上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は以前のエントリで、民主党代表選に立候補した鳩山由紀夫が「愛ある政治」「友愛社会の建設」という政策を打ち出した事に対して、意味が分からないと書いた。
「友愛社会の建設」などは鳩山自慢の祖父である鳩山一郎から譲ってもらったものであり、今の社会でこれを実現するとすればどんな政策になるのか、具体的なイメージが皆目つかめない。それは「愛ある政治」にしてもそうで、鳩山由紀夫の言っていることは悪く言えばお坊ちゃまの理想・空論で、具体性も実効性もまったく不明瞭なものだと言わざるを得ない。

しかし実際の代表選では、お坊ちゃまの理想・空論を掲げた鳩山由紀夫が代表に選ばれてしまった。

そして先月末に開かれた麻生太郎との党首討論では、吉田茂の孫と鳩山一郎の孫が対決? という画面が全国のテレビに放送された。
このやりとりを見て、一部のブロガーは「鳩山代表が麻生を圧倒していた」「鳩山代表の勝利」などと書き立てて喜んでいたが、私にはこの神経が分からない。

麻生太郎と鳩山由紀夫が相対する画面を見て、私にはいいようもない嫌悪感が湧いてきたからである。
二人の世襲議員による「対決」は、あたかも戦前の貴族院議院が復活したかのようであり、とても国民の代表が国民のために議論を戦わせているようには見えなかったからである。

国民不在の政治もここまできたか。

そんな思いが強かったこともあり、私は二人の「対決」なるものを最後まで見る気は失せてしまい、同時にこの党首討論についてブログで何か語ろうという気もなくなってしまった。

あえて今、ここに党首討論の感想を書くとすれば、「国民が持っている関心の第一は西松建設問題だと思う」と言った麻生太郎の脱力するしかない発言に改めてげんなりしたことと、相変わらず政権交代を狙う政党の党首として政権獲得後の政策を具体的に語ることができなかった鳩山由紀夫に対する幻滅を再確認したことである。

今日の毎日新聞では、民主党のブレーンでもある北大教授の山口二郎が「鳩山民主党の課題」という一文を寄稿している。
ここで山口は、民主党が自民党に対して対決の構図を作ってこれなかったことが日本政治の回り道の原因であり、それは同時に民主党が回り道をした原因でもあると述べている。
そして山口は、政権交代の必要性について次のように書いている。

なぜ政権交代が必要かと言えば、それは国民自身が政策を選択したという政党制を作り出すためである。選挙で国民が政権党とその政策を選択することで、信託を受けた政府は官僚機構の抵抗を排除して政策を実現できる。政権交代直後の政府こそ、政治主導を強力に発揮できるはずである。

これに続く文章で、山口もまた、鳩山由紀夫が掲げる理念に疑問を呈している。

政権交代で何を変えるかという点は、政党の思想にかかわる。鳩山氏も、友愛を掲げ、党首討論では居場所の確保、悪平等でも弱肉強食でもない第三の道など、思想の片鱗を感じさせてはくれた。しかし、今一つ聞く者の胸に響いてこない。

どうやら山口二郎も同じような感想を持っているようである。
学者である山口は、私が感じたものをさらに明確に文章にしている。
いわく、思想と綺麗事を分かつものは何かといえば、語る者の本気度の違いだと。

はたして、「愛ある政治」と「友愛社会の建設」を掲げた鳩山由紀夫には本気度がどれだけあるのか。
それは麻生太郎がとぼけて「今、国民が持っている関心の第一は西松建設問題」と言ったのに対して「自民党にも怪しげな人がたくさんいる」と言い返したところに見て取れる。
鳩山が「本気」ならば、麻生太郎に対して怒りを露わにし、「何を言っているのだ、国民がもっとも関心を持っているのは景気のことであり、国民生活そのものではないか」とやり返さなければならないところだった。

昨日、自公政権は国会会期を55日間も延長することを決めた。
この際、鳩山由紀夫には、政権交代をした後にどんな政策を打ち出すかという目に見えるものを国民の前に出してもらわなければならない。
そうでなければ、とても民主党を応援する気になどならないし、憲法改正に肯定的で国会議員定数削減に前向きな点など、自民党との大連立を組んでもおかしくないような傾向を持っている点において、私はますます鳩山由紀夫と民主党に対して疑いの目を向けざるを得ないのである。
スポンサーサイト

関連タグ : 鳩山由紀夫, 民主党, 本気度,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。