上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北朝鮮の核実験とそれに続くミサイル発射実験に、日本国内はなにやら色めき立っているかのように見える。
国内ばかりではない。核実験を強行したことに対しては、国連の安保理も懸念を示し、非難決議を採択した。これまで北朝鮮をなにかとかばってきた中国とロシアも、今回は非難する側に回っている。

北朝鮮は今月に入って再びミサイル発射実験を実施する準備をしているようだが、自民党内では今、敵基地攻撃論がさかんに取りざたされている。中川(酒)や安倍晋三のような極右政治家は以前からこれを主張し、憲法にも取り入れるべきなどと世迷い言をいっているが、今や彼ら極右政治家だけでなく山本一太のようなへたれ議員までもが、「北朝鮮に対する抑止力強化を考える会」で「敵基地攻撃能力を防衛大綱に入れていくキャンペーンを強めていきたい」と挨拶している。

座して死を待つのを潔しとしない。

対北強硬論者たちの基本にあるのは、戦前の政治家たちも好んで使った武士道精神の受け売りだ。

しかし、どうにかならんのかね。
この大時代なかび臭いような言い回し。
ま、こういう言い方が好きなのは自民党の議員だけじゃなく、左派ブロガーに人気の植草一秀なんかも大好きなんですけどね。

私はこんな言葉、大嫌いだ。聞いただけで拒絶反応が起きてしまうよ。

彼ら「座して死を待ちたくない」連中は、ただやられるくらいなら、せめて一発くらい仕返しをしてやらなければ気が収まらない、という理屈で適地攻撃論の必要性を説いているわけだが、不良のケンカじゃあるまいし、もうちょっとましなことは考えられないものだろうか。

今日、1日はアメリカのビッグスリーのなかでも長くトップに君臨していたGM(ゼネラル・モーターズ)が、ついに破産法を申請し、これからは政府が株式の72.5%を保有する国営企業として再建の道を歩むことになった。
GMのような巨大企業でも経営を誤り負債が山積みとなれば破綻してしまうのだ。

これはなにも企業だけに言えることではないだろう。
たとえば北朝鮮は2004年の国民総所得が2兆円で、日本の280分の1、韓国の40分の1にすぎない。国家予算にしても3600億円で、これは島根県の予算よりも低い額である。
こんな国が核兵器を作り、大陸弾道ミサイルなどを量産していけるのか。
軍事には暗いが、平気を作るには莫大な金が必要であることくらいは私だって知っている。

とすれば、今の北朝鮮の国力で、ミサイルを撃ち続けるのは無理に決まってる。
だって金がないんだから、どうしようもない。
今だって国民を餓死寸前の状態にしてまで予算を軍事費にまわすという無茶苦茶なことをやっているのに、もうこれ以上の無理は利かないだろう。

「お父ちゃん、お腹が減ったよ」と国民が金正日父さんに泣きついても、これまでは「ちょっと待ってな。今にお父ちゃんはアメリカからたっぷり金をもらってやるから。そうしたらたらふく食べさせてやるから」
そう言ってなんとか誤魔化してきたのだが、今回はアメリカは見向きもしない。
おかしいな、と思った父さんは小出しに核実験をしたりミサイル発射実験をしてみたりしているが、財布の中身はどんどん侘しくなるばかりなのだ。

こんな国が、戦争を仕掛けてくるかもしれないだって?
まさか、無理だろうよ。
私ならそう思う。
今は突っ張ってるけど、そのうちに音をあげるに決まってるさ。

そうは思わないかい?

もし私が考えていることに少しの分があるのなら、今自民党の議員どもがギャーギャー騒いでいる「敵基地攻撃論」なども、滑稽なものとしかいえないのではないか。

敵基地攻撃して一矢を報いるなどと、大時代なことを考えるよりも、現実的なのは北朝鮮が破綻したときに誰がどのように引き受けるかを今のうちに考えておくことである。
ガリバーとも称されたGMは破綻した。これを引き受けるのはアメリカ政府しかなかった。
北朝鮮もこのままでは近いうちに破綻する。そのとき、混乱を最小限にしてこの国を再生させるには誰が何をすればいいのか。

今、日本の議員たちが真剣に考えるべきは、このことなのではないか。

座して死を待つよりも、と思っているのはわれわれではなく、北朝鮮の方なのだ。

そうだとは思わないもんですかね、自民党のセンセイ方は。

スポンサーサイト

関連タグ : 敵基地攻撃論, 自民党, 北朝鮮,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。