上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
実をいうともう一周年記念にすべき日は過ぎてしまったのだが、この「フンニャロメ日記」を立ち上げたのが昨年の23日だった。
なんだかあっという間の1年だったという気がするが、私がなぜブログを始めようと考えたかと思えば、1年前にもこの社会が閉塞感に満ち、生き難さを感じざるを得ない、まったくもって忌々しい気持ちがあったからで、1年が過ぎた今、その気持ちがどうなったかというと、少しでも和らぐどころか、ますます忌々しさが募っている状態だ。

一年前にも、世の中ではクリスマスが終わり、正月の支度が始まっているのに、私の中では一向にそうした気持ちが盛り上がらないことを書いている。
それは今年も同じで、職を奪われた多くの人が寒空の下に放り出されている現状を見て、何がクリスマスだ、何が正月だという気持ちが強い。今日の毎日新聞の社説では、派遣切りをして人員調整している企業は社会的責任を果たすべく考え直さなければならないと訴えていた。10月から来年3月に失職する非正規雇用者は8万5000人を超え、前回調査から1ヵ月も経たないうちに2.8倍にも膨れあがっている。

こうした状況に対してNPO法人や労働団体が支援に動き出し、いくつかの自治体では臨時職員を採用するなどの方策を打ち出している。
しかし、これらの支援だけでは追いつかないほどの失業者が毎日、企業からゴミのように排出されている。
収益を上げながら内部留保として貯め込み、就業者のために使おうとしない企業の在り方は、今後さらに非難されてしかるべきだろう。
たしかに、企業としては先行きの見えない経済状況で、少しでも体力を温存しておく必要はあるだろう。経済のグローバル化によって外国人株主が多くなった結果、国内の雇用を守るために収益を切り崩すのが難しくなっているという事情もあるだろう。

しかし、どんな事情があるとしても、これまでその企業のために尽くしてきた人々を切り捨てることで生き延びようとする考え方は到底受け入れられるものではない。
企業には雇用者としての責任があることを十分に反省してもらわなければならない。

また、政治に目を向ければ今国会は何事もなく終了し、雇用対策をふくむ法案の審議は新年5日から始まる通常国会からということになってしまった。政府与党はそれで十分、この事態に対応できると考えているようだが、政治家たちがのんびり構えている間に餓死者や凍死者が出たら、責任はどう取るつもりなのだろうか。麻生太郎が口をひん曲げて百万回頭を下げたところで、許されるものではない。

今国会の最後に見せ場を作ったのは一人、渡辺喜美ということになるだろう。野党が提出した解散要求決議案に、自民党の中でただ一人賛成の起立をして今やヒーロー扱いだ。
しかし渡辺喜美という男はそれだけ目立つことをやっておきながら、結局自民党を離党するでもなく、「政界再編の必要がある」と言いながら自らは中川秀直との連携をにおわせるような発言をするばかりで実質何もやっていないのと同じだ。これでは単なる目立ちたがり屋と同じで、ヒーロー扱いなどする必要はないのだ。

渡辺は中川と仲がいいくらいなのだから政治的には小泉改革路線を主張する新自由主義者なのだが、今や日本でも新自由主義は人気が無くなってしまったので動くに動けないのだろう。渡辺としては民主党の新自由主義者たちと組んで政界再編をしたいと考えているところだろうが、今の民主党は渡辺などと組んで小党を組むよりも、解散総選挙で政権を取ることの方を優先しているだろうから相手にされない。
結局のところ、勇気を出して一人だけ解散要求に賛成して見せたものの、渡辺喜美程度の男にできるのはそこまでだったと思った方がいいだろう。渡辺と意気投合して「議員連合」を作った連中は、起立する度胸すらなかったわけで、国民からすれば期待値は限りなくゼロに近い。

渡辺喜美のつまらないパフォーマンスはあったものの、麻生内閣による政治の行き詰まりはこのまま年を越し、いつになったら宿便が出てすっきりするのかも分からない状態が続く。

一年前もパッとしない状況に変わりはなかったが、今年はそれに輪をかけてつまらない状況になっている。
振り返ってみれば今年もいろいろなことがあったけれど、国民にとっては希望が薄く、楽しみが少ない状況がずっと続いているわけで、この状態は年が明けてもまだまだ続くと見た方がいいだろう。
せめて政権交代が実現して、新自由主義のためにガタガタになった日本社会が少しずつにしろ修復される様子が見られるようになれば希望も見えてくるだろうが、今のところはまったく何も見えてこない。
つくづく忌々しい状態が続いているとしか言いようがないのである。

スポンサーサイト

関連タグ : 企業の責任, 雇用対策, 渡辺喜美, 政界再編,

麻生太郎が以下に低能で、総理はおろか社会人としても無能であることは今さら言うまい。
言うだけで空しくなるというものだ。

しかし看過できないのは、反麻生勢力として立ち上がった有象無象の政治家たちである。

11日、自民党の中川秀直元幹事長を中心とする社会保障改革の議員連盟「生活安心保障勉強会生活安心保障勉強会
」の設立準備会が、自民党本部で開かれた。この会には衆参両院議員57人が出席した。

テレビ各局のニュースでは、いかにも無能な麻生太郎を見限った良識派議員が決起したかのような取り上げ方をしていた。
たしかに安直な見方をすれば、率直な物言いでマスコミにも好印象な元行政改革担当相の渡辺喜美が参加している。
そのうえ、開会の挨拶では中川秀直が「政局を目的としたグループだと伝えられ、心配をかけたが、純粋な政策の勉強会なので、安心してほしい。国民に安心してもらえる社会保障制度を作ることに反対する議員は1人もいないと思うので、しっかりと議論したい」と述べ、あくまでも自民党議員たちによる社会保障の勉強会であることをアピールした。

これだけ見れば、小泉改革により毎年2200億もの予算を削減され、今やボロボロになってしまったわが国の社会保障制度を見直そうという動きが、ようやく出てきたかに思われる。

しかし、この会に集まった顔ぶれを見れば、社会保障の綻びを繕うどころか、小泉改革を維持し、さらに発展させようと考えている連中が集まっているのは明らかだ。
代表の中川秀直からして、そもそも上げ潮派として市場原理主義すなわち新自由主義を唱えてきた男である。上げ潮派とはすなわち自由放任経済で、政府の管理などなくても市場は自ずと発展し、市場が持つ良識の下、富が再分配されるとする考え方を指す。

だが、今や誰もが承知の通り、アメリカが率先して行ってきた自由放任経済は見事に破綻して今日に至っている。市場の「良識」に任せていたのでは、自国の経済どころか世界中を巻き込む不況を引き起こすことが現実となって明らかになっているのである。
この点を反省することなく、中川秀直はどんな考えをもってこれからの社会保障を考えようというのか。

さらに中川のもとには、やはり新自由主義者として知られる小池百合子石原伸晃山本一太そして今やテレビではヒーロー扱いを受けている渡辺喜美がかけつけている。さらには佐藤ゆかりら小泉チルドレンも雁首をそろえている。
これだけで、このグループの本心は「生活安心保障勉強会」などとは名ばかりで、今や先行きが危なくなった自民党のなかで、なんとか政治家生命をつなぎ止め、新自由主義の巻き返しを図ろうとすることにあるのは明らかというものだ。

さらに目を覆いたくなるのは、メンバーのなかに安倍晋三までが顔を出している点だ。
安倍は麻生太郎との関係が深く、マスコミで報じられている「反麻生」的色彩とは一線を画している。無能と低能なことでは麻生にも劣らない安倍は、何を血迷って新自由主義者と肩を並べているのか。

おそらくは低能なくせに世知にだけは長けている安倍のことだ、自民党が沈没した後に残るグループとつながりだけは保っておきたいといったところだろう。

要するに、中川以下の新自由主義者同様、安倍もまた政治家として生き延びるという、自己保身が今回の行動を起こさせたのだろう。「生活安心保障勉強会」とは名ばかりで、誰一人、国民の生活を守ることなど真剣に考えてはいないのだ。
私は、このような欺瞞に満ちた、噴飯もののグループの存在を断じて許すことはできない。

小泉改革以降、いかに国民が辛酸をなめてきたか。その状態がいつ終わるともしれない状況にありながら、何の反省もなく、善人面をして「生活安心保障勉強会」などという名前をつけること自体、国民を愚弄していると考える。

今後、このグループのメンバーが明らかに成り次第、私はこのブログに公表し、国民生活を破壊しながら、なおかつ世界中でその政策では国を破綻させかねない危険なものであると証明されながら、懲りずに新自由主義を推し進めようと画策する者どもを徹底的に批判していきたいと考えている。

今、世の中は麻生太郎の無能にあきれ果て、これに異を唱える者はすべて正義のように考えてしまいがちだが、これほど危険なことはない。新自由主義者は狡猾で巧妙だ。
日本にこれ以上の格差と生活破壊を許さないためにも、これらの者どもに対する監視をするべきであることを強く訴えていきたい。

関連タグ : 生活安心保障勉強会, 新自由主義者, 中川秀直, 安倍晋三, 渡辺喜美,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。