上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まったくこのところの暑さは過酷と言ってもいいほどで、すでに梅雨は明けてしまい、いつの間にか夏本番になってしまったかのようだ。例によって頼りにならない気象庁は、あと数日すればおずおずと「関東地方も梅雨が明けたと思われる」などと言うのかもしれない。

私は夏が苦手だ。
わが家のワンコたちが暑さに弱く、夏の散歩になると途中でへばってしまい、歩けなくのと同様、私もまたワンコたちと一緒にへばってその場にしゃがみ込みたくなるのを我慢してなんとか歩き、とりあえずは飼い主としての体面を保っている有様だ。

暑いときには冷たいものが、なんといっても気持ちいい。
そこで頭に浮かぶのは、やはり真っ白に霜がついたジョッキになみなみ注がれた黄金色のビールということになるが、いや、酒に限らず甘いものだって冷たくて喉ごしのいいものはありがたい。

そこで見つけたのが、奈良の菓子店で柿の専門店が作っているという、その名も「柿こーり」だ。
なるほどね、そうきたか。なかなかうまいネーミングだ。
写真を見るとたしかに氷の中に柿が埋め込まれているように見えるが、実は氷に見える部分は吉野葛で、要するに柿の実をあんにした冷製大福というか水饅頭のようなものなのだ。
食べるときには冷凍してあるものを適度に解凍する。解凍の度合いによって味や食感がいろいろに変化するらしい。
柿こーり

どうです、奥さん。
食べてみたいでしょ。
柿の専門店「奈良吉野いしい」謹製の「柿こーり」は6個入りで1260円。

食べてみたい方はこちらへどうぞ。
奈良吉野いしい
ま、私は写真を見るだけでガマンするしかなさそうだが。
とりあえず目で涼んでみてください。

なんだか、今日は「ジャパネットたかた」のようなエントリになってしまった。
こういう半広告のような記事も、広告放送なみにブログ内で総量規制になったりして。

スポンサーサイト

関連タグ : 柿こーり, 梅雨明け,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。