上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
胡錦涛が来た、死んだパンダの代わりに新しいのを2頭貸してくれると言ってきた。
今回の5日に渡る訪日で、これ以上の意義があったのか。

昨日は胡錦涛早稲田大学を講演に訪れた。
外務省による招待だったらしいが、なぜ、こともあろうに早稲田大学が選ばれたのか。
早稲田大

早稲田とは、今でこそ廃れつつあるが、ながく在野精神と権力に対する旺盛な批判精神を学風として受け継いできた大学だ。
それが昨日は、中国主席が訪れるとあって、チベットの自由を訴えるチベット人やそれに賛同する日本人、いや、何も関係のない日本人まで隊列を組んだ警察によって排除されてしまった。

早稲田大学は、このようなことを断じて許すべきではなかった。
警察の力を頼みにするようなことをすべきではなかった。
客寄せパンダのように自学の学生でもある福原愛を使ってパフォーマンスをすべきではなかった。

昨日の一事で、早稲田の誇りは微塵に散ってしまった。

中国は、いったい日本で何をやろうとしているのか。前哨戦は長野で行われた聖火リレーにあった。
あのとき、リレーの沿道には中国政府によって招集された中国人グループが群れを作り、チベット人や日本人は沿道に近づくことも許されなかった。中国政府がそれを要請し、日本は警察を動かしてそれに応えたのだ。
かくして長野の聖火リレーは、これが日本かと見まがうような、中国国旗と赤いシャツを着た応援団でいっぱいになった。
現場では、中国人とチベット人との「小競り合い」があったと報じられたが、事実は中国人による暴力がふるわれたのであり、警察はそれを見て見ぬふりをして通した。
あの時逮捕されたのは中国人はゼロで、チベット人と日本人だけだった。中国と日本政府にとっては、中国人の逮捕者を出してはならなかったのだ。

中国は北京オリンピックを単なる平和の祭典、スポーツの祭典だなどとは考えていない。
国威発揚の場であり、広がりつつある新自由主義をさらに徹底させることを狙いとしている。
だから、わざわざ聖火をエベレストの頂上まで持って行くという愚挙を平気でやってのけ、その様を世界に配信した。現場にはチベット人も動員されていたが、周囲は関係者以外きびしく排除され、ものものしい警備の中で「儀式」が行われた。
中国は北京オリンピックを成功させなければ、国の威信が損なわれ、市場経済の価値を低めることになってしまう。だから必死なのだ。

早稲田大学大隈講堂で行われた講演で、胡錦涛は日中が互いに脅威ではないことを訴えた。
けれども、中国という国は、国民が中華思想を持ち続けているかぎり、そして一党独裁体制が続くかぎり、世界にとっての脅威であり続ける。日本にとっては北朝鮮と同様、困った隣人であり続ける。

昨日の講演会には、中国シンパの学生と中国関係者しか入場を許可されなかったそうだ。一般の学生は、警察隊によって遠くに追いやられ、学校周辺では商店がシャッターを閉めさせられた。
そういうことをやらせておいて、何が「脅威ではない」だ。

福田康夫胡錦涛の卓球を戦略的と褒めちぎったが、日本の外交は常にその場限りの戦術さえろくになく、ただ膝を屈して卑屈に笑ってみせるだけだ。そうでなければ、ギョウザ問題でもっと強い言葉を発すべきだったし、東シナ海ガス田開発では日本の立場を主張すべきだった。チベット問題についても、中国の人権問題と絡めて意見するべきだったのだ。戦略的に見て、今回もまた日本は非常にまずい外交をやってしまったと思う。
胡錦涛と福田
5日間も滞在して胡錦涛がやろうとしていることは、詰まるところ、中国側の圧力を日本のすみずみにまで浸透させることであり、北京オリンピックのチケットをちらつかせながら広告代理店やスポンサーが意のままに動くことを確認しようとしていることなのだ。
その証拠に、胡錦涛は自分に都合の悪いことは何一つはっきりさせずにいるではないか。

今回の胡錦涛来日は、日本の外交史にまた新たな失敗と屈辱に満ちたページを付け加えただけで終わる。日本の国民の利益になることは、高額の代金を請求されながら恭しく借りることになるパンダ様がやってくることくらいだ。
まったく笑止な話で、涙が止まらん。
私は、この1~2ヵ月で、五星紅旗を見ると反吐が出そうになる癖がついてしまった。
五星紅旗

それにしても。
期待どおり、外交手腕のなさをさらけ出した福田康夫
胡錦涛が来てもシッポを振りながら指をくわえてみているだけの自民党。
ホンマにしようもない奴らだね。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : 胡錦涛, 福田康夫, 早稲田大学,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。