上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もまだ、朝から嵐のように強い風が吹いている。

実は今日、○△回目の結婚記念日なのである。

今月の初め頃、娘が「お父さん、結婚記念日に私は何をしたらいい?」と、急に言い出したので、
私はとっさに

「じゃ、逆立ちでも」

そう答えて顔をしかめられた。
「何それ」
カミサンは「肩たたき」と答えていた。

年を取ったものである。ふたりとも。

そして今日、娘は逆立ちをする代わりに、かわいらしいケーキと花束を買ってきてくれた。
hana


ケーキを食べて、コーヒーを飲んで。
「もう○△年か」
「早いね」
「うん。早いな。あっという間だ」

なんだか「東京物語」の夫婦みたいな会話になってしまう。
しかし。
「その間に、何度別れようと思ったことか」
「何度誘惑に負けそうになったことか」
私が言うと、カミサンは鼻で笑うのだった。なにが「東京物語」だよ。

「たしかに、何度も別れようと言われたわね」
「たしかに、イヌの誘惑に負けて何匹も買ったわね」
「たしかに、物欲の誘惑に負けて、いろんなものを買ったわね」

だめだ、もうこうなると敵うわけがない。
「はい、そうでした。俺が悪かったよ」
謝るしかないのである。
そして、今日もまた。

「気分が悪い。朝から調子がよくない。Kさんに電話して、原稿書けませんて言ってくれ」
「その台詞も何度も聞かされたわ」
「はい、そうでしたね」

もう黙るしかない。

桜の花もそろそろ咲こうかというのに、昨日、今日となんだか妙に肌寒い。
4匹の犬たちはストーブの前に寝転がり、イビキをかいている。
夢を見ているのだろう、時折クォンとかいってピクピクしている。

平和なことだ。
平和がいちばん。
○△年の間には、内戦が勃発しそうなときもあったけれど、なんとかやってこられたのは何よりだった。そしてこれから、何年残っているかわからないけれども、なんとか平和に過ごせたら。

まずは幸せと満足することにしよう。

また誘惑と物欲に負けるかもしれないけどね。

これからも、よろしく頼みますよ。ぺこり。

ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

関連タグ : 結婚記念日,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。