上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の武蔵野市議「やすえ清治」のエントリに対して、匿名の方から情報をいただいた。
それは、やすえ自身がエントリをアップした後、メールを送った支持者(?)に宛てて送られたメールのコピーだ。

これを読む限り、やすえは、あの人を傷つけずにおかない暴言を今も率直な気持ちだったとして後悔する気はないようだ。
むしろ、批判もあったけれど予想以上に「よく言ってくれた」という意見が多く、勇気づけられたと書いている。

以下に、やすえによる文章を引用する。


やすえ清治です。ご意見ありがとうございます。
正直言ってこの記事は出すかどうかちょっと悩みました。ここまで言っていいものかと。ものすごい批判も覚悟だったのですが、自分の率直な気持ちのつもりです。

メール以外でもいろんな方からいろんなご意見をいただきました。批判も沢山いただきました。でも、僕の予想よりもはるかに「よくいってくれた」との意見が多かったのは何よりも勇気になりました。

僕のプロフィールに「IT系サラリーマン」と記載してますが、僕も実は派遣社員でした。保険もありませんでした。なかなか厳しいところで、契約期間も何も最初はなくて、研修後の試験で一定の得点を取らないとその場ですぐに切られるんです。(正確には契約してもらえない)大勢の人が応募してきても契約すらできなかった人の方がはるかに多かった。

でも、やっぱ悔しいからさ。僕もそうだし、みんな頑張ってたと思う。決してやりたかった仕事ではなかったけども、やってみると仕事は結構楽しくて、たくさんの仲間がいて、いつ切られるかという不安やいろんな不満もあったけども自分なりの楽しみ方を模索した。最後は辞める時に躊躇した。今でもその時の仲間たちとメールのやりとりはあります。

あの経験は今でも僕の中で生きている。

今はもっと厳しいかもしれません。
ただ、「政治が悪い」だけの方向にベクトルが向くのがいいことなのか?そこを僕は言いたかった。

だからと言って必ずしも今の政策すべてがいいとも思わない。責任がすべて本人にあるとも思わない。本当に困っている人たちを政治が救っていかなければならないと思っている。

だから、みんなにがんばって欲しい。いや、がんばっていこうとメッセージを送りたかった。一生懸命汗を流した人が報われる社会を作りたい。わかりやすく言うとこれが僕の想いです。

表現がまずくて気分を害した方がいたら率直に謝ります。でも本音が言えなくなったらそこで終わり。やっぱ書いてよかった。


まるで学生が後輩に書いた下手くそな手紙のような文章である。

どうやら、やすえ自身も派遣社員を経験しておりそれなりの苦労はしているようだ。
しかし「やっぱ悔しいからさ。僕もそうだし、みんな頑張ってたと思う。決してやりたかった仕事ではなかったけども、やってみると仕事は結構楽しくて、たくさんの仲間がいて、いつ切られるかという不安やいろんな不満もあったけども自分なりの楽しみ方を模索した」というあたりには、一家の生活を背負っている人間の責任感というよりは、学生のアルバイトのような乗りの方が強く感じられる。

今巷にあふれている派遣切りにあった人々は、仕事に楽しみを見つける余裕もなく、まさに「いつ切られるかという不安」が現実のものになって住み家まで失ってしまった人々なのである。やっぱ悔しいからと頑張ろうとしても、会社側からは契約打ち切りの通知を渡されるだけでは頑張りようもないだろう。

やすえがどれだけの期間、派遣社員として「頑張った」のかは知りようもないが、現実に困っている人たちは、会社から直接雇われる期間工として仕事をしていても最長2年11ヶ月で契約を打ち切られ、仕事をもっと続けるには派遣社員として契約し直さなければならなかった。運よく再び期間工になっても2年11ヶ月たてば派遣に逆戻り。この繰り返しをして妻や子供を養っていたのである。
さらに、会社側は直接雇用者を減らすために、派遣会社と目論んで積極的に派遣労働者を増やそうとしていた節がある。
期間工として働き続けるには社員寮を移ってもらわねばならず、そこは2人部屋で6畳一間、ガス・水道もない、事実上寝るだけの部屋になるというのだ。煮炊きができなければ外食かコンビニ弁当に頼ることになり、食費がかさむ。家族に仕送りしていた労働者は、仕送りする金が減るのが心配になる。そこに派遣会社から誘いがかかる。派遣契約をすれば、もっとましな部屋でくらすことができますよ、というわけだ。中には「今だったら入社祝いとして10万円出す」といって勧誘した派遣会社もあるという。
こうなれば、誰だって会社の寮に入って不自由な思いをするよりは派遣会社と契約しようと思うだろう。

しかし、それは会社にとっては人間がモノへと変わることを意味したし、派遣会社にとっては商品が増えて販路が拡大することを意味したのだ。
会社は、不景気になれば派遣会社との契約を打ち切ればすむ。派遣会社は、仕事がなくなったといって放り出す。そこには何も保障などない。彼らが扱っているのは人間ではなくモノだからだ。
40代、50代になってモノとして扱われ、家族を養っていく力を奪われた人々には何が残るか。絶望しかないだろう。

去年、非正規雇用の雇用打ち切りを決めたいすゞ自動車は、その後、労使との交渉により期間工に対しては保証金を出すことにしたが、派遣社員はその対象からはずした。
同じ仕事をしていても、直接会社と契約している期間工と、派遣会社を介していた派遣労働者とでは雲泥の差ができたのである。

そもそも期間工として働いても最長2年11ヶ月しか契約できないようにしたのは、政治の責任だ。企業は政治が作った制度にさからうことなく、最大限に利益を上げることだけを考えるように対応した。それには派遣会社が非常に便利な存在だったというわけだ。
つまり、一にも二にも、今の雇用不安を生み出した原因は政治にある。

この事実がありながら、やすえは「自分も実は派遣社員だったが、自分なりの楽しみ方を模索した」などと余裕のあることを書いている。やすえの頭の中と現実との間には相当の開きがあるとしか思えない。
やすえは、「『政治が悪い』だけの方向にベクトルが向くのがいいことなのか? そこを僕は言いたかった。」と書いているが、政治が悪いこと以外のどこにベクトルを向けるべきだというのか。やすえのような男に、「頑張っていこう、みんなで頑張ろう」と励まされたところで、頑張りようがないのが現実なのである。

そのうえで「自分で死ぬ気でやってんのかよ。政治は魔法じゃねぇんだよ!」と捨て台詞を吐くやすえは、すでに政治家としての自覚はなく、責任を放棄しているとしか思えない。
こんな言葉を吐き散らしておきながら、率直な気持ちを言ってよかったと自己満足しているやすえ清治という男は、政治家と呼ぶのも恥ずかしい、ゴキブリ程度の頭しか持っていないヤツだとしか言うほかない。

「やっぱ書いてよかった」

お前は、アホか。

こんなヤツは次の選挙には立候補してほしくないものだし、もし立候補しても断じて当選などさせてはならないと思うのである。
スポンサーサイト

関連タグ : やすえ清治, 派遣労働者,

テレビのコマーシャルなどを見ていると、自分たちが環境に配慮し、地球に優しい物作りをしていることを訴えている企業が目につく。
もちろん、地球規模の環境破壊や温室効果ガスによる気温の上昇、地球資源の枯渇など、今、人類が総力を挙げてこれらの問題に取り組まなければ、将来の地球が大変なことになってしまうだろうことは想像がつく。だから、どんな企業も資源の節約やリサイクルに取り組む必要があるし、新しく作る製品はできるだけ環境に負荷を与えず、環境を汚さないようなものを作っていかなければならない。
消費者はコマーシャルなどを通して、企業が訴える言葉を聞き、環境に配慮する企業はいい企業だというプラスのイメージをふくらませていく。

大学を卒業する学生たちに、どんな企業に就職したいかを聞くと、まず第一に安定した企業の名前が並ぶのは昔から変わらないことだが、今はもうひとつ、その企業が環境対策をしっかりしているという点もポイントになっていると思う。環境に優しいモノづくりをしている企業はいい企業なのだから、就職してもいいと考えるのは一応理屈が通っている。
私のような社会の道から一歩はずれたところを歩いている人間からすれば、安定した業績を上げている企業ほど社会の裏側ではそうとう汚れたことをやっているのを知っているし、クリーンなイメージを訴えている企業ほど実際には表に出せない企業実体を抱えているところが多いことを知っている。
だから、マスコミが毎年懲りもせずに行っている大学生の人気企業番付の類を見ると、フンと鼻で笑うばかりなのだ。

たとえば、環境に優しいモノづくりを訴えている大企業では、どんなことが行われているか。
志位和夫

10月7日の衆議院予算委員会で質問に立った共産党の志位和夫委員長は、日本を代表する有名企業が仕事の現場でどんなことを行っているかを白日の下にさらして見せた。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-10-09/2008100908_01_0.html

たとえば青色発光ダイオードの開発で知られる日亜化学では、偽装請負で働かされていた若者たちが、過酷な労働に徳島労働局に救済を求めた。そのうちの一人はライン作業中にロボットに接触し、腕に大けがを負ったという。しかし、日亜化学と派遣会社は労働災害の責任をすべて本人の責任に負わせ、偽装請負を隠蔽するための口裏合わせを強要した。
若者たちはやむにやまれず労働局に救済を求め、労働局も偽装請負があったことを認定し、いったんは1600人の請負労働者全員を順次、直接雇用にするという合意が成立した。
ところがその後、日亜化学はその合意を反故にしたうえ、救済を訴え出た若者たちから仕事を取り上げた。さらに一方的に雇用契約を打ち切った。
青色発光ダイオードによって大儲けし、その名前を世界に知らしめるようになった日亜化学は、偽装請負を行い、そのうえ理不尽にも労働者から仕事を奪ったのである。

さらに経団連会長で、消費税を是が非にも上げようとしている御手洗富士夫を出したキヤノン。この企業は日本が誇る優良企業として学生たちの人気も高いことで知られるが、その関連会社である宇都宮光学機器でも偽装請負で若者たちが働かされていた。
この場合も、栃木労働局によって偽装請負と認定された労働者が期間社員なったものの、そのうちの一人はわずか11ヶ月で解雇された。
この人がやっていた仕事は、生産部門の中でもっとも重要な部品を作る作業で熟練を要するものだった。高い技術を持っていたことから正社員の技術指導まで任されるほどだったが、会社側は彼を罵倒したり、頭を小突くといった嫌がらせを行った。その挙げ句、些細な理由をでっちあげて解雇した。
なんとも非人道的な行いで、キヤノン宇都宮光学機器が行ったことは人権蹂躙の見本のような仕業である。

トヨタ自動車の中核企業であるトヨタ車体では、派遣労働法の禁止事項をかいくぐるための卑劣な手段が執られていた。
ここは環境に優しいハイブリッド車のプリウスなどを生産している企業である。
派遣労働を導入するには「臨時的、一時的な場合に限る」「常用雇用の代替(正社員を派遣に置き換えることはしてはならない)」という大原則がある。
さらに、この大原則を守らせるためには派遣受け入れの期間が制限されており、派遣期間は原則として1年、最長でも3年までとして、これを超えて同じ業務を続けさせることは違法としている。

ところがトヨタ車体では、まず第一に派遣労働者の数を2005年から2008年までに倍増させている。全従業員に占める派遣の割合は16.5%から26.3%まで増えているのだ。トヨタ車体は、派遣労働者を増やすことでコストを削減し、利益を186億円から224億円まで増やしたという。

では、利益を増やすのに重要な役目を負った派遣労働者たちに、トヨタ車体はどのような働かせ方をしていたか。
志位和夫委員長が実際に聞き取りをした話を引用する。

>「車のドアやボンネットなど重いものでは二十キロから三十キロもの大型部品を段ボールにこん包する仕事をしています。多いときには一日千箱ものこん包作業となり、あまりの重労働のため腰痛で苦しめられています。作業は、正社員とまったく同じ仕事ですが、給料は手取りで二十万円、正社員よりはるかに低い。さらに派遣会社が借り上げたアパートに住むと五万円以上が引かれ、手元には十数万円しか残りません。アパートは、3LDKなら三人、2LDKなら二人の共同生活で、部屋はふすま一枚で仕切られているだけ、自分の部屋に行くにも、他人の部屋を通らないと行けないアパートもあります。六カ月ごとの短期雇用契約を、くりかえし更新させられています」<

まるで牛馬のように人を使い、タコ部屋に押し込めた挙げ句にアパート代まで天引きし、さらに短期雇用契約を繰り返し更新することで3年以上働かせていた。それがトヨタ車体がやっていることである。

また、トヨタ車体ではまったく同じ作業をする生産ラインが正社員と派遣労働者とに分けられ、3ヶ月と1日ごとに交代させていた。何のためにこのようなことをしていたかといえば、3ヶ月と1日以上派遣労働者を入れないラインを作ることによって、いわゆる「クーリングオフ期間」が成立し、3年を超えて派遣労働者を使っても法律に触れないことになるという理屈を作っていたのだ。トヨタ車体では、こうして恒常的に派遣労働者を使い続け、業績を上げてきたのである。
労働内容はまったく同じなのに、配置を交代させるだけで期間制限を超えても延々と派遣労働者を使い続ける。そして、今世界を揺るがす金融不安定の時期が来て輸出業の業績が伸び悩む、つまりクルマが売れなくなってくると、簡単に派遣の首を切るというわけだ。

トヨタではこうした違法な雇用形態を全社的にとってきた。そうして年間2兆円もの売り上げを上げ、世界一の自動車メーカーと呼ばれるようになったのである。

違法な雇用を行い、労働者が悲鳴を上げて救済を求めると冷酷に解雇するという手口は、日亜化学キヤノン宇都宮光学機器だけでなく、松下プラズマでも行われているという。

キヤノンが悪質なのは、志位和夫が本社の専務取締役と会って問題を糺したときに「製造派遣は年内に解消する」と約束しておきながら、実際には派遣を請け負いまたは期間社員に置き換える方針に替えただけで、6ヶ月ごとに契約更新を繰り返し、最長でも2年11ヶ月で契約中止するという、きわめて企業側に都合がいいないように改められただけだったことだ。企業にしてみれば、労働者側に問題があった場合はもちろんのこと、企業側に経営方針の変更や業績の悪化による縮小などが必要になった場合も気軽に労働者の首を切って人員整理をすることができる。

これではいくら世間から優良企業、安定した企業と見られていても安心して働くことなどできないだろう。
基本的に労働者をモノとしか考えていない企業は、たとえ正社員であろうと都合が悪くなればどんどん居づらくなるようなパワーハラスメントを行うだろうし、派遣労働者を簡単に解雇するような企業ならば、労働力が減った分のしわ寄せを正社員に負わせるのが当然と考えるだろう。

10月7日に行われた共産党志位委員長の質問は、民間放送では決して放送できない内容だった。もちろん、自民党偏向のNHKだって中継以外、ニュースでこの模様を流したりはしない。
しかし、この問題はひろく日本社会の人々が知っておくべき内容だったと思う。
今の日本の労働者が抱える問題を解決していかなければ、日本の貧困問題も解決できない。貧困問題がいつまでも解決しなければ、国民生活が明るくなることもない。

共産党の質問に対して、答弁に立った麻生太郎や舛添要一ら自民党の閣僚は、一様に「ココの企業の問題については答えることができない」と逃げの答弁に徹していたが、こうした姿勢を取る者たちでは何ら問題を解決できないことは明らかである。
麻生太郎は政権にしがみつくことに汲々としているが、必要なのは一刻も早くこの者どもから政権を奪うことなのだ。

関連タグ : 派遣労働者, 偽装請負, 日亜化学, トヨタ, キヤノン, 松下プラズマ,

洞爺湖サミットについては、私は何も期待するものがない。
己の利害を第一に考える指導者たちが雁首を並べたところで、実りある具体策が生まれるとはとうてい思えないからだ。
ため息混じりの私の思いを象徴するような場面が、昨日の「ニュース23」で映し出されていた。

「おい、ジョージ。来いよ」
テラスでの記念撮影を終えた首脳たちがホテルに引き上げようとしているとき、イタリアのベルルスコーニがブッシュに声をかけた。
ニヤニヤしているベルルスコーニのところにブッシュが行くと、ベル公はホテルの窓を指さして言った。
「君のことを撮りたいって言ってるのかもしれないぞ」
ブー公が指さされた方を見上げると、2階の窓際に、携帯やカメラを持ったホテルの女子従業員たちが立ち並び、キャーキャー声を上げているのだった。
ブー公も思わずニヤニヤして手を振り、その声援に応え始めた。
ベル公とブー公の他に、もう一人フランスのサルがにやけて女子従業員たちを見上げていた。
G8

まるで高校生が修学旅行先で、どこかの女子校の生徒たちに遭遇しているような光景だった。
「おい、ナンパしようぜ」
ベル公あたりはそんなことをブー公の耳元で囁いたかもしれない。
「一発やれるかもな」
サルも言ったかもしれない。

つまりはサミットなど、この程度の集まりでしかないのだ。

破産寸前のホテルを大金を出して借り上げ、地元名産の食材をふんだんにつかってフルコースの食事を振る舞い、世界の貧困と食料問題を語り合う。

なんとふざけた会合だろう。
税金の無駄、と騒ぐ連中がいて当然だ。
G8など、なにももたらさないと批判されるのも当然だ。
2050年までに温室ガス排出量を半減させると宣言したところで、金儲けに走っている先進国は例の排出量取引とやらで貧しい国の人々を札束で顔を張るようにして排出権を買い取り、帳簿上の体裁をつけるだけに決まってる。
こんな奴らの宣言に、誰が騙されるものか。

先進国首脳というセレブたちが専用ジェットで大量に二酸化炭素をはき出しながら日本に来ている最中にも、日本の社会の底辺では派遣労働者たちが新しい身分格差のなかで苦しんでいる。
その実態を毎日jpが取り上げている。

39歳の男性は都内でひとり暮らし。複数の派遣会社に登録しているが、仕事がない日はざら。仕事は大工や引っ越しなど力仕事の現場がほとんどで収入は10~20万。
ある現場では、正社員がスタンガンをちらつかせながら派遣を酷使している場面に出くわした。
「同じ派遣の仲間が、そいつにけられ、殴られた。スタンガンは使わなかったようだが、まるで奴隷扱いだった」と男性は振り返る。

横浜市の45歳の女性は親元で暮らしているが、月収は10万未満。仕事は荷物の仕分けや街頭でのティッシュくばりなど。夏の仕事場で、「お前は社員ではないから」と休憩室を使わせてもらえず、炎天下の道ばたでおにぎりを食べたことがあった。乗りかけたエレベーターから追い出され、1階から6階を階段で行き来したこともある。

派遣社員が働く現場では、このような差別が日常的に行われているのである。
社員は社員で、成果主義のもと会社に尻を叩かれ続けているので余裕などない。自分より下に位置する派遣社員に対して、いきおい居丈高になり、鬱憤を晴らしているのかもしれない。
しかし醜い差別構造が、この社会の中に着実に根付いていることは事実なのだ。

このような状況は、はたして改善されるのか。
自民公明両党は8日、日雇い派遣の原則禁止など派遣制度の規制強化策を盛り込んだ提言をまとめ、桝添厚労相に今秋の臨時国会で労働者派遣法を改正するよう求めた。派遣先企業にも法律上の労災防止責任を反映させる措置や、特定企業だけに労働者を派遣する「専ら派遣」への規制強化、マージンの公開義務づけも盛り込んでいるという。しかし、経団連をはじめとする企業側はこの規制に警戒感を示し、今後抵抗していくことが予想される。

企業側は人件費を削るために非正社員を使い、人件費を抑えようとする。しかし、低賃金で保障もない非正社員では結婚することもままならず、このままでは少子化がさらに進んで年金制度も社会保険制度も破綻する。企業は社員の技能や熟練を蓄積できなくなり、国際的な競争力を失っていく。
経済学者の金子勝は、こうした悪循環がすでに社会を蝕み、日本の将来に暗い影を投げかけていると分析している。

企業側は、財界側は、国際競争力をつけるためという名目で税制の優遇を受け、さらに人件費を節約して非正規雇用を多量に利用することで利潤を上げてきた。
しかし、結局行き着く先は企業にとっても労働者にとっても暗澹たる未来でしかないのだ。

洞爺湖で馬鹿げた政治ショーが演じられている間にも、社会は暗闇の待つ未来に向けて歩み続けている。
われわれが目を向けるべきは、行く手に待つ「闇」をいかに振り払うか。その有意義な方策を語る人々であることは言うまでもない。

関連タグ : 洞爺湖サミット, G8, , 派遣労働者, 身分格差, 労働者派遣法,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。