上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西松建設の違法献金事件で、小沢一郎が窮地に立たされている。
民主党はこれは国策捜査だとか、政権による陰謀だと公言して党を挙げて対決しようとしている。

昨日は政府高官の発言として「自民党側は立件できないだろう」という台詞が飛び出して、民主党側はいっそういきり立ったかに見える。
誰が言った言葉なのか。もしその台詞が本当ならば、やはり今回の小沢一郎に対する強制捜査は国策捜査であり政府の陰謀なのではないか。

しかし、私は陰謀論というのが大嫌いである。
陰謀論というのは詰まるところ憶測に過ぎず、自分がはっきりと見てもいないことに対してそれらしい理由付けをして満足してしまう。
そこには何の理性も、思索もない。
民主党にしてみれば、今回の事件が小沢一郎と民主党に打撃を与えるために行われた政権与党の陰謀だと想像すればそれだけで頭に血が上り、なんとしても自民党をやっつけてやろうという気持ちになるだろう。

だが、忘れてもらっては困るのは、民主党が自民党を倒すべく闘っているのは、国民生活を立て直すためであり、そのための政権交代なのだ。
党首である小沢一郎を信じるのはいい。党首を守ろうとするのはかまわない。
しかしそのために、政党が果たすべき役割を忘れてもらっては困る。

今日になって「自民党側は立件できない」と発言したのは元警察庁長官で官僚トップの漆間巌官房副長官らしいことが明らかになった。
民主党は週明けにも漆間氏を追及していく構えだが、その一方では西松建設の裏献金が自民党の有力議員にも10年以上にわたって総額6000万円程度わたっていたという関係者の供述が出てきている。
仮にその「有力者」が自民党政権の中枢を担っている人物だったとしたら、今度は自民党が打撃を食らう番だろう。

この一連の成り行きを見ていて思うのは、やはり思い込みで陰謀論を主張することの無益さである。
民主党には自民党の誰が裏金を受け取っていたにせよ、「それ見たことか」などと喜ぶようなことはせず、しっかりと地に足をつけた態度を見せてほしい。
そのためには、まず小沢一郎にかけられた嫌疑を明確に証明することであり、もうひとつは解散総選挙を行って国民生活を取り戻すという、政党が掲げていた目標をもういちど確認することだ。
それなくしては共闘していくだろう他の野党も納得できないだろうし、なによりも国民が承知しない。

陰謀論を捨てて党議に立ち返る。
今の民主党に求めるのはこれに尽きる。

スポンサーサイト

関連タグ : 陰謀論, 西松建設, 民主党,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。