上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日のエントリについて、ほげーという人物から捕鯨について勘違いしているようなので教えてあげようという親切なコメントをいただいた。

いい機会なので、私もあたらめて調査捕鯨と捕鯨問題について、もういちど勉強してみることにした。

まず、科学的な調査をするためになんでクジラを殺さなければならないのかがよくわからない。という私の疑問に対して、彼は、

致死的調査しないと、深海にもぐってしまい寿命も長く養殖での観察も出来ない鯨は、調査に何十年・何百年と言う時間がかかってしまい、現実的じゃないから 」
と教えてくれている。

これをもっと詳しく説明すると、調査捕鯨はクジラの生態や資源量を科学的に調査・管理するために日本政府が(財)日本鯨類研究所に許可を与えて、北西太平洋では1994年から、南極海では87年から毎年行っている。調査内容は、船上からの目視調査による資源量の推定(つまりクジラが何頭くらい泳いでいるか)や、全長・体重などの計測、さらに年齢、性別、内臓からのサンプル収集、胃の内容物の調査など、調査項目は100項目以上もあるという。

そして現在、南極海ではミンククジラが850頭±10%、ナガスクジラが50頭、ザトウクジラが50頭、捕獲を認められている。

北西太平洋では、ミンククジラ220頭、ニタリクジラ50頭、イワシクジラ100頭、マッコウジクラ10頭となっている。

20年間の調査によって、クジラの餌の種類や行動範囲、寄生虫や汚染物質の蓄積度合いなどのデータが得られているという。

これに対して反捕鯨国や反捕鯨団体からは、希少種であるクジラを殺す調査方法そのものに対する批判が寄せられている。また南極海は、国際的に認められた鯨の保護区であり、そこでの捕鯨活動がまた、非難の対象となっている。
つまり、国際的に見てもクジラを調査するためになんで殺さなくちゃならないか、理解されているわけじゃないのだ。
この点、ほげ-氏の「致死的調査しないと(つまり殺さなければ)調査に何十年・何百年という時間がかかってしまって現実的でなくなる」という説明は、いささか言葉が足りないように思う。
少なくとも、それじゃ私は納得できない。殺さなければ、クジラの生態とか寿命ってわからないものなのか? どんなものを食べているかとか、どれくらい汚染物質の影響を受けているかを調べるのに、毎年数十頭から数百頭も殺さなければならないのだろうか? それがわからない。
教えるならもっと親切に教えてくれ。

ほげー氏はさらに「捕獲した鯨の肉は、食用含めて有効に使わなければならないと言うIOCのルールがある 一般に鯨肉売られてるけど見たこと無い?
標本にもなるだろうけど、そんなのほんの一部 」
と書いている。

IOCというのは国際オリンピック委員会のことだったと思うが、これはICRWのことだろう。この条約では、調査副産物を可能な限り有効利用することが義務として定められており、捕獲したクジラの肉などを販売することはICRWの条約本文で調査実施国に命じている。調査実施国は、この売り上げ金をもとにして翌年の調査経費の一部にあてているというわけだ。
さて、条約で鯨の肉などは有効に利用しなければならないことになっているが、今回グリーンピースが問題にしたのは、日新丸乗組員12人が鯨肉を入れた段ボール箱47箱を自宅などに宅配便で送っていた点である。ほげー氏は、これを「グリーンピースの妄想」とかたづけているが、記者会見場で披露された段ボール入りの美しいウネスは、とても妄想の産物には見えなかった。このあたり、ほげー氏にはグリーンピースに対する偏見があるのではないか?

捕鯨船団の乗組員には、これまでにも下船の際に鯨肉を一人数キロずつ無料で配るということが慣習的に行われていたという。まあ、手土産としての「役得」というやつだ。これが基本のね。
しかし税金で行われている調査捕鯨にこういう「役得」があること自体、私はよくないことだと思うのだが、どうだろう。

それにしても、12人で段ボール箱47箱というのは悪質ではないのか?
もしこれが本当ならば、これだけの鯨肉を家族で食べきれるわけはなく、明らかに業者に横流しするのが目的だったと考えるのが妥当というものだろう。なにしろ、鯨肉は高級品なのだから。
もちろん、鯨料理の店は何軒も現実に営業しているのだから、鯨肉が表ルートで流通していることはわかっている。
けれども、47箱分もの大量な鯨肉がどこかに消えたとなれば、それは裏ルートがあると考えるのが普通だろう。

さらにほげー氏は、「(日本の調査捕鯨に)反対してるのはオーストラリアとかの「観光資源として鯨が必要」な国と、「政治的に日本を叩いておきたい」国がほとんど。あとは、反捕鯨国と仲良くしたい国が追従してるだけだよ」
と述べているが、ことはそんなに単純じゃないだろう。
日本国内にだってグリーンピースのように調査捕鯨に反対している団体がいるわけだし、食文化に対する考え方や野生動物に対する考え方(そのなかには鯨のような知的生物を殺してもいいのかという極端な考え方もふくまれているが)などが複雑に絡み合っている。

ほげー氏は、どうもグリーンピースに対する思い込みが強いようだが、捕鯨について教えを垂れるなら、あんたこそもうちょっと柔軟な頭を持って勉強をした方がよさそうだよ。

念のためにいっておくけど、私はかならずしもIWC(国際捕鯨委員会)の立場に与するものではない。
あくまでも、こんかい日新丸の乗組員が行ったと思われる不正について、問い糾したいと考えているだけだ。
毎年10億もの税金を注ぎ込んで、わざわざ国際問題を引き起こすような調査捕鯨など、もういい加減にやめてもいいのではないかとは思っているけどね。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : 調査捕鯨, 致死的調査, グリーンピース, 横流し,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。