上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
26日、アフガニスタンの農村で医療、農業支援などを行ってきたNGO「ペシャワールの会」のスタッフ、伊藤和也さんが武装勢力に拉致された事件は、一旦は解放されたというニュースが流れた後に誤報だったと発表されるなど、情報が錯綜し、いまだに事件は解決していない。
タリバーンが仲間の釈放を求めて伊藤さんを拉致したとの情報もあるようだが、いずれにしても一刻も早く、伊藤さんの無事救出を祈りたい。
「伊藤さんは現地の住民ともなじんで、その活動は感謝されていた。現地の有力者が解放の仲介に立ってくれると信じている」という福元満治事務局長の言葉もある。武装勢力との武力衝突を避け、できれば現地の人々の説得で解放してもらいたいものだ。

しかし、こういうニュースが流れると気になるのは、不測の事態が起こったときのためには軍による護衛が必要だという考えが表面に出てくることであり、日本の自衛隊派遣は是非とも必要だという論調が力を得ることである。

けれどもテロや暴力に対抗するには軍の力に頼るしかないという考え方はいかにも危険で、間違っていると私は思う。
現に、ペシャワールの会現地代表の中村哲氏はアフガニスタンの現状について、
「治安悪化の原因は、大干ばつによる深刻な食料難と、タリバン掃討作戦を進める米軍の相次ぐ誤爆による犠牲への怒り・反発だ。かつては日本人であるだけで命拾いしたが、今は日の丸がむしろ標的になっている」と語っている。
アフガニスタンにはアメリカ軍だけでなく国連軍も派兵されていて治安維持にあたっているが、どうやら評判の方はアメリカ軍に劣らずよくないようだ。全体にモラルが低く、地域の習慣や文化を理解しない兵士たちはアルコールが禁じられているアフガニスタンにいながら装甲車の上でワインをラッパ飲みし、空き瓶を通行人に投げつけるといった傍若無人を繰り返している。そのため現地の人々からは感謝どころか憎しみを買っていると、これも中村医師が語っている。

さて、ここでもう一つ心配になるのは、民主党代表の小沢一郎のことだ。

すでに民主党は代表選を行わずに小沢代表の三選を決めてしまったようだが、そのまま総選挙が行われて大方の予想通り自民党が敗北し、連立するにせよ民主党が政権を取ったとなると、当然ながら小沢一郎首相の誕生ということになる。
私が心配するのは、小沢は自身のウェブサイトで憲法改正を主張しており、日本が国際社会との協調を図っていくためには「国連常備軍」を創設する必要性を訴えている。
小沢は持論のなかで、今の国連は明治維新のときの朝廷のようだとたとえている。以下はその引用。

-------
明治維新のとき、朝廷は武力を持たなかった。警察力も権力もなかったので、薩長を中心に親衛軍をつくったのである。今の国連は、ちょうど維新後の朝廷と立場が似ている。固有の力を持っていないので、事が起きた時に、その都度各国に呼びかけPKOを始めとして多国籍軍の編成を行うことになる。これでは、緊急な時に迅速な行動がとれないという事もあり、又、その時々の各国の思惑や事情により実効があがらないという面も多々ある。従ってこういうやり方でなく、一歩進めて国連に常備軍を設けるべきであるというのが私の主張である。
--------小沢一郎 「政策とオピニオン」より。

つまり、今の国連がイラクやアフガニスタンに多国籍軍を送って平和維持活動を行うというやり方ではスピーディな対応ができないから、日本が中心になって国連常駐の軍隊を置き、イラクやアフガニスタンに派兵すべきだというのだ。
そして実際、小沢は雑誌『世界』1997年11月号に投稿論文を発表し、そのなかで「私が政権を取って外交・安保政策を決定する立場になれば、ISAF(国際治安支援部隊)への参加を実現したい」と述べ、「国連の平和活動は、たとえそれが武力の行使を含むものであっても、日本国憲法に抵触しない、というのが私の憲法解釈です」と断言している。

民主党は、私の記憶が正しければ、テロ特措法延長に反対の立場をとっているはずだが、その代表であり、もしかすると次期首相になる可能性もある小沢一郎は憲法を改正することにも賛成した上に海外派兵にも積極的な考えを持っているのだ。

これは普通、どう見てもおかしいのではないか。
もし小沢内閣が実現したとして、小沢はさっそくISAF参加を実現させるだろう。その結果どうなるか。
ペシャワールの会の中村哲医師が語ったように、軍事力の介入は現地人からの憎しみを買うだけになるのではないか。
小沢が改憲を実現させ、国連に日本を中心とした常備軍を置くことにしたとする。その軍とは誰が行くことになるのか。自衛隊とは別の組織なのだから、新たに兵士を募ることになるだろう。
私はそこで「徴兵制度」という言葉を思い浮かべないわけにはいかなくなる。
小沢一郎は、日本で徴兵制度を始めるつもりなのだろうか。それを視野に入れながら次期政権を取ろうと目論んでいるのだろうか。
私はここに非常な危惧を感じる。

小沢三選が決まってしまった以上、もはやISAFについても論じられることはなくなってしまったとは「きまぐれな日々」のkojitakenさんも批判的に書いているが、私もまったく同感である。

国民生活を破壊した自公政権には、一刻も早く舞台から降りてもらいたい。
しかし、次に政権を取るだろう民主党はどのような国政を運営していくつもりなのか。それがもうひとつはっきりしない。
憲法を改正し、海外派兵にゴーサインを出そうとする小沢一郎を抑える勢力が民主党内で力を持つことと、連立する政党には小沢の暴走にストップをかけ、本来の「生活が第一」の内閣を実現してもらいたいものである。

スポンサーサイト

関連タグ : アフガニスタン, 拉致, 小沢一郎, ISAF, 憲法改正, 民主党,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。