上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が小学生の頃、友だちと神社の境内で隠れん坊したりていると、どういうものか必ずといっていいほど樹木の陰や本殿の床下などに成人雑誌が落ちていた。
それが成人雑誌とわかったのは、私はそれを見たからあって、しまいには本来の隠れん坊を忘れて私は友だちを呼び集め、みんなでその本を囲んでしゃがみ込み、木の枝か何かでページをめくっては「わー、なんだこりゃ」とか「やらしー」などと騒いでいたのである。
まあ、ロクな小学生じゃなかった。それは認めよう。
それが成長して、こんな大人というか、オヤジにやってしまったわけだ。

さて、昨日2日、自民党民主党は18歳未満の子どもをインターネットの有害サイトから守るための議員立法の共同案の修正協議で合意した。

最近は、パソコンや携帯を通してインターネットを利用し、小学生でも実にさまざまな情報を得ることができる。もし、私が今の小学生で、パソコンも携帯も所有していたならば、やはり神社で誰かが捨てていった成人雑誌を隠れ見たように、アダルトサイトなどを片端から覗き見ていったに違いない。

ロクな小学生じゃなかった私ではあるけれども、そういう成人雑誌を見るときにはやはり「何かイケナイことをしている」という意識があったわけだし、それが子ども心にも汚らわしいものだと感じていたから木の枝でページをめくっていたのだと思う。
そう思いたい。
だから、私が今の子どもでパソコンや携帯を持っていたら、アダルトサイトを覗くだろうけれども、やはり心のどこかにはやましさを抱えながら見るだろうし、それらの画面に映っているものが善ではないということはわかっていると思う。

そう思えるのは、何も私に徳があるからではなく、私の周囲にいた大人たちが言葉にはっきりは出さないまでも、今でいうアダルト系の写真や読み物がお天道様の下で堂々と見たり読んだりする類のものではないということを教えてくれていたからだ。
それは私だけではなく、私と一緒になって境内に落ちていたエロ本を覗き見ていたガキどもも同じだったはずだ。

今回、自民党は有害情報を規制するにあたって「国が一定の関与をすべきだ」と主張し、民主党は「民間の自主的な対応に委ねるべきだ」と主張して調整が難航し、最終的に国が関与せず、民間の第三者機関に任せることで自民党が妥協して決着したという。

けれども、たとえ民間の第三者機関があたるとしても、子どもがどんな情報を見るかという行動をお上が監視することには、どうしても抵抗感が残る。

たしかに今のネットにあふれる情報には、私が子どもの頃に見たものとは比べものにならないほど過激で扇情的なものが多いし、残虐なものや殺人、自殺に関わるものが見過ごせないほどあるのは事実だ。だからといって、これらをけしからんものとして権力が介入して規制するべきものなのか。

私もそれらはよからぬ情報ではあると思うけれど、かといって政府権力が介入することには賛成する気になれない。
政府がするべきなのは、規制をする前に教育に力を入れることではないのか。
ネットに対する心構えを、子どもだけでなく親の世代にも教育していくことだ。そうすれば、たとえアダルトサイトを見ることがあっても、子どもはそれが善ではないことを知りながら見るようになるだろう。親の立場でいえば、それらがよくないものだということを子どもの心にしっかり植えつけるようになるだろう。

そもそも、ネットにあふれる反社会的情報は、いくら政府が規制をかけたところで完全にシャットアウトすることは不可能だ。そして権力が規制をすればするほど、裏社会の情報は価値を増していく。
肝心なのは、一人ひとりの子どもたちがそれらを見てはいけないものだと思うようになることであり、大人は子どもを守る責任から、それらを子どもに見せないように努力することなのではないだろうか。消極的な方法かもしれないが、政府がすべきなのはここまでで、あとは社会の良識を育てていくしかないと思う。

今回、自民党民主党が決めたことは、地べたの上で暮らしている国民から見れば「余計なお世話」と思われてならないのだ。
だいいち、彼らは何をもって有害情報として規制していくかがはっきりしていないし、彼らが規制するのにまかせていると、そのうち有害ではないけれども彼ら権力にとって有害なものを規制するようになるのではないだろうか。
それが気にかかる。

昔、といっても今から20年ほど前までのことだが、海外から輸入されるアダルト雑誌には、『PLAYBOY』のようなものでさえ、ヌード写真の股間はマジックインキで消されていたものだった。今思っても、それは愚劣な、お上による規制の結果だったわけだが、少年だった私たちはあらゆるところから情報を得て、いかにそのマジックを消し去るかに地道を開けた。
多くは失敗したが、ときにはうまく消すのに成功することもあった。

でも、だから何だったかといえば、何でもなかったのである。

要するに、マジックを上手く消して、股間にあるものを見たところで大した感動はなかったし(もちろん、消したこと自体への感動はあったが)、それを見たことで私たちが性的にねじ曲がった方向に進んだとも思えない。

今、自民党民主党がやろうとしていることは、せいぜいがネットの情報にマジックインキを塗ろうとしていることにすぎないのではないか。

だとしたら、それは愚劣な規制だし、やっぱり余計なお世話だと言ってやりたい。

さらに民主党についていえば、こんなところで自民党と協調していないで、高騰を続けるガソリン価格についての見解を出してほしい。3月4月と、「ガソリン国会」と宣言していたあの騒ぎは何だったのか。国民の前に、きっちりとその落とし前をつけてもらいたいものだ。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : 有害サイト, 議員立法, 自民党, 民主党,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。