上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれまあ、福田さん。
これできっぱり小泉純一郎の路線に別れを告げたんだな。
野田聖子の入閣が決まったとき、だれもがそう思ったに違いない。
われらがテサロニケ大先生ならば、森喜朗が唾をつけたとされる高市、小池、野田のなかから見事に一人入閣を果たしたことで大満足というところだろうか。

今回の改造内閣の顔ぶれを見て思うことは、ふたつある。
ひとつは福田康夫が小泉・竹中の改革路線と決別して旧守派に回帰したこと。
したがってどの顔ぶれを見ても新鮮みに乏しく、福田康夫が「国民のための内閣」と力説してもほとんど胸に迫ってくるものはない。

もうひとつは、財政再建派をもちいたことで、当面の間は新財務相になった伊吹文明が言っていたように「国民を目くらましにかけておく」としても、与謝野馨、谷垣禎一を据えたことで、明確に消費税増税をするというメッセージを国民に送ったと言うことだ。
これもまた、福田の言う「国民のための内閣」とは逆行する人事と言うべきで、福田康夫の言う言葉はただただ虚ろに響くだけである。

いまや政権の風向きに敏くなった公明党は、とりあえず環境相に斉藤鉄夫を送り込んでおき、次の政権に備えるといったところだろう。

新しさが感じられず、従ってこれからの政治にも期待ができない点では多くの人と意見を同じくする私だが、なかでも脱力ものでがっかりしたのは留任した2人である。いかにも言葉の軽い官房長官・町村信孝と国民を裏切り続けた厚労相・舛添要一。いくらなんでもこの2人には替わって欲しかった。これから福田改造内閣がどれだけ続くか知らないが、この2人のいい加減な言説に引き続きつきあわねばならないと思うと、国民の一人として目眩すら感じるところだ。

この2人を留任させたことをふくめ、新閣僚の顔ぶれを見ても、自民党にはもはや新しい風を起こすだけの人材もなければパワーもないということだけははっきりしたのではないだろうか。

一応かたちのうえでは小泉・安倍路線に別れを告げたかに見えるものの、極右の新自由主義者・麻生太郎を幹事長に据えたということは、福田内閣がいまだ新自由主義をはっきり否定しきれずにいるということであり、竹中平蔵と通じている中川秀直が巻き返しを図る余地はまだあるだろう。表面上は財政再建=消費税増税の布石を打っておきながら、いざとなれば首相の座を麻生に譲り、今度は中川一派に実権を握らせる。
いずれにしても自民党の舵取りは、国民生活を守る方向には向いていかないことだけははっきりしている。
ということは、自民党が今の状況でどうあがいても、支持率が上がることは望めないだろうし、総選挙ともなれば大敗を喫する可能性の方が大きいということだ。

今や国民の大多数が痛みを感じ、生活の苦しさに悲鳴を上げようとしている。
政治がいちばんに取り組むべきは、この状況をいかにして和らげていくかにつきるだろう。つまり社会民主主義への転換だ。
ここで重要になるのは、野党がどれだけ国民の心に訴えかけていくことができるかだろう。

代表選を控える民主党には、ぜひともこの点を中心課題に据えて、具体的な対策をあげた上で代表を選んでほしいものだ。民主党だけではない。自民党と公明党を除く野党すべてが社会民主主義のために立ち上がる必要がある。

今回の内閣改造は、自民党政治の終焉と、社会民主主義への大転換の序章となるのではないか。
そういう意味で、私はある意味希望を持って第二次福田内閣の顔ぶれを見ているところだ。


スポンサーサイト

関連タグ : 改造内閣, , 財政再建派, 消費税増税, 自民党, 社会民主主義,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。