識を持っている。だから、建設的な意見を寄せてくれるコメントはありがたい思っているが、それに対する返事を書くことについてはあまり熱心ではない。私は必ずしもここで議論を望んでいるわけではないのだ。もちろん、必要となれば議論をすることにやぶさかではないのだが。

しかし、その一方では、やはりネット上に公開されて不特定多数の目に触れる以上はなにがしかの影響を(たとえ一人だけでも)与えることがあるのではないかと思っている。言葉というものには力が備わっていると考えている。だから、社会的な問題に触れる時には私なりに考えて、できるだけこの社会がよくなるよう願いつつ言葉を選んでいるつもりだ。そして、たとえひとつひとつのブログは個人のつぶやきでしかないかもしれないが、同じような気持ちを持つ人々が集まれば、ブログが発する言葉もやがて大きな力を持ち得ると思っている。ブログが社会を動かすまでには、残念ながら今のところ至っていないが、ブログの歴史はまだまだ浅い。これからどういう形に進化していくかは私には分からないが、きっとブログ言論もそれなりの力を持つようになっていくと思う。

その好例のひとつが、自民党総裁選でNHKが7時のニュースで時間を拡大し、まるで自民党の宣伝番組のような内容を垂れ流したときの出来事だ。番組内容に抗議した内野光子さんがNHKコールセンターの係員から信じられない対応を受け、挙げ句に「あれは自民党のコマーシャルですよ」と言われたことを公表した。これがネット上で波紋を呼んで、ついにNHKが内野さんに対して謝罪した。
もうひとつはやはり今回のアメリカ大統領選で、バラク・オバマはyoutubeをはじめとするネット上の利器を活用することでマケインに差をつけていった。ネットで彼が発した「Yes we can.」という短いけれども力強く分かりやすいメッセージが、多くの人の心に響き、アメリカ人全体を動かすほどの力を発揮したのである。

ネットでは、バラク・オバマが地元イリノイ州シカゴの公園で行った勝利演説の全文を翻訳で今も読むことができる。シカゴの聴衆に呼びかける形で始まったこの演説は、やはり力強く、希望に満ちていて万人の胸に迫るものがある。彼の演説を聴いていた多くのアメリカ人が感動に涙を流していた映像は、今も忘れられない。ニュースで字幕を読みながら、彼らと一緒に涙を流した日本人も少なくないのではないだろうか。あの瞬間は、政治が人を感動させるものであり得ることを示すと同時に、言葉の持つ力が人の心を打ち振るわせ希望を与える可能性があることを示していたのだと思う。

言葉には力がある。
たしかに、われわれはバラク・オバマではないけれど、この社会が少しでも暮らしやすく、人々が幸せを感じながら生きられるものになるように願って言葉を紡ぐことでは変わらない。ひとつひとつのブログ(ことに私のブログのような弱小ブログ)は小さな力しか持ち得ないかもしれないが、われわれの発する言葉が共感を呼び、読む人の心を少しでも動かすことがあれば、日本でもきっと社会を変えていくことができると思う。

微力ではあるが、私はそのことに賭けたい。

スポンサーサイト

関連タグ : ブログ, 言葉の力, バラク・オバマ,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。