上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国によるチベットへの弾圧行為が続くなか、日本を除く世界中から非難の声が上がっている。

私が不思議に思うのは、過去何度となく中国中国人に対して差別的な発言を繰り返してきた石原慎太郎東京都知事が、今回は妙に大人しくしていることだ。
いつもだったら「そら見たことか」とばかりに罵詈雑言を発するところだろうに、私が知るかぎりではまだ何も言っていないようなのだ。
イシハラ
さて不思議なこともあるものよ、と思っていたら、こんな記事が出てきた。

東京都の石原慎太郎知事は21日の定例会見で、チベットへの対応で批判が集まっている中国で、8月に開催される北京五輪に出席するかと問われ「招待状をもらっており、状況次第では行きますよ」と述べた。2016年の東京五輪開催を目指す石原氏には、中国側から1月に招待状が届いており、開会式に出席する意向を示していた。(スポニチ)

なんと、ちゃっかり中国から招待状を受け取っていたのだ。
そのうえで、「状況次第では行きますよ」とは、どういうことだろう。
おそらく石原は、チベット族たちの粛清がすんで、事態が落ち着いたら行くというつもりなのだろう。

しかしこの前まで石原は北京オリンピックについて、「ヒトラーのやった政治的色彩の強いベルリンオリンピックに似ているような気がする」などと発言して中国側を激怒させていたのだ。
それが今度は180度態度を変えて、「東京の友好都市・北京が大会を成功させることを祈念する」と都議会で述べ、東京オリンピック誘致に中国の協力要請までしている。
この態度の豹変ぶりを産経新聞は「双方の関係に変化が見られるようになったから」だと伝えている。

なんじゃこれは。
産経の記事も訳がわからないが、石原慎太郎のように発言がぶれる男というのも珍しいのではないか。
それまで忌み嫌っていた相手でも、少しでも自分の得になるとなれば主張を変える。
この男の目には、チベットで大勢の人々が殺されている光景など映ってはおらず、ただただ自分が打ち上げた東京オリンピック誘致の花火がいかに大きく開くかしか考えにないのだろう。
オリンピック成功のためには、中国としては石原のような男を懐柔しておく必要があって招待状を送ったのだろう。それはわからないでもない。
しかし招待状を送る方も送る方なら、受け取る方も受け取る方である。
まったく、脱力するほど情けない男とはいえないか。

チベットからは、携帯電話やネットでどんどん情報が送られてきている。
そのすべてが正しい情報かどうかはわからないが、少なくとも中国が民衆に向けて銃を向け、発砲していることは間違いないようだ。明らかに銃創を受けた死体の写真がネットに公開されている。血まみれになった遺体の写真も出ている。下にあるのは「チベット人権民主化センター」のウェブサイト にある写真の一枚だ。
遺体


こうした事実から目を逸らし、抗議するどころか変節までして北京オリンピック開会式のことを言う石原慎太郎という男。
私はこの男を、心の底から軽蔑する。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックを↓


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : 石原慎太郎, チベット, 中国, 北京オリンピック, 東京オリンピック誘致, 変節,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。