上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪市此花区で起きたパチンコ店放火事件については、触れようと思っていなかった。

しかし犯人の高見素直(41)が自首して逮捕され、犯行の動機として「仕事もカネもなく、人生に嫌気がさした。通り魔みたいに誰でもいいから人を殺したいと思った」と自供したことを知り、これは触れておかなければならないと思った。

つまり、今回の事件もまた、人生絶望した人間が見知らぬ人を巻き添えに無残な犯行を起こしたことで、記録にとどめておく必要があると思ったからだ。

ここ数年、われわれは幾度となく人生絶望した人間が犯した犯行を目にしてきた。
近くは1年前の6月、秋葉原の歩行者天国に自動車で突っ込み、通行人をナイフで殺傷した加藤智大の事件が記憶に新しい。
翌7月には東京八王子市の駅ビルで、女性2人が包丁で刺され死傷した。捕まった菅野昭一は「大きな事件を起こして両親を困らせようと思った」と話し、誰でもいいから殺そうと考えていたことが明らかになっている。
さらに10月には大阪市浪速区の個室ビデオ店で客16人が死亡した放火事件。この事件では、離婚や早期退職で人生に挫折した小川和弘が捕まっている。
昨年は3月にも茨城県土浦市で金川真大が、人生に嫌気がさし、死刑になりたいという願望から8人を殺傷した。

どの事件にも共通しているのは相手は誰でもよかったという場当たり的な犯行である点と、その動機に人生に対する深い絶望が横たわっている点である。

こうした事件を防ぐにはどうしたらいいのか。
それぞれの事件後には、警察関係者や弁護士、心理学者など、専門家たちがテレビに登場してそれぞれの意見を述べていた。
ことに、凶器としてナイフが使われた土浦の事件と秋葉原の事件以降は、アウトドア用の器具としてどこでも売られていた両刃のナイフ(ダガーナイフ)が斑馬を規制されるようになった。
大阪で起きた個室ビデオ店の事件では、迷路のようになっている店の構造が問題となり、火災に対する備えの重要性が叫ばれた。

今回の高見素直が犯したパチンコ店放火でも、昨日のニュースでは消防関係者が出て、「どんなに規模が小さい店でも、スプリンクラーの設置が必要だ」と述べていた。

しかし、これらの犯罪のいちばん重要なポイントであるはずの、犯人たちがなぜ人生に絶望したのか、という点については何も語られない。
加藤智大が事件を起こした直後は、派遣労働者たちの過酷な労働環境や、人をモノとして扱う人材派遣業者やその受け入れ会社の非人間性が非難された。

けれども、それから1年以上がたった今、また同じように人生に絶望した男が人を無差別に殺傷する事件が起きたというのに、この男の絶望については語られることがない。

われわれは、あの秋葉原事件から1年が過ぎたというだけで、派遣労働者の問題も、非人間的な労働環境の問題も解決したと思っているのだろうか。
あるいは、この社会に生きることがいかに難しく、希望さえ持てなくしているという事実から目を反らすように教え込まれてしまったのだろうか。

加藤智大の事件のとき、私は、同じようにこの社会に絶望しているし、大きな不満を抱えて生きている。もしかしたら自暴自棄になって、私自身もまた破滅的な行動に出るかもしれない。加藤と私は同じ人間だと書いた。
その思いは今も変わらない。
社会は閉塞して息苦しく、名ばかりの自由はあるけれど、経済的な苦しさや精神的な辛さに、今にも押し潰されそうになっている。
こうしてブログを今も書いていられるのは、ほんの偶然と言ってもいいのかもしれない。

今の日本社会は、一部のゆとりのある人々にとっては過不足ない社会かもしれないが、生活にゆとりが持てない人間にとっては毎日がギリギリの崖っぷちを歩いているようなもので、一度バランスを崩したら、犯罪を犯すか自殺するしか自分を解放する術がない。

一連の無差別殺人事件で、いちばん語られる必要があるのは、この社会が持っている病理であり、歪みを正していくための方法についてだ。
ナイフの販売や所持を規制したり、火災の時にも対応できる設備を作るのは、下痢をしたときに下痢止めを飲むのと同じだ。たとえ薬のおかげで下痢が止まったとしても、体内に蓄積される有毒物質をすっかりはき出さない限り、根本的な治癒は望めない。

昨日のニュースでは、過労死・過労自殺についての報道もあった。
毎年3万人以上が自殺しているなかで、過労自殺もまた増加しているという。
しかし過労死や過労自殺をしたとしても、遺族がそれを証明するためには大変な障害があるという。
まず、企業側が社員を過労死・過労自殺に追いやったことを認めたがらない。
そのうえ、過労死・過労自殺の実態を知ろうとしても、労働局が企業名の公表を拒む。企業名を公表すれば、その企業の業務に支障が出る可能性がある、というのが理由だ。

自殺者が1日に100人も出ているという、戦争よりもひどい現実にありながら、企業にしても労働局にしても、なんという後ろ向きな姿勢だろう。
国は自殺対策プロジェクトをスタートさせているが、その成果は上がるどころか、一向に自殺者の数は減らず、今行っているような手ぬるい対策では早急な効果は望めないのではないか。

自殺もまた人生に絶望した人間が、最後に選ぶ道である。

生きて行くことの苦しさから逃れる選択肢が、犯罪か自殺しかないとしたら、あまりに酷いことだとはいえないか。

景気対策として気前よく補正予算からバラマキを続けてきた麻生太郎には、日本の社会が抱えている本当の問題が見えていないし、解決する気もないだろう。
この異常な社会の上でままごとのような閣僚人事を行い、不祥事を起こしては首を挿げ替えるといったゲームのような政局に明け暮れている人間どもには、犯罪を犯した人間や自殺していった人間の心の闇は分かるまい。

人の痛みを共有できない今の日本には、私はつくづく嫌気がさしている。嫌悪しているといってもいい。
自分でももてあましてしまうほどの嫌悪感を抱きながら、一縷の望みをまだ捨てきれずにいるのは、もうすぐ政権交代が実現し、今よりは少しでもマシな社会が実現できる可能性がないわけではない、と思うからである。

スポンサーサイト

関連タグ : 人生, 絶望, 過労死, 自殺,

以前から自分にとって大きなテーマであるにもかかわらず、なかなかブログで正面から取り上げることができずにいるものがある。
それは「貧困」だ。
反貧困マーク
今、フリーターをはじめとする若者たちの貧困が大きな問題となっており、仕事を得るにも企業側に都合のいい使い捨て労働力としての非正規雇用が大きな不安の源になっている。
二十数年前、私は鎌田慧の『自動車絶望工場』を読み、そこで働く期間労働者たちの非人間的な管理下での生活に大きなショックを受けた覚えがある。しかし、その状況は20年以上たっても改善されるどころか、季節労働者よりもさらに待遇が悪く不安定な労働条件で働く派遣労働者が大量に利用されることで、さらに劣悪化しているといえるだろう。

自動車絶望工場』は、トヨタの製造ラインで働く労働者の中に、鎌田慧が自ら入り込んで体験したものをルポルタージュしたものだけに説得力があったのだが、その本を読んだときの私自身、ある出版社の編集部に編集プロダクションから出向した形の派遣社員であり、業種はちがっていたものの、待遇の悪さや立場の弱さではある意味『出版社絶望編集部』にいたといってもいいかもしれない。ただ、私が違っていたのは、待遇の差や正社員の身勝手に憤ることはあっても、与えられた仕事を言われた通りにする仕事ばかりではなく、むしろ自主的な主張を持たなければ編集者として戦力にならないと判断された点であり、編集者としての腕前は大したことはなかったけれど、それでも正社員の何人かには負けない自負を持っていられたことだろう。
その自負の半分は、単なる思いこみに過ぎなかったのだが、自負を持っていられるのといられないのとでは大きな違いがある。
私はその当時、『自動車絶望工場』に描かれる、地方から集められ、機械の一部のように扱われる出稼ぎ労働者たちを、半ば他人事として読んでいた。

私が「貧困」をテーマに考えながら、なかなかメインに取り上げられずにいたのには、昔は持っていた自信が、その後の経験を通して実はいかほどのものでもないことが分かってきたからであり、自分もまた不安定な潜在失業者のひとり、つまりプレカリアートの仲間であるということを認め、そのことを白状した上でなければこの問題に触れることはできないと思っていたからだ。

正直言って、中年を過ぎた男が自分の現状をプレカリアートであると認めるのは辛い。実り多きはずのミドル・エイジに、自分自身が貧困層一歩手前にいると認めるのはなんとも体裁が悪い。
けれどもこのことを認めないことには、現在の貧困問題にコミットしていくことは難しいのも事実なのだ。

今こうして書いている間も、「貧困」の問題を私なりにどのように扱っていったらいいものか、分からない部分がある。
しかし、これは私が「ウツ」になったこととも関係があるが、自分の生活が苦しくなったのはライターとしての能力が劣っているからではないかと自分を責め続けた何年かがあり、仕事ができなくなってしまった(その結果、仕事の依頼も減ってしまった)のは自分の責任だと思い、毎日、死にたいと思っていた時期を顧みて、それは必ずしも私だけの責任ではなかったのではないかと思うようになっている。原稿を書けないライターは使い物にならないが、そういう人間に残される選択肢が自殺しかないとすれば、それは社会もどこかおかしいのではないか。もちろん、社会に甘えるのではない。しかし、卵を産まなくなったニワトリは潰すしかないという社会のあり方は非人間的と言わざるを得ない。
私自身が強く感じていた今の世の中の生き難さ、真綿で首を締め付けられるような息苦しさは、実はもっと多くの人が味わっているのではないかと思うようになった。

自分を責め、毎日目覚めるときがいちばん辛く、死んでしまえばいいのにと思い続けた時期、私をこの世につなぎ止めてくれたのは、私を認めてくれていた数少ない編集者の一人がくれた仕事だった。その仕事で入った金で、暮らしが楽になったなどということはまったくなかったが、それでも一つの仕事が私の価値を認めてくれたような気持ちにはなれたのである。

今の貧困の問題を解決するにはどうすればいいのか。
それは社会制度的に見れば、累進課税への回帰があるだろうし、企業の優遇税制を改めることに帰着するだろう。
それを実現させるには今の自公政権では駄目で、なんとしても政権交代を実現させなければならない。
しかし、かといって次に来る政権は民主党に任せていいかとなると、私はきわめて懐疑的である。
この点で、何が何でも自民党を倒せ、自民党を倒しさえすれば社会はよくなるという乱暴な考え方に、私はなじめない。

もし政権交代が実現なって、社会制度が改善されたとしても、それだけではまだ十分ではない。
私を認め、仕事を与えてくれた編集者のような存在がなければ、この社会は住みやすくはならないのだ。
では、そういう存在とはどういうものなのか。

「猫の教室」平和のために小さな声を集めようの眠り猫さんも、最近この問題にコミットしようとしているが、私も彼に触発されるかたちで、これからは折に触れて「貧困」の問題を私の立場から考えていきたいと思う。

関連タグ : 貧困, プレカリアート, 自動車絶望工場, 自殺, ウツ,

実をいうと、今、私は深い疲労と徒労感に襲われて、一種虚脱状態にある。
私は今、ある本の制作に関わっており、その下準備の原稿を400字にして300枚ちかく書いていた。
そのうちの3分の1ほどが、24日から25日にかけて忽然とパソコンから消えてしまったのである。
もちろん、ファイル名をつけて保存しながら書き続けていた。
やれやれ疲れたと一休みすることにして、いったんパソコンのスイッチを切った。

それがいけなかったのだろうか。
次にパソコンを立ち上げて、さて続きを書き始めようと思ったところ、保存しておいたはずの文書がどこにも見あたらないのだ。
一瞬、頭から血の気が引いた私は、パソコン全体に検索をかけたが目指す文書はやはり出てこない。見つかったのは、24日に作業を始めたときの、書きかけの原稿だけだった。
私はそれこそ、パソコンを裏返して見て、消えた文書を探してみたが、デジタル化された文字の羅列には形も質量もない。
つまり肉眼で探したところで、見つかるわけはないのだ。

溜息が出た。いったいどこをどうやって、文書が消えてしまったのか。
昔、DOSベースのワープロを使っている頃は保存を怠ったためにしばしば締め切り前の原稿を消してしまったことがある。パソコンが突然フリーズしてしまって、それまで書いていた原稿が、最初に保存しておいた書き出しの部分を除いて消えてしまったこともある。

デジタルの記号化された原稿は、一種のマジックのうえに成り立っている。マジックなのだから、パッと一瞬で消えたとしても当たり前なのかもしれないが、それまでかけた労力を思うと、私はひたすら悲しく落ち込むしか能がない。

というわけで、一昨日はブログの更新どころではなかった。
昨日も日付が変わるまで原稿を書き直していたので、ブログを書く余力がほとんど残っていなかった。

それでも、自民党政府が30日は衆議院で暫定税率を復活させることを決めてしまったようで、それが我慢ならず、短いエントリを書いた。自公政府に対しては、まだまだ言いたいことが山ほどあるが、昨日の私には「冗談じゃないぜ」と捨て台詞を残すのが精一杯だった。

しかし、私の仕事がどんな状況にあろうと、社会の方ではあとからあとからいろんな出来事が起こって心休まることがない。
昨日、一昨日は硫化水素による自殺者が連続して騒ぎを起こし、松本のサリン事件を彷彿とさせるような光景が見られた。
硫化水素自殺
テレビ、新聞も硫化水素の毒性をあげ、周囲の人を巻き込むような安易な自殺を戒める論調が目立っていた。
報道ステーションの古舘伊知郎などは、ネットでこうした薬物の情報を流すことは殺人幇助にあたるとして、その規制が必要であると、例のごとく眉をひそめて語っていた。

たしかに、ネットで簡単に毒物の知識を得ることができ、それを元に自殺を実行するのは如何なものかと思う。まして関係のない人々を巻き込むような死に方は断じてすべきではない。

それはわかる。当然のことだ。
しかし私は、手段は間違っていたにせよ、自殺を図った人たちが、なぜ死を選ばざるを得なかったのか。そのことをもっと知りたいと思った。
すでに知られている通り、日本ではこのところ毎年3万人以上の自殺者が出ているのだ。これはなんといっても異常な事態で、自殺防止のために何らかの手を打つ必要がある。その「手」とは、死のうとしている人々に希望を与えることに他ならないのだが、残念なことに今の社会は絶望ばかりを国民に与え続けている。
一人浴室に入り、自ら発生させた毒ガスを吸いながら、意識を失っていくまでの間、彼らはどんなことを思っていたのだろう。
古舘伊知郎
マスコミは、硫化水素を使った自殺そのものを伝えるだけで、死んでいった人々のことは伝えようとしない。
しかし、練炭を使った集団自殺にせよ、こんどの硫化水素を使った自殺にせよ、これらが発生した背景には社会に対する絶望があると思えてならない。
古舘伊知郎は、ネットで情報を規制すべきだと言う前に、こうした自殺が生まれる背景に思いをはせ、想像力を働かせて、自殺そのものを減らす努力の大切さを訴えるべきだったと思う。

人はなぜ、自ら死のうと思うのか。
それは社会が、政治がそうさせているということを見逃してはならないと思うのだ。

そんなことを考えつつ、私は、失われてしまった原稿を、ふたたび書き始め、へとへとになって、一瞬「こんな思いをするのなら、死んだ方がましだ」などと考えたりしているところなのである。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : 古舘伊知郎, 硫化水素, 自殺,

クリスマスも終わって、世の中のムードはすでに正月に向かっている。
昨日は東京のオフィス街を歩いたが、ビルの入り口にはもう注連縄と門松が飾られていた。

しかし、世の中がクリスマスだと騒ごうと、正月だと盛り上がろうと、私の中では年々それらを意識する気持ちが薄れていっている。
年中行事のひとつとして、クリスマスにはローストチキンを焼きプレゼントを娘に与えるが、ケーキに立てたロウソクの火を吹き消したところで、気分は一向に盛り上がらないのである。
正月まで一週間を切って、カミサンは近くの農家に伸し餅を注文し、新聞のチラシを見てはおせちをどうするかと心配しているが、私のなかではすでにどうでもいい部類のことになっている。

気持ちが盛り上がらない、鬱々としているのはこの5、6年のことであり、一時はテレビを見ることも、新聞を読むこともできなくなった。テレビから流れる音はただの騒音だったし、活字は意味をなさない記号のように見え、目の中に突き刺さってきた。
さらに、仕事をしようとすると不安に動悸が激しくなり、何も手につかなくなった。
パソコンのスイッチを入れ、明るくなったディスプレイを一日見つめているだけの日が続いた。

むろん、そんなことをしていて楽しいはずがない。
こんなに怠けていて、収入はどうなるんだという心配が常に私を追い詰めた。
それでもどうすることもできない自分が許せず、なぜ、自分のような人間が生きているのだろうと思った。自分などは生まれてくるべきではなかった、死んでしまった方がいいと考え続けるようになった。
朝、目が覚めると今日も生きていることを恨んだ。体は鉛のように重く、歩くことさえ辛かった。
こんな自分が生きていていいはずがない。早く死んでしまいたい。そう考える毎日が続いた。

それが5年前のことである。

死にたい自分をどうすることもできない私は、ひそかに命の電話にダイヤルしてみた。しかし命の電話は何度かけてもつながらなかった。
9年続けて自殺者が3万人を超えている。つまり1日に100人ちかくが何らかの方法で自殺しているのだ。私ごときが電話をかけたところで、命の電話はこのときすでにパンクしそうな状態だったのだろう。

次いで電話をかけたのは、精神保健福祉センターだった。

そこでは精神科の診療もしているということを確かめて、私は予約をとった。
数日後、はじめて受診をした私に、医者は典型的なうつ病だと告げた。
自分の精神的な状態をはじめて話し、それがうつ病だと言われたとき、私はなぜか泣けてきた。
病気と認められ、薬を処方されたところで自分を取り巻く状況は少しも変わらない。しかし他人に話すことで少しは救われた気持ちになれたのだと思う。この後、はじめて家族に自分がうつ病だということを告げた。

それ以来、毎日薬を飲むことと定期的に医者を訪ねることが日常に組み込まれた。
おかげで状態は一時ほど悪くはない。
まだ、午前中は調子が悪いけれど、騙し騙し仕事もできるようになった。
こうして、自分を客観的に見て、文章を書けるようにもなった。
テレビはうるさいと思うことが多いが、活字は積極的に読めるようになった。

なぜ自分がうつ病になったのか、思い当たる個人的な理由はいくつもある。それはここでは書くまい。
しかし自分が「うつ」になってみて、はじめて見えてきたことがある。
それは、自分だけではなく、どうやら世の中全体が「うつ」を病んでいるらしいことである。
あちこちのブログを読んでいても、今年はクリスマスだというのに気分が盛り上がらなかったとか、正月らしくない気持ちのまま何となく新年が始まってしまったといった記述を見ることが多い。みんな、なんとなく鬱々とした気分を抱えているように思える。

あなたは、今年のクリスマスを楽しめましたか? もうすぐやってくる新年にわくわくしますか?

現代は「うつの時代」だとマスコミはいっているけれど、この世の中を覆っている、いわく言い難い不自由さというか窮屈感はどこからきているのだろう。
なんだか生きづらい。
誰もが心のどこかで時代の閉塞感を感じているのではないだろうか。
毎年、自殺者は交通事故死者の3倍を上回り、餓死者は平成17年で77人もいたという。2週間に3人の割合で餓死しているということだ。しかも、餓死者の数は、95年以降急激に増えているのだという。94年までは20人程度だったのが、95年に61人となり、2005年までに867人が餓死しているという厚労省の統計がある。

つまり、ほぼ時期を同じくして自殺者も餓死者も急増しているというわけだ。
これは異常な事態ではないのか?
鬱々とした気分のままにそんなことを考えているときに行きあたったのが「新自由主義」という言葉だ。

市場原理に基づき、福祉などの社会保障を切り捨てるこの考え方は、何事もアメリカに追従する自民党政権(中曽根政権あたりから)によって導入され、小泉純一郎によって日本全国に影響をおよぼすまでになった。結果、自己責任という看板を掲げた格差社会(貧乏なのはお前が悪いからだ)と規制緩和による地方の疲弊、中小・零細企業の破綻がもたらされた。

ということは、いま現在多くの人が感じている(もちろん私もふくめて)閉塞感、生きづらさの原因は、新自由主義にあるのではないか。
私がうつ病になった原因まで新自由主義に求めようとは思わない。
けれども、社会がここまでギスギスしたものになった原因は、あきらかに新自由主義にあると思う。

これからはノンポリだなどとはいっていられない。誰もが政治に向き合わなければならない時期が来ている。
私はそのなかで、これからは新自由主義とその信奉者たちを糾弾していこうと思う。

関連タグ : うつ病, 自殺, 新自由主義,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。