上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かねてよりさまざまな疑惑が取りざたされてきた千葉県知事森田健作だが、就任2ヶ月になる今になっても新たな疑惑がわき出している。

ほんとに疑惑モリモリの森田健作

今日紹介する新たな疑惑の第一は、知事の定例記者会見で知事の都合の悪い部分を勝手に編集しているのではないかという疑惑。
この詳細については「広島瀬戸内新聞ニュース」のさとうしゅういちさんが報じている。それによると、千葉県が運営するホームページでは知事の定例記者会見の動画が配信されており、県民が千葉県の施策を知事の生の声を通して知る機会になっている。
ところが、この記者会見の模様が不自然にカットされてしまったのだ。

これまで記者会見は4回行われているが、すべて放映されたのは1回目と2回目だけで、3回目は最後の約12分がカットされていた。
さらに4回目は最後の6分がカットされていた。
この恣意的に行われたと思われるカットされた部分にはどんな受け答えが収録されていたのか。

3回目の会見は4月30日、4回目の会見は5月14日に行われたが、この両日とも終わりに近い部分で記者たちから森田健作が自民党の支部長を務めていた問題や、高校での講演料を政治資金として扱ったこと、森田の唯一のヒット作である「俺は、男だ!」を題材にしたパチンコ台が出回っていることに対する質問が出たという。
これに対して森田は、記者の質問を遮り、ときには声を荒げる場面もあったという。

こりゃ、恥ずかしいし、とてもやばくて県民には見せられないわな。

で、森田が指示したのかどうかは不明だが、問題の部分が映った動画が不自然な形でブツンと途切れることになってしまったというわけだ。

もう爽やかでクリーンなイメージだけが財産のモリケン、台無し。

この不自然なカットについては県議の間から強い抗議が出て、あらためて定例記者会見は冒頭から最後まで放映することをもとめた。
これに対して県の報道広報課は、「サーバーの容量の関係上、30分以上は放映できない」と説明した。
だけど、1回目の定例記者会見では45分28秒すべて放映してるんだぜ。
森田、この段になって苦しい言い訳をするなよ、男がすたるぜ。

「段」といえば、疑惑の二つめ。

それは森田健作がプロフィールにも謳ってきた「剣道二段」という肩書きが、どうやらウソだったようなのだ。
おいおい、モリケンから剣道を奪ったら、後に何が残るっていうんだよ。

これは雑誌『AERA』が伝えたもので、その取材記事によると、森田が所属する「サンミュージックプロダクション」の政策部長で森田のマネージャーも務める石本耕三氏が説明。
「森田は、親類の範士(剣道の最高位者)が開いた道場に通っていたが、中学3年か高校1年のとき、範士から『君はもう二段だ』と言われた。そのことを受けて『剣道二段』を名乗っている」のだという。

一般に、剣道の段位は全日本剣道連盟が開催する審査会で認定されたものを言う。
けれども、われらがモリケンは全剣連の段位は取得していないのだそうだ。
私ゃ、思わず「一本!」と旗を振り上げたくなっちゃったよ。

まあモリケンのことを考えてみればある意味、範士から「君はもう二段だ」と言われたからその気になって「自分は剣道二段」と思い込むようになったというのもアリかなとは思う。
でもさ、59歳になる今まで、一人で勝手に思い込んでいた段位をプロフィールに謳っちゃまずいでしょ。
あんたも知事なんだし。

モリケン、それでもお前は「男」か?

就任してわずか2ヶ月で、これほどボロが出てくる男というのも珍しいというか、ある意味、自民党員らしいわな。

この先、モリケンからどんなウソや虚偽記載が飛び出してくるか。
『AERA』ではこの他にも、森田が知事選中
「精査しながら、関係都県と協議したうえで対応を考える」としてきた八ツ場(やんば)ダム建設について、わずか就任6日目に開かれた自民党系議員が中心の会合で「八ツ場ダムはやらなきゃダメ」と推進の立場を明確化したという事実も報じている。

まったく森田健作という男は、人間性そのものに問題があるとしか思えない。

千葉県民は我慢強くこの男とつきあい続けるか。

それともいっそ声を上げて「さらば、森田と言おう」というわけにいかないものだろうかね。

スポンサーサイト

関連タグ : 森田健作, 千葉県知事,

今さら何を言っても森田健作(本名:鈴木栄治)が100万票以上もの有権者からの信任を獲得した事実は変わらない。
これについて文句を言ったところで負け犬の遠吠えというものだろう。

しかし、森田健作はそのマニフェストでも教育問題にからめて子どもに対する道徳教育の重要性を訴えていたことは記憶に新しい。
私のような者から見れば、森田の説く道徳教育はアナクロニズムそのものであり、戦前からついこの間まで続いてきた男尊女卑的なニオイが鼻を突く、鳥肌が立ちそうなほどかび臭い代物だった。
だが世の中には森田の道徳観に共鳴し、私の書いた批判の方が間違っていると感じた人もいくらかはいたようで、お叱りに近いコメントを頂いたのも事実である。
たしかに、人間社会が円満に成り立っていくには道徳は重要な役割を持つ。
人に嘘をついたりしてはいけないし、目上だけに限らず他人に対する敬意を持って生きて行かなければならない。それは人間の根幹に関わる価値観であり、常に清廉潔白を貫いて生きて行くのは難しいとしても、心のどこかに忘れずに置いておき、いつでもそこに立ち戻ることができるようにしておくべきものである。

ところでブログ界には非常に調べ物が上手な人が少なくない。
私が今日、とても興味深く見たブログもそんな人によるブログである。
卵かけごはんさんによる「東京サバイバル情報」の「さらば…右翼と言おう♪」パート4というエントリhttp://yaplog.jp/ichijihinan/archive/192で、先日私が拝見したエントリの続編ともいうべきものである。
すでに前のエントリで森田健作は自民党東京都衆議院選挙区第二支部を通して多額の献金を受けていたことが明らかになっているが、たしか森田は当選が決まった翌日のニュースで小沢一郎の西松建設問題に触れ、あの企業献金問題が今回の選挙の結果に影響があったと述べ、不正な献金はいかん、というようなことを言っていたかと思う。

しかし、「東京サバイバル情報」に出ている事実を見ると、森田健作自身がいくつもの企業からの迂回献金を受けていたのが一目瞭然で、少なくとも森田に小沢一郎を避難する資格などはないというのが私の気持ちだ。

さらに問題なのは、卵かけごはんさんも書いているように、自民党支部という企業からの献金の受け皿を持っていながら選挙期間中「無所属、無党派」を声高に連呼し、いかにも自分は清廉潔白の士であるかのように選挙民の心に訴えていた事実だ。
そういえば何年か前に民社党から立候補した新間正次が、選挙活動中に「中学生当時、公費の留学生に選ばれ、福祉を学ぶために、スイスで半年間、ボランティアの勉強をした」と嘘の演説をしたことがあった。新間はその効果があってか見事に当選。
ところが、当選の万歳をしている最中に「明治大学入学というのは事実か?」と記者から質問され、「入学手続きはしたけど、授業には出ていない」と答え、これが記事になるやそもそも明治大学に入学した事実もなかったという学歴詐称が明らかになり、これが元で公職選挙法235条違反(虚偽事項の公表)で在宅起訴されてしまった。新間はその後民社党を離党し身の潔白を訴えたが、最高裁判所は禁固6月執行猶予4年の有罪判決を下し、これが確定した。
そして新間の当選も無効となった。

そこで今回の森田健作センセイだ。

この選挙期間中、「完全に無所属、しがらみのない候補」と連呼しながら、その実自民党に所属し、その支部を迂回してたんまり企業献金を受け取っていた森田の場合は問題にならないのか。
私から見れば、森田に比べれば新間正次の学歴詐称がカワイク思えるのだが、どうか。
卵かけごはんさんは手厳しく「学歴詐称」よりたちの悪い「政党詐称」と言っているが、モラロジーにうるさい人々はどう考えるか。

知事と決まってしまった以上仕方がないが、森田にもっとも必要なのは己の道徳観をもう一度点検することだろう。


関連タグ : 森田健作, モラロジー, 企業献金, 詐称,

それにしても昨日の千葉県知事選は異常だった。
なにしろ開票したとたんに森田健作の当確が出てしまったのだ。
それほど森田の勢いはすさまじかったのだろう。
結果、森田は100万票以上取って2位の民主党推薦候補だった吉田たいらに倍近い差をつけて圧勝してしまった。

考え得る中でも最悪の結果になってしまった。

公明党が推していた新自由主義者の白石ますみは34万票あまり。森田の約3分の1で、森田からすればまったく敵ではなかったということになる。

昨日の夜は、あまりの悔しさに私も少々荒れてしまったが、一人で嘆いていても仕方がない。
これからの4年間がどんなものになっていくのか、千葉県民の生活がどう変わっていくのかを考えるとなお暗澹とせずにはいられないが、ここは気持ちを切り替えて、森田健作がなぜ勝ったのかを考えておきたい。

そもそも4年前の知事選で、森田は堂本暁子と大接戦を繰り広げており、わずか6000票ほどの差で敗れている。森田としてはほんとうにこれが悔しかったのだろう、政見放送でもまず4年前の悔しさを述べていた。同時に、6000票の差であれば、この次は絶対に取り返せるという目算もあっただろう。
今回の知事選で立候補したのは森田の他に民主・社民・国民新推薦の吉田平、公明党推薦の白石真澄、無所属だが前自民党県議だった西尾憲一の5人。
はっきりいって、森田以外に名を知られる人物はいない。
白石真澄はテレビのコメンテーターなどでマスコミに登場することもあったが、森田と比べると知名度においてその差は歴然だった。

実際、わが家の近所の主婦の中には「こんどの選挙どうする? 私、森田健作しかしらないんだけど」と話す者がいたように、はじめから森田健作ありきだった有権者がかなりの数、いたものと思われる。

冷静な目で各候補者の主張つまりマニフェストを見比べれば、森田の主張が「千葉県を日本一に」と繰り返すばかりで具体性がなにもないことがすぐに分かるのだが、今回の選挙は有権者の中にマニフェストに目を通す者はごく少ないという事実をも明らかにしたと思う。

となれば、森田がいかにアナクロニズムなことを言い張り、その背後にサラ金や新興宗教などの協力者がついていたとしても有権者にとってはいまだに「青春の巨匠」であり、さわやかに「さらば涙と言おう」を熱唱する熱血漢のイメージが頭にこびりついており、今や俳優としてはほとんど振り返られることもなくなった森田程度の男でも唯一の“有名人”としてハートを鷲づかみにされてしまうのだ。
なんともお寒い状況で、これでは日本の選挙は学級委員を選ぶのと同じ、人気投票と変わらないということになる。
そして選挙が人気投票であることは、東京都で石原慎太郎が3期続けて圧勝し、大阪で橋下徹が圧勝し、宮崎で東国原英夫(そのまんま東)が圧勝したことの延長であり、今回、森田健作が圧勝したことは当然と言えば当然のことだったのである。

ここまで考えるのは容易い。
おそらく政治のプロならばもっと詳細に状況分析して選挙戦に入ったことだろう。
しかし、圧倒的に有利な森田健作を前にして、民主党は候補者を立てるのにもたついた。
はじめはこともあろうに白石真澄を公認にしようとして自民党とぶつかり、結局推薦をとりやめた。自民党もケチがついた白石を捨てて議連は各自の自由に任せるとしたが、その半数は森田についたと言われる。
森田健作がいちはやく立候補を表明したのに比べ、民主党からの立候補者はなかなか決まらず、結局、堂本暁子が後継者として選ぶ形で吉田平を立てた。
しかし吉田の知名度は広い千葉県ではほとんど知られておらず、森田に対抗させて行くにはよほどの知恵を集めなければならなかったはずだ。

しかし結局は民主党は有効な手を打つことができず、反対に党内で小沢スキャンダルが勃発したために足並みが乱れることになった。

政権交代を目指す民主党にとって、今回の千葉知事選は重要な意味を持つと私は思っていたのだが、結局、民主党は無策のうちに敗れてしまったと言う他ないだろう。
テレビ・新聞では今後、小沢代表の辞任問題に発展する可能性をしきりに出しているが、問題の根幹は小沢一郎ではないだろう。
たしかに小沢のスキャンダルはマイナスにはなっただろうが、それがすなわち選挙結果に見るダブルスコアにつながったとは考えにくい。
ここはやはり、民主党そのものの考え方が甘かったというべきだろう。
したがって、私はもう一度ここで繰り返すが、この選挙結果で小沢一郎をさせることには反対である。小沢を辞めさせたところで党内がどれほどまとまれるのか。なによりも、小沢一郎が退くことで民主党の訴求力が今よりも強くなるのかを考えると、いたずらに小沢降ろしに走るのはムダとしか思えない。

問題は、ポピュリズムにかくも弱いことが明らかになった日本の有権者に対して、どうやってまともな政策を打ち出し、心に焼き付けさせることができるか、その方法を党を挙げて模索することだろう。これは東国原や橋下の支持率が今以て高いことを考えると、なまなかなことではないと思う。

悲しいことだが、千葉には森田健作というアナクロニズムの出自をたどれば自民党政治そのままの政治家がトップに立ってしまった。

民主党、社民党、国民新党が政権交代を真剣に考えるならば、よほど腹をくくっていかなければならないと改めて思った次第である。

そしてもうひとつ。
蟹工船ブームなどがあり、注目度がアップしたはずの共産党が無残な負け方をしたことをどう考えるか。
単に格差是正や貧困解消などと訴えるだけでは票は取れない。
今回の選挙はその難しさも提示することになったと思う。


関連タグ : 森田健作, 千葉県知事, 民主党,

なんだかだ言っているうちに千葉県知事選の投票日は明日にまで迫ってきた。
今日が最後の運動とあって、各候補とも声を枯らしていることと思う。
けれども千葉県に住む有権者にはぜひともここで冷静な判断をしてもらいたい。

まず、なによりも投票すること。
そして今の自公政権にNOという声を突きつけるために、森田健作白石ますみには投票しないことである。
森田健作は無所属と言いながら議員時代は自民党から立候補していたのだし、無所属無党派を訴えながらも自民党からしっかり寄付金を受け取っている男である。
森田についていえば、前のエントリでも書いたように幸福の科学や統一教会とのつながりがあり、しかも右翼団体の日本会議とも関係が深い。こんな男にだけは知事になってほしくないものだ。

そして白石ますみについても、公明党が支持していることはすでに承知の通りで、しかも何より悪いのは小泉純一郎と同じ、日本をぶっ壊そうとするカイカク主義者つまり新自由主義者であることだ。白石の応援にはやはり改革派で超タカ派の橋下徹が名を連ねている。
千葉県民は大阪府民が犯した過ちを繰り返してはならない。白石には惨敗を喫してもらい、公明党にも痛烈なパンチを食らわしてやりたいものだ。

候補者の中でいちばん影が薄い? のは西尾憲一だが、これも素性をただせば自民党県議である。マニフェストでも今の政府が進めている政策に当たり障りのないような言葉を並べている。それだけでも知事にはしたくない。

残る候補者は、民主党・社民党・国民新党が支持する吉田平と共産党の八田英之だが、ここで票割れしてしまっては元も子もない。私自身は八田を支持したいところだが、選挙前の調査でもっともリードしている森田健作に肉薄しているのは吉田の方である。
吉田の主張は八ツ場(やんば)ダム建設中止、三番瀬保全、特別養護老人ホームの人員5割増しなどまずまずのもの。
千葉県民としては吉田平に一票を投じてもらいたいものだ。

もちろん、一県民として私も明日は吉田に投票するつもりだ。

関連タグ : 千葉県知事選, 吉田平, 森田健作, 白石ますみ,

昨日に引き続き、千葉知事選挙でリードを伝えられる森田健作の批判をする。

まず、「dj19の日記」が取り上げている「森田健作先生のマニフェストがひどい」http://d.hatena.ne.jp/dj19/20090324/p1から。
ここではマニフェスト「政党より県民第一。輝け千葉・日本一」17ページにある「教育日本一」という項目を引用している。
私も読んでみてたまげたが、その内容はヒドイの一言に尽きる。マニフェスト

「学級崩壊のみならず、家庭内殺人・無差別殺人など、これまでの常識では考えられないような事件が頻発しています」って、これではまるで子どもたちが「家庭内殺人」や「無差別殺人」を頻発させているかのように読める。
ブログ主もそれを取り上げて、「何を根拠に言ってるんだろう? なんか『少年犯罪の急増、凶悪化』といったマスコミの捏造報道を信じちゃってるっぽいなぁ」と軽くジャブをくれている。
実際、法務省がまとめた『犯罪白書』を見ると、日本社会で少年犯罪がどれだけ発生しているのか、その推移を見ることができる。そして、そのデータを見ると、少年犯罪のピークは1960年代、80年代、90年代後半にあるものの、全体を見渡してみればその数が最近になって急増しているなどという事実はないことが分かる。森田健作はこのデータを見ることもなく、テレビなどが無責任に垂れ流している報道のイメージから「これまでの常識では考えられないような事件が頻発しています」と書いているのではないか。
さらに、「常識では考えられないような事件」というのは凶悪事件のことだろうが、殺人、強盗、強姦、放火などの凶悪な事件は1950年代から60年代に大きなピークがあり、それ以来、全体としては減少傾向にある。

森田健作、何を見てマニフェストを作っているのだ?

さらに「カルトvsオタクのハルマゲドン/カマヤンの虚業日記」では、森田健作が統一協会や政界進出を目指す幸福の科学と深く結びついていることを暴露している。http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20090226#1235589967
統一協会の文鮮明による2000年2月のメッセージ「誰もが願う真の愛」では次のようなくだりがある。
「女性や男性が貞操を守り保護することは、宇宙を保護することと同じです。男性と女性の愛の秩序が宇宙の根本だからです。ですから、これを動物のように乱用してはなりません」

これって、「行き過ぎたジェンダーフリー(性差否定)教育や過激な性教育を見直し、男女の生まれ持った違いや良さを尊重し、家族や家庭を大切にする明るく元気で生き生きとした子供たちを育てます」という森田のマニフェストとよく似てるじゃん。
それもそのはずで、統一教会系青少年団体ワールドカーブ・ジャパンの『2004年倫理問題調査会青少年問題研究報告書』で協力者として紹介されているのが山谷えり子と森田健作なのだ。

さらに、前回の参院選で丸川珠代らを組織的に支援したとされる「幸福の科学」だが、教団発行の『ザ・リバティ』9月号には巻末9ページにわたって森田健作の特集記事が組まれているという。雑誌が9ページも使って一人の政治家を特集するというのは破格の扱いであり、教団が森田健作を支援していることは一目瞭然だ。

また、右翼団体「日本会議」系新興宗教「モラロジー研究所」でも森田健作は講演している。

森田健作は単に右翼政治家というだけでなく、政界進出を狙う新興宗教のお先棒も担いでいる、とんでもない男なのだ。

森田健作とカネの関係についても、「カマヤンの虚業日記」では「サラ金など貸金業界の政治団体、全国貸金業政治連盟が、政界工作のため国会議員のパーティー券を購入し『協力者リスト』として、国会議員79人の氏名を記載したなかに、『森田健作 自民党・衆議院東京都第四区』と、明記されています。社会問題になったサラ金の無法なやり口も、森田氏の言う『愛国心』や『男らしさ』とは、矛盾しないようです。」と揶揄している。

まだ、あるぞ。
「さらば…右翼と言おう♪」パート2http://yaplog.jp/ichijihinan/archive/190では、森田健作の資金管理団体「森田健作政経懇話会」の政治資金収支報告書にある記載を見つけ出し、森田健作が平成19年度に自民党東京都衆議院選挙区第二支部から1160万円あまり、平成18年度には同支部から1420万円あまりの寄付を得ていたことを暴露している。

森田健作。どこが無党派で無色透明なんだよ。

これじゃ自民党から立候補しているも同然じゃんか。
そのうえにサラ金とも縁が深く、新興宗教からもちゃっかり応援してもらっている。

千葉県民は、ことによるといちばん危なくて汚い男を知事に選ぼうとしているのかもしれない。
一県民として、まったくぞっとするような事態が今進行しているのかと思うと、気が気でない。
隣の東京都には独裁者・石原慎太郎が君臨し、西にはサラ金派弁護士・橋下徹が異常な支持を受け続けている今、千葉県にも三流右翼で節操なくどこからでも支援を受けて空疎な「男らしさ」を看板に掲げる森田健作が新たに主張の座に加わったなら、これからの日本はますます地盤沈下してしまいそうだ。

これ以上、日本を悪くしないためにも、ストップ・ザ・モリケン!

関連タグ : 森田健作, マニフェスト, 新興宗教, 自民党,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。