上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福田康夫が首相の座を放り出してから一昼夜が過ぎた。
報道を見る限りでは、概して福田に対する厳しい意見が多かったように思う。
いわく、
無責任だ」
「指導力がない」
「最後まで他人事のように辞めていった」
こうした声に対して、
「ご苦労様」
「ショックだ」
「我慢もこれまでだったのだろう」
といった気遣いの声は少数派だったと思う。

昨夜の「NEWS23」では、後藤謙次が「最低の辞任」と福田康夫の判断を切り捨てていた。

今思い返してみれば、福田康夫内閣は、発足当時から「国民の目線に立って」政治を行うことを標榜しながら一度として国民の側から物事を見ようとしたことはなく、「安心実現内閣」と自らを名づけながらついに国民を安心させることなく責任を放棄してしまった内閣だ。
さしたる理由もなく一国の代表の座を棄てるなど、あってはならないことで、見ようによっては安倍晋三以上の無責任さと言っていいかもしれない。

自民党ではさっそく22日に総裁選を行うことを決定したが、小池、石原、野田といった名前は浮かんでいるものの、本命は麻生太郎一本で根回しが進められていることだろう。
つまり総裁選とは単なるお祭りで、麻生太郎総裁の承認式に他ならない。
そしてこの御祭騒ぎは、同じ時期に代表選で三選することになる小沢一郎の影を薄める働きをするだろう。

しかし、われわれがここで忘れてならないのは、自民党は国民の信任を得ないままに首相を輩出し続け、そのうえ2度までも続けて責任放棄する形で首相の座を降りているということだ。
この事実を前に、これからいくら自民党が言葉を飾って政権維持を訴えようと、有権者である国民は彼らに耳を貸す必要はない。
もはや自民党には政権を担当する資格はないのだ。
国民の側に発ってものを考え、年金問題や後期高齢者医療制度をはじめ、地方の格差、医療問題など、待ったなしの生活に根ざした問題に取り組んで行くには自民党では力不足なことは明らかだ。
さらに、定額減税など目先を帰る程度の小細工を弄してお茶を濁そうとする公明党のバラマキ政策も持続的な社会保障政策の構築とはほど遠いと言わざるを得ない。彼らの頭にあるのは国民全体ではなく、生活に困っている創価学会員だけであり、それらを救済することだけが急務なのだから、とてもではないが国政を預けておくわけにはいかないのである。

今、首相交代という節目を迎え、いよいよ自公政権にも区切りを迎える時が来ようとしている。
多くのブログでは、自公政権に引導を渡し、政権交代という新しい時代を迎えるために声を上げようとしている。
及ばずながら私もこれから当分の間は反自公政権と政権交代を訴えていくキャンペーンを張っていこうと考える。

とりあえずは総裁選の御祭騒ぎで民主党の代表選をかき消そうとしている自民党の姑息な行為を叩いていこうと思うが、「自エンド」と政権交代のためになることならばどんなことでも記事にしていきたいと思う。
そうして一日も早く、確実に、政権交代が実現するよう、他ブログとも協力していきたいと決意した次第である。

スポンサーサイト

関連タグ : 自民党, 福田康夫, 無責任, 総裁選, 政権交代,

福田辞任
福田康夫が突然辞任をした。
すでに多くのブログがこの話題に触れているし、私などがあらためて付け加えることもないかもしれない。
それでも、やはり一国の首相が前首相に続いて突然その役割を投げ出したという事態は異常と言わねばならず、屋上屋を重ねるを承知でこの問題を取り上げたいと思う。

まず、私が第一に思ったことは、福田にはまだ辞めて欲しくなかったということだ。
自民党の二世議員のなかでも比較的バランス感覚にすぐれた福田が舵取りをしていてくれた方が、極右の麻生太郎などが首相になってコイズミのときのようなバカげた人気を勝ち取り、右傾化した政策を実施していくよりもいいと、私は思っていた。
自公政権が続くのは、そう長くはない。ならば、最期の短い間だけでも福田康夫に託しておきたかったというのが正直な気持ちだ。

しかし、福田康夫は自ら会見では安倍晋三とは違うと言っていたけれど、またもや仕事を放棄して首相の座を降りてしまった。
このことは、いかに非難してもしすぎることはないと思う。
あまりに無責任である。山積した問題はどうするのか。
国民生活が窮乏を強いられている現状をどう解決していくのか。
年金問題は。後期高齢者医療制度は。
さらに太田誠一の事務所費問題はうやむやにしたままでいいのか。

どれひとつ、いい加減にしたまま残しておくことは許されないものである。
福田康夫は記者会見で、(おそらく太田誠一の問題はふくまれていないだろうが)残された課題は新しいリーダーのもとで解決に当たるのがふさわしいという旨のことを言っていた。
しかし、これも儀礼的な文句で、福田が真剣に次の首相がどうすべきだなどとは考えていないだろう。
まったくもって無責任というほかない。

記者から「一般に、総理の会見が国民には他人事のように聞こえるというふうな話がよく聞かれておりました。今日の退陣会見を聞いても、やはり率直にそのように印象を持つのです」との言葉が出、現在の政権に与える影響をどう考えるかとの質問がでたが、
「それは、順調にいけばいいですよ。これに越したことはないこしたことはない。しかし、私のこの先を見通す、この目の中には、決して順調ではない可能性がある。また、その状況の中で不測の事態に陥ってはいけない。そういうことも考えました。他人事のようにというふうにあなたはおっしゃったけれども、私は自分自身を客観的に見ることはできるんです。あなたと違うんです。そういうことも併せ考えていただきたいと思います」と気色ばんで答えていたのには苦笑するしかなかった。

自身を客観的に見ることの出来る福田は、内閣支持率がいつまでたっても低迷し、閣内にあっては連立を組んでいる公明党がいちいち口出しするためにインド洋給油問題も解決できず、臨時国会の開会日程も思うように決められなかった。こうしたことに嫌気がさしてしまったということなのだろうか。

自民党はこの後、総裁選の準備におおわらわとなるだろう。
おそらく麻生太郎を大本命として、小池百合子ら今から名前の挙がっている候補者が何人か立候補することになるだろう。その結果は、裏取引である程度はじめから決められているかもしれない。それでも、国民から見れば開かれた選挙というイメージは強く印象に残る。候補者同士が政策をめぐって論戦することは、公正で民主的な手続きを踏んでいるというイメージを結ぶ。
これに比べると、対立候補が現れず、小沢一郎の三戦が決まろうとしている民主党とは大違いだ。ほとんど政策論議をすることもなく、だいたい「生活第一」という党是を本当に守るつもりがあるのかさえ明確にしないまま小沢が代表となり、小沢独裁体制が続こうとしている民主党から受けるイメージは、公正とも民主的ともほど遠いものだ。
やはり民主党は、結束が乱れるなどといわずに正々堂々と代表選をするべきだったのだ。

自民党は麻生太郎がスポットライトを浴びたまま総裁選を行い、そのまま麻生が首相の座に就くことになるのだろうか。
どういうわけか麻生には人気があるらしいから、内閣支持率はかなり高くなるだろう。
しかし麻生には常に舌禍問題がつきまとうし、もはや人材が払底している自民党には閣僚を満足に務めるだけの人間がいない。またもや太田誠一や、それにさかのぼる歴代の農水大臣のようにスキャンダルをボロボロ露わにしていくだろうからそのままでは自滅の道をたどることになる。
麻生に残されるのは、人気が高いうちに解散総選挙に持って行くことだろうか。

国民としては、ここで麻生のような極右政治家で、実は国民生活のことなど露ほども考えていない男の言説に惑わされることなく、これまでいかに自公政権が国民に苦しい思いを強いてきたかを忘れずに、野党に一票を投じることが大切だ。自民党が再び政権を取るようなことがあれば、消費税増税や社会保障費削減が行われることは目に見えている。
野党も、できるだけ分かりやすくこれまでの自公政権の非道を訴えて、政権奪取を確実なものにしなければならない。

いずれにしても自公政権がようやく終わる日が近づいてきたと、考えてもよさそうな気持ちになっているのは私だけではないだろう。
この予感を現実のものとするために、これからもブログで訴えていきたい。

関連タグ : 福田康夫, 自民党, 総裁選, 政権交代, 民主党,

胡錦涛が来た、死んだパンダの代わりに新しいのを2頭貸してくれると言ってきた。
今回の5日に渡る訪日で、これ以上の意義があったのか。

昨日は胡錦涛早稲田大学を講演に訪れた。
外務省による招待だったらしいが、なぜ、こともあろうに早稲田大学が選ばれたのか。
早稲田大

早稲田とは、今でこそ廃れつつあるが、ながく在野精神と権力に対する旺盛な批判精神を学風として受け継いできた大学だ。
それが昨日は、中国主席が訪れるとあって、チベットの自由を訴えるチベット人やそれに賛同する日本人、いや、何も関係のない日本人まで隊列を組んだ警察によって排除されてしまった。

早稲田大学は、このようなことを断じて許すべきではなかった。
警察の力を頼みにするようなことをすべきではなかった。
客寄せパンダのように自学の学生でもある福原愛を使ってパフォーマンスをすべきではなかった。

昨日の一事で、早稲田の誇りは微塵に散ってしまった。

中国は、いったい日本で何をやろうとしているのか。前哨戦は長野で行われた聖火リレーにあった。
あのとき、リレーの沿道には中国政府によって招集された中国人グループが群れを作り、チベット人や日本人は沿道に近づくことも許されなかった。中国政府がそれを要請し、日本は警察を動かしてそれに応えたのだ。
かくして長野の聖火リレーは、これが日本かと見まがうような、中国国旗と赤いシャツを着た応援団でいっぱいになった。
現場では、中国人とチベット人との「小競り合い」があったと報じられたが、事実は中国人による暴力がふるわれたのであり、警察はそれを見て見ぬふりをして通した。
あの時逮捕されたのは中国人はゼロで、チベット人と日本人だけだった。中国と日本政府にとっては、中国人の逮捕者を出してはならなかったのだ。

中国は北京オリンピックを単なる平和の祭典、スポーツの祭典だなどとは考えていない。
国威発揚の場であり、広がりつつある新自由主義をさらに徹底させることを狙いとしている。
だから、わざわざ聖火をエベレストの頂上まで持って行くという愚挙を平気でやってのけ、その様を世界に配信した。現場にはチベット人も動員されていたが、周囲は関係者以外きびしく排除され、ものものしい警備の中で「儀式」が行われた。
中国は北京オリンピックを成功させなければ、国の威信が損なわれ、市場経済の価値を低めることになってしまう。だから必死なのだ。

早稲田大学大隈講堂で行われた講演で、胡錦涛は日中が互いに脅威ではないことを訴えた。
けれども、中国という国は、国民が中華思想を持ち続けているかぎり、そして一党独裁体制が続くかぎり、世界にとっての脅威であり続ける。日本にとっては北朝鮮と同様、困った隣人であり続ける。

昨日の講演会には、中国シンパの学生と中国関係者しか入場を許可されなかったそうだ。一般の学生は、警察隊によって遠くに追いやられ、学校周辺では商店がシャッターを閉めさせられた。
そういうことをやらせておいて、何が「脅威ではない」だ。

福田康夫胡錦涛の卓球を戦略的と褒めちぎったが、日本の外交は常にその場限りの戦術さえろくになく、ただ膝を屈して卑屈に笑ってみせるだけだ。そうでなければ、ギョウザ問題でもっと強い言葉を発すべきだったし、東シナ海ガス田開発では日本の立場を主張すべきだった。チベット問題についても、中国の人権問題と絡めて意見するべきだったのだ。戦略的に見て、今回もまた日本は非常にまずい外交をやってしまったと思う。
胡錦涛と福田
5日間も滞在して胡錦涛がやろうとしていることは、詰まるところ、中国側の圧力を日本のすみずみにまで浸透させることであり、北京オリンピックのチケットをちらつかせながら広告代理店やスポンサーが意のままに動くことを確認しようとしていることなのだ。
その証拠に、胡錦涛は自分に都合の悪いことは何一つはっきりさせずにいるではないか。

今回の胡錦涛来日は、日本の外交史にまた新たな失敗と屈辱に満ちたページを付け加えただけで終わる。日本の国民の利益になることは、高額の代金を請求されながら恭しく借りることになるパンダ様がやってくることくらいだ。
まったく笑止な話で、涙が止まらん。
私は、この1~2ヵ月で、五星紅旗を見ると反吐が出そうになる癖がついてしまった。
五星紅旗

それにしても。
期待どおり、外交手腕のなさをさらけ出した福田康夫
胡錦涛が来てもシッポを振りながら指をくわえてみているだけの自民党。
ホンマにしようもない奴らだね。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : 胡錦涛, 福田康夫, 早稲田大学,

パンダと言えば、私にとっては上野動物園のカンカン、ランランであり、パンダ舎に押し寄せた群衆に向かって動物園の係員が「立ち止まらないで下さい!」と絶叫を繰り返していた光景が甦る。

私が実際にパンダを見に行ったのは、当初の過熱状態からずいぶん時が経ってからのことだったが、それでもパンダ舎の前だけは混んでおり、立ち止まってみることは許されなかった。
肝心のパンダも、小屋に入るかしていてカンカンだかランランだかのどちらかが笹の葉を食べている姿をちらっと垣間見ただけだった。
パンダなんて、つまんねえじゃん。
それが、上野でパンダを見てきたときの感想だった。

そのランラン、カンカンも死に、フェイフェイ、ホアンホアンが来てユウユウが生まれたときは、また大騒ぎをした。ユウユウの歌までできて、幼稚園の子どもたちが歌わされていた。
私は、なんだかなあと思っただけである。
べつにパンダには恨みもなにもないけれど、もう見に行きたいとは思わなかった。
リンリン
その後ユウユウは中国に送り返さなければならないことになって、代わりに北京動物園からやってきたのが30日に死んだリンリンだ。
日本には今、王子動物園にもパンダがいるが、これらは中国から借りているものであり、いずれは返さなければならないことになっているのだそうだ。パンダに貸借権があるとは知らなかったが、リンリンだけは日本に所有権がある唯一のパンダだったのだそうだ。

そのリンリンが死んでしまって、空になった上野のパンダ舎に新たなパンダを入れようと、今度ばかりは福田康夫も手回しよく配慮しているらしい。来日する胡錦涛にパンダのことをお願いするのだそうだ。
新たにパンダが来れば(これも貸されるだけか?)、また幼稚園では歌を作って喜ぶのかもしれない。
福田康夫
しかしパンダが来て喜ぶのは幼稚園児と福田康夫と、その周辺のおめでたい頭の大人たちだけだろう。

今さらパンダなんか、いらねえよ。
中国から同情を買うなら、いっそのこと元の借款でも頼み込んだらどうだ。99年後に返すことを約束して、大枚の金を借りるのだ。なにしろ中国と契約するのなら日限は99カ年というのがふさわしい。
そうして借りた金を、足りない足りないといって騒いでいる道路財源にまわして、暫定税率を再廃止したらどうだ。そうすりゃ、国民の煮えくりかえったハラワタも、少しは冷めてくるだろう。

日の出の勢いで経済が成長している中国だ。おだててやれば金くらい貸してくれるだろう。日本に金を貸してやれば、中国だって悪い気にはならないはずだ。
土下座外交は日本の伝統的な得意技でもある。

ここはひとつ、パンダなんぞで子どものご機嫌を取るよりも、大人らしく現ナマで話をつけましょうや、福田君。
君だって、その方が助かるんじゃないの?(冷笑)


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : パンダ, 福田康夫, 中国,

それにしても「後期高齢者医療制度」にしても「長寿医療制度」にしても人を馬鹿にしていることには変わりないネーミングをしたものである。今の政府が、少しも国民のことなど考えていないということの現れだろう。

このクソのような制度を、福田康夫は「私はほんとにいい制度だと思うんですけどね」と言っていたのをニュースで見たときにはのけぞりそうになった。こいつはいつも他人事のようにものを言うクセがあるけれど、本気で老人たちのことなどどうでもいいと思っているんじゃないだろうか。そんな危惧を持った。

しかし危惧どころか、福田は本気で多くの老人を絶望に追い込むつもりのようだ。
福田康夫
今日午前、国立成育医療センターを視察した福田は、記者団の質問に答えて「保険証がまだ(本人に)届いていない不手際がある。説明不足で混乱をしている。十分説明し、いささかの不安も与えないようにしなければいけないのに、そういうことをしていなかったのは本当にまずかったと反省している」と陳謝したが、その一方では臆面もなく「総合的に考え、こういう制度がいちばんいい」と再び言ってのけたのだ。

福田康夫が思っている、「後期高齢者医療制度」――言っておくけど、私はとても気恥ずかしくて「長寿医療制度」などとは呼べないよ――の「いいところ」とは、いったいどこにあるのだろうか。

そもそもこの制度を考え出したのは小泉純一郎で、高齢化社会による保険医療費の財源逼迫に対し、これを節約するために考え出された悪法だ。それは誰もが思っていることだろう。
しかし福田は「いい制度だ」と強調する。
このズレはどこから生じるものなのだろうか。

yahoo知恵袋には「長寿医療制度は国民にとって、どんなメリットがありますか?」という素朴な質問が乗っている。
それに対する答えを見ていくと、ざっと次の通りだ。

1.平成の姥捨て山。高齢者の年金から、確実に医療費を差し引くことができること。このような制度のメリットは全くない、国・厚生労働省・国会に対する不信感を醸成しているだけ。
2.ずる賢い人と、大企業社員の管理職と、中小企業経営者のみが儲かる社会。今月の年金支給日から、五月連休明けまで、自殺や犯罪行為が増加するでしょう。
3.あるとすれば老人をいじめて早死に促進、医療費削減すること。
4.要するに医療が高度化して医療が高額になり、このままでは破綻してしまう恐れがあるから新制度に切り替えただけ。

適当に要約させてもらったが、つまるところ、少なくとも国民にとって「いいところ」は何もないというのが答えになっている。

新聞「赤旗」はさらに細かく詳しく、この制度のよくない点を解説している。それによると、
1.これまで保険料を払ってこなかった被扶養者もふくめて年金額が月1万5000円以上の75歳以上の人はすべて保険料徴収の対象になる。その徴収法は、年金から有無を言わさず天引きされる。
2.徴収される保険料は条例により都道府県によって異なるが、政府の試算では全国平均で月6000円になる。介護保険料(全国平均4090円)とあわせると毎月1万円以上が天引きされることになる。
3.これまで高齢者は、障害者や被爆者と同じように保険料を滞納しても保険証を取り上げられることはなかったが、今度の制度では保険証が取り上げられ、短期保険証・資格証明書が発行される。
4.保険料は2年ごとに改定されるが、後期高齢者の数が増えると自動的に保険料も引き上げられる仕組みになっている。
5.窓口負担は原則1割、現役並み所得者3割と変わらない。しかし、後期高齢者とそれ以外の世代で病院・診療所に支払われる診療報酬を別立てにし、医療格差をつけようとしている。
6.後期高齢者に対して手厚い医療を行う病院や診療所の経営が悪化するようになり、高齢者は粗悪な医療や病院追い出しを迫られることになる。

おい福田よ、「いいところ」など、どこにも見あたらないじゃないか。なにが「いい制度」なんだよ。ちゃんと説明してみろよ。
後期高齢者医療制度」「メリット」でググってみても、「メリットなし」というのばかり出てくるぞ。
行政側サイトには「今後も1割負担のままですみます」「医療制度が安定し、今後も安心して利用できる」という言葉が出てくるけれど、医療の格差が生じた挙げ句、支払う額は同じ1割でも、診療の内容はスカスカになるのでは意味がないじゃないか。
福田は「これまで説明不足だった」と反省しているが、いくら反省したところで、どこから見ても悪法でしかないこの制度からメリットを見いだすことは難しい。

やっぱり小泉が残した負の遺産は、早いところ廃止すべきだよ。
国民みんながそう思ってるよ。
老人の自殺者が増え、今年から年間自殺者が4万人を超えるなんていうことにならないうちに、野党は、共産党もふくめて制度廃止に向け、共闘していくべきだ。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックみっつ↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : 後期高齢者医療制度, 悪法, 福田康夫,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。