上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
郵政社長人事をめぐる対立で、とうとう鳩山邦夫総務相が更迭された。

麻生太郎にしてみれば鳩山は「太郎会」の会長であり、麻生が代表選に立ったときには3回も選対本部長を務めたほどの功労者だ。
その鳩山を麻生が切った裏には、あの「郵政民営化」選挙で大勝利を収めた自民党内に、今もこの問題を逆行させるような動きに対しては大きな抵抗が働いていることを感じさせるものがある。
鳩山が対決しようとした西川善文は、竹中平蔵の肝煎りで三井住友銀行から迎えられた人物で、西川に辞任を迫った鳩山に対しては竹中が血相を変えて非難している様子がテレビに映し出されていたのが印象的だ。
今回の決着を導いたのにも竹中=小泉=財界の思惑が働いていたのは明らかであり、鳩山邦夫は孤軍奮闘の英雄気取りで「正義を貫く」と言い続け、更迭が決まってからは「潔く去る」といいところを見せようと涙目になっていた。

しかし、鳩山邦夫という男は「正義漢」どころか「男らしい」人間でもなく、これまでの経歴をたどれば再三にわたって恩を仇で返してきた卑劣な人間であることが分かる。
その辺をkojitakenの日記がうまくまとめているので、引用させていただく。
タイトルは「鳩山邦夫裏切りの人生」だ(笑)。

[旧民主党結党時に武村正義・村山富市両氏を排除]

鳩山由紀夫・邦夫の兄弟が「排除の論理」と称して、さきがけの武村正義氏や社民党の村山富市氏の民主党への参加を拒否。この動きに特に熱心だったのが、弟の鳩山邦夫だったことはよく知られている。

[東京都知事選立候補のためと称して民主党離党、その後なんと自民党入り]

そんなわがまま三昧の鳩山邦夫だったが、1999年の東京都知事選に立候補するためと称して民主党を離党。しかし、都知事選では民主党の支援を受けて戦った。結局都知事選は、「後出しジャンケン」で参入した、鳩山邦夫以上に卑劣な石原慎太郎に敗北。しかし鳩山は、都知事選後も民主党に戻らず、あろうことか自民党入りしてしまった。

[菅直人への「刺客」として衆院選に立候補]

民主党を裏切って自民党入りした鳩山邦夫は、ナナナナナント! 2003年の衆院選で菅直人の「刺客」として東京18区から立候補。この時鳩山邦夫は、「あのような人物を一国の総理にするわけにはいかない」とほざいた。この選挙で鳩山は、一時は菅直人を上回っているとも報道されたが、結局地力の差が出て選挙区では落選、比例で復活した。


どういうわけか、反自民を標榜するブログ界では今回の鳩山邦夫の「反抗」を持ち上げ、あろうことか民主党に戻って兄・由起夫とタッグを組むべしなどという輩がいるようだ。
しかし上の引用にもあるように、鳩山邦夫は都知事選のために民主党を離党し、そこで敗れるとあろうことか今度は自民党に寝返った男である。そして今度は菅直人の刺客として立候補した。これはまさに、恩人に対して後脚で泥を浴びせるような真似といってもいいのではないか。
鳩山邦夫がいかに見得を切って「潔く去る」などと言っても、決して騙されてはならないと思う。

私自身が鳩山に対して不信を抱くのは、法相時代に「死刑をベルトコンベアー式に自動化する方法はないものか」といい、2月ごとに死刑執行を命じていたことが大きい。この男は人の命をどう考えているのだろうか。そう思わずにいられなかった。
朝日新聞の素粒子が「死神」呼ばわりして、鳩山は血相を変えて怒ったが、数日前に冤罪だったことが明らかになった管家利和さんの例を見ても分かるように、死刑制度は罪もない人を殺してしまいかねない危うさを持っている。
それを鳩山のような考えで自動化していったらどうなるか。
管家さんのように無罪を主張し、確たる証拠もなかったのに死刑が執行されてしまった飯塚事件の久間三千年さんのことを考えても、慄然とするしかないのである。
鳩山邦夫という男は、不完全な死刑制度を積極的に肯定し、自ら機械仕掛けのロボットのように2月ごとに死刑執行の命令を下していったのである。
このような男を、どうして今さら「正義の人」などと呼べるだろうか。

民主党員のさとうしゅういちさんもまた、鳩山邦夫に対しては厳しい見方をブログで見せている。
さとうさんは鳩山のことを「正直に申し上げて「裏切り三昧で信用できない人」だとわたしは思います。」と評し、「野党であろうが、与党であろうが、一般有権者であろうが、この方を過剰に持ち上げることは愚策だ」と述べている。そして鳩山の本質は「信念などあまりなく、その場その場で、受けそうな行動を派手にぶちあげる。」というところにあることはたしか、としている。
そのうえで、さとうさんは鳩山邦夫が民主党に復党することについて、「弟だからといって特別扱いしたら、それこそ、民主党の世襲立候補禁止の趣旨(仲間内政治の排除)にも反してくる」と釘を刺している。

今回の郵政社長人事では、またしても決断力のなさを見せつけた麻生太郎だが、この一件が支持率をいっそう低下させるのならばまだしも、端から見れば自民党内のゴタゴタでしかなかった今回の事件を上手いこと理由付けして郵政民営化を正当化し、さらなるカイカクを進めようという議員たちを勢いづかせてはならない。
国民にとっては西川善文などのことよりも、苦しくなる一方の生活をどう立て直すか、社会保障をどう見直していくのかが最大の焦点なのだ。
このことを忘れて自民党に利するようなことがあってはならない。
なによりも政権交代をして自民党を倒し、これまで自公政府が行ってきた悪政ひとつひとつを新しい政権の手で洗い直していくのをなんとしてでも実現化しなければならないと思う。

私は民主党が第一党になっても批判すべき点はたくさん出てくると思っているし、そのときには遠慮なく批判していきたいと思っている。できることならば民主党を中心に社民、国民新党の連立でバランスの取れた政治を行ってもらいたいものだが、どんなときにも政権を厳しく監視するのは国民の務めであることを忘れないでおきたいと思っている。
スポンサーサイト

関連タグ : 鳩山邦夫, 正義,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。