上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まったく、政治家にしろ、官僚どもにしろ、これまでさんざん税金を無駄遣いしてきた連中は、「李下に冠を正さず」という諺を知っているのだろうか。
おそらく知らないだろうから、こんなにも次から次へと国民から疑いをかけられるような行為が露見するのだ。
福田・額賀
李下に冠を正さずとは、中国の故事で、すももの木の下に立って冠をかぶり直そうとすると、傍目には手を伸ばしてすももの実を盗もうとしているかのように見える。だから、そういうところでは冠をかぶり直さないようにするべきだという意味だ。

ところが、今、話題になっている「居酒屋タクシー」を利用した官僚どもなどは、冠を直さないように己を戒めるどころか、ビールでもつまみでも、金券、現金にいたるまで、もらい放題だったわけだ。タクシー券はもちろん税金から支払われるもので、彼らは税金でタクシーを利用しながら、その税金に対する見返りとして種々のサービスを受けていたわけだ。
タクシー券には利用者のサインと利用金額を記入さえすれば、そのまま請求されるわけだから、もしここで水増しした金額が書き込まれたりしていれば、それは横領ということになる。
そして、この横領から得た利益からタクシー業者がビールやらのサービス品を仕入れていたならば、それもまた横領の一端を担いでいたことになるのではないか。

しかし、今回露見した出来事で、私がいちばん驚いたのは、各省庁ごとに驚くべき金額の予算がタクシー券に使われていたということだ。たとえば06年度、財務省では約4億8000万円分ものタクシー券が使われたという。
これはいくらなんでも、多すぎるのではないか。
なんどでも書くが、一般の企業の場合、支出の見直しをして無駄を省くとき、真っ先に削られるのは交際費とタクシー券だ。

今、日本の政府は巨額の財政赤字を抱え、その立て直しを迫られているというのに、タクシーだけに5億近い金を使っているというのは、どういう神経なのだろう。これを他の省庁でも使われている予算と合わせると、莫大な金額になることだろう。

昨日のニュースでは、ビールやつまみの提供を受けていた官僚がインタビューに答えて、「そういうものを受け取っても罪悪感をもつことはなかった」と言っていた。
彼らには、もはや李下に冠を正さずという意識の断片すら残っていないらしい。

官僚は深夜帰宅が多いからタクシーを使わざるを得ないというのなら、まず第一に残業を減らす努力が必要だし、第二には仮眠室のようなものをもうけて、帰宅できない時間になってしまったら、とりあえずはそこに泊まれるようにすべきだろう。それでもどうしてもタクシーを使う必要があるのなら、自腹で立て替えるようにするべきだ。そうすれば無駄な金は使いたくないという神経が、少しは働くだろう。

とはいっても、もはや官僚どもに悔い改めさせることには誰も期待していない。

ならばいっそのこと、タクシー券みたいなものは使用禁止にするべきだ。そもそも、いくらでも誤魔化しの利く制度を利用しているから今回のような事態が起きるのだ。

これからは、官僚どもが何重にもまとっている特権の薄皮を、一枚一枚はぎ取っていき、徹底的に無駄遣いをなくしていくことが求められよう。
長妻昭
消費税増税をふくむ税制改革の話などは、それらが終わってからにしてもらいたいものだ。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : 居酒屋タクシー, 官僚, 無駄遣い, タクシー券,

今日の朝日の社説を見ると、「ODA5位 転落に歯止めをかけねば」という文字が飛び込んできた。
それによると、日本政府による開発途上国援助は91年から10年連続で世界一を誇っていた。
それなのに、05年にはアメリカに抜かれ、06年にイギリスに抜かれ、07年には一気にドイツ、フランスにも抜かれてしまった。これでは援助に不熱心な国という評判が定着してしまう、というのだ。

私は目を疑ったね。なんという見栄っ張りというか、脳天気というか。
朝日はアホじゃなかろか。
そう思った。

だいたい日本は今、他国を援助している余裕などあるのか。
日本の台所が火の車であることは、朝日をふくむマスコミがやかましいくらいに言い立てていることではないか。歴代の自民党内閣、とくに小泉が国債を乱発したおかげで国の借金は天文学的な数字になっていることは、だれでも知っていることである。

暫定税率の期限切れ問題では、道路を造る金がないから地方が困っていると毎日報じているではないか。
年金、医療保険問題では、その財源がないために、国民の負担を増やす制度が見切り発車したばかりではないか。
昨日のニュースでは、舛添要一が後期高齢者医療制度について触れ、「カネは天から降ってくるわけじゃない。医療を受ける人には負担していただかないと」と言っていた。そうして年金生活者からも金をむしり取ろうとしているのである。

日本には余分な金などないのである。
私は、かねがねODAには問題が多いと思っていた。
途上国を援助するといえば聞こえはいいが、その実調べてみれば大して役にも立たないものにただ単に金をばらまいているだけだったりするものが非常に多い。
無駄なODAなど、止めるべきだと思っている。無駄なODAを止め、省庁が行っている税金の無駄遣いを止め、国会議員を減らし、官僚を減らし、ついでにアメリカに貢いでいる金も今後は取りやめにして金を節約すべきだと思っている。

朝日の社説では、「もっとショッキングな数字がある」として、ODAを国民総所得比で見たときに07年の日本は0.17%となり、これは先進国22カ国中でビリから3番目なのだという。そして「かつての援助大国の看板は見る影もない」と嘆くのだ。
嘆きたいのこはこっちだよ。
国民所得が減り続けている現実があるのに、対ODA比を見たって仕方がないじゃないか。
それこそ、「カネは天から降ってくるわけじゃない」のだ。朝日は、景気の足取りもおぼつかない状態の日本なのだから、海外に目が向かないのは仕方がないとわかったふりを見せておきながら、「だが、このままで本当にいいのだろうか」と切り返す。

たしかに、ODAは国際的に見て大切なものだろう。世界には日本人のわれわれには想像も及ばないほどの貧困にあえいでいる国があることは事実だ。それらの人々を少しでも助ける精神は、たしかに重要だ。
しかし、無い袖は振れないのだ。
援助が必要な人間は、日本国内にもゴマンといる。彼らを救う手立てを講じてから、他国を救う方策を考えて、何が悪い? 他国への援助のあり方を見極めもせず、援助大国の看板を自慢して何がうれしいのだ。
世界で第5位ならば、まだいいではないか。そういうものではないのか?
私は順位などよりも、金の使い方の法が重要だと思うのだが、どうだろう。
それでもどうしても、貧しい国を援助したいというのなら、累進課税を復活させて、金持ちから金を取り、その金を振り当ててやればいい。今の日本は金持ちだけがカネ太りしているのだから。

日本の順位が6位になり7位になり、先進国首脳会議で日本の首相がアメリカなどから睨まれたとしても、それはそれでいいではないか。
「まことにすまん。日本はカネがないのです」
正直に、頭を下げてやればいい。
社説は「福田首相は洞爺湖サミットに向けて、ODAの転落に歯止めをかけるための手を打ってもらいたい」と結んでいるが、謝るだけならタダですむ。それだけの話じゃないか。
朝日はなにをそう、見栄を張りたがるのだろう。

この日本の貧しさで、なお世界で5位ならば、むしろ誉めてもらいたいくらいだ。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックみっつ↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : ODA, 途上国援助, 無駄遣い,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。