上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イージス艦「あたご」と衝突し、沈没した漁船「清徳丸」被害者の捜索が、打ち切られることになった。

折しも23日から24日にかけては台風並みに発達した低気圧のおかげで全国に強風が吹き荒れ、関東ではこれが春一番となった。春一番とは春の到来を告げるうららかなイメージを持つが、実は古来から海は大しけとなり山は気温が上がって雪崩が起きるため、漁師たちは恐れを込めて使っていた言葉なのだそうだ。

二日間にわたって吹き荒れた風は、土埃を巻き上げて空を黄色く染めるほどだった。クレーンが倒れ、催事のテントが飛ばされて怪我人が出た。
海が比較的近い私が住んでいる地域も、雲が走り、空はうなりを上げて吠えていた。
今ごろ、現場の海域はどんな状態なのだろうと思わずにいられなかった。
そんな矢先に報じられた捜索中止の知らせだった。
捜索活動は、仲間の漁船が出て行われていたが、吹き止む気配のない風に、25日朝、新勝浦市漁協川津支所は現場海域での捜索を断念し、今後の独自捜索も打ち切ることを決めたと朝日新聞は報じている。

勝浦市川津地区では、海難事故が起きた場合、一週間は捜索を続けるという習わしがあるという。だが、支所での話し合いに先立ち、行方不明となっている吉清さんの家族から「無理をせず中止を」との意向が伝えられたのだという。
家族にとってはもちろん、仲間の人々にとっても、まさに断腸の思いで下した決断だっただろう。ニュースで知った私たちにとっても、まったくやりきれない思いだ。
捜索打ち切り
実は私の母方の祖父も船乗りで、外国船を港に案内する水先案内人をしていた。その祖父も、海の事故で命を落とした。私が生まれる前のことだったが、母親も祖母も、事故で失った命のことをいつまでも忘れず、相手の船のことを憎み続けていた。
今回の事故もまた、同じような悲しみと憎しみを残す結果となってしまったのが、悲しい。

「父親は外国航路にも出ていたから家にいないことが多かった。でも、亡くなって主のいなくなったお膳の上に陰膳が置かれているのを見て、はじめて父親が死んでしまったことが実感されて悲しさがこみ上げてきた」

母親はそう言っていた。
清徳丸の被害者の家族の方々も、やり場のない寂しさと悲しさ、そして怒りを噛みしめていることだろう。

 真白き富士の根 緑の江の島 
 仰ぎ見るも 今は涙    
 帰らぬ十二の 雄々しきみたまに
 捧げまつる 胸と心     

 ボートは沈みぬ 千尋の海原
 風も浪も 小さき腕に    
 力もつきはて 呼ぶ名は父母 
 恨みは深し 七里が浜    

1910年1月、神奈川県逗子開成中学の生徒たち12人が乗り込んだボートが、突風に煽られて転覆、生徒たちが海に投げ出されて命を落とす事故があった。その死を悼んで生まれたのが有名な「七里ヶ浜の哀歌」だ。賛美歌を元にしたこの曲は、歌詞は古くさいけれども気持ちは今も伝わってくる。
もちろん、今回の房総沖での事故と様相は違うが、海中に消えた人を思う気持ちには共通のものがあると思う。

昨日は風も止んで穏やかだったが、今日はまた、朝からどんよりと曇った一日が始まろうとしている。

政府よ、防衛相よ、これからどうするつもりなのだ。
失われた命は、軽くはないぞ。
怒りと無念の埋み火は、いつまでも消えることはない。そのことを忘れるな。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : イージス艦「あたご」, 清徳丸, 捜索打ち切り, 春一番,

人間はどういうわけか、他人より高いところにいると、偉くなったような気持ちになるようだ。
大型トラックの運転手をしていた友人のKは言ったものだ。

「運転席から周りの車を見下ろしてるだろ、そうすると気分がいいね。オラオラどけっ! て、国道でもどこでもバンバン走って行くんだ」

ただでさえ混み合った国道を大型トラックに暴走されたら、たまったものではない。
事故を起こしたことはないのかと私は聞いた。

「あるよ」
彼はしれっとして言った。

「向こうからぶつかってきたんだけどな。ちっちゃい乗用車。横から来て、俺の車の下にもぐり込んじゃった。ぺしゃんこだよ」

それでいて、奴のトラックはほとんど傷もつかなかったのだそうだ。

友人の場合は自車が停止していたから、まあよかったといえばよかった。
しかし、とてもよかったとはいえないのが海上自衛隊のイージス艦「あたご」と新勝浦市漁協所属の漁船「清徳丸」の衝突事故だ。

東京湾沿岸の海域は、大小さまざまな船が行き交うことで知られている。陸上で言えば東京の国道のように交通ラッシュが続いているといっていいだろう。そんな状況の中を、車でいえばモンスター・トラックのような軍艦が前も見ずに走っていたのだ。
前も見ずどころではない。
乗船していた自衛官たちは、ハンドルにあたる舵も握らず自動操舵にまかせていた。
周りにいた小さな漁船は、迫り来る怪物のような船の影に右往左往しただろう。逃げまどって難を逃れた船はよかったが、「清徳丸」だけが避けられずにぶつかった。その衝撃で船体はまっぷたつに裂けてしまった。
ふたつに裂けた清徳丸

これが陸上の事故ならば、まさに友人のトラックの下にもぐり込み、ぺしゃんこになってしまった「ちっちゃな乗用車」のようなものだろう。友人のケースでは、それでも死人は出なかったのが奇跡だったが、「清徳丸」の場合はどうも厳しい状況だろう。

なぜ、自衛官たちは前方を注視せず、そのうえ自動操舵までしていたのか。
そこには高いところに上がると偉くなるような、愚かな錯覚があったのではないだろうか。
小さな船を見下ろして、この海は俺様のものだという驕りがあったのではないだろうか。
そして驕りを持つ者ほど、過ちを犯したときに度を失い、隠しようもない事実を隠そうとする。これもまた愚かな人間の性といえようか。これまでの海上自衛隊の事後処理を見ていると、そう思わざるを得ない。

しかし、自衛官という立場にある人間は、ほんらいがいくら愚かな人間であったとしても、その愚かさを露呈してはならないのだ。規律というものは、人間が集まったときに出してしまう愚かさを、最小限に食い止めるために作られている。そして自衛官は、もっとも厳しい規律の中に身を置く人間たちなのだ。

なぜ、自衛官たちは、自衛隊は、これほど重大な事故を起こしておきながら決然とした態度を取ることができないのだろう。防衛相の石破茂は「私は常に退路を断っているつもりだ」と記者たちに言い、被害者の家族には隠し立てはしないと見得を切った。けれども国民の目に映るのは、卑怯な時間稼ぎをしている組織とそのトップの姿に他ならない。

首相の福田康夫は、相変わらず何が起きても他人事のような口調で談話を出しているが、今回の事故は政府の責任といってもいいのではないか。
国の中枢が劣化し、腐ってくると、その国の軍も一緒に劣化し腐っていくか、あるいは反対にクーデターを起こすものである。日本の政府と自衛隊を見るとき、その相関関係が見えてくるような気がする。つまり、自衛隊は腐りつつある組織であり、その腐敗は政府から伝染してきているもののように思えるのだ。
ことは石破茂が辞任するか否かが問題ではない。自衛隊という組織と、日本政府そのものが身の処し方を迫られている。
私は、今回の事件をそのように見ている。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓

関連タグ : イージス艦, 防衛省, 清徳丸, 衝突事件,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。