上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日15日は、後期高齢者医療制度により、75歳以上の人たちが介護保険料とともに健康保険料も天引きされた年金がはじめて支給される日だ。

ただでさえ少ない年金、しかも社保庁の不始末がまったく片付いていないというのに、しっかり天引きされてくる年金を受け取る老人たちの気持ちはどんなものだろう。戦後、平和になったとはいっても決して暮らしやすかったとは言えない日本で一生懸命働いて、今日まで生きてきた老人たちには「公平な痛み」を味わわねばらないいわれなど、ないはずだ。

それにもかかわらず、厚労省の役人は「年金記録問題と保険料天引きとは別問題だ」(厚生労働省幹部)と言って悪びれる様子もない。(時事通信)
何度でも繰り返すが、金が足りなくなるからといって老人からも金を巻き上げるという発想は、まるで穀潰しの放蕩息子が考え出したような噴飯もののアイデアだ。

昨日は巣鴨で野党4党が集まって、後期高齢者医療制度の廃止を訴えていたが、その結集した力を生かして、なんとか自公政権に終止符を打ってもらいたいものだ。
野党演説
さらにもうひとつ、今日は福田政権になって発の国政選挙となる衆院山口2区補欠選挙が告示される。
立候補しているのは自民党新人で公明党が推薦する山本繁太郎(59)と、前民主党比例中国ブロック衆院議員で社民党が推薦する平岡秀夫(54)の二人だ。
暫定税率や日銀総裁人事で対立が続いている自民・民主両党にとっては、政局の行方を占う意味でどちらも負けられない戦いになっている。自民党は安倍晋三や外務大臣の高村正彦が応援に駆けつけているが、民主党も小沢一郎がすでに2度、選挙区入りしている。

山本繁太郎がこの選挙で勝てば、自民党は勢いに乗ってガソリン税の暫定税率を維持する税制関連法案を衆院で可決するだろう。反対に平岡秀夫が勝てば、一気に福田政権が倒れるかもしれない。
もちろん、私としては平岡秀夫に勝ってもらいたいと思う。

山本繁太郎という人物は、すでにいくつかのブログでも取り上げられているように、あの「ノーパンしゃぶしゃぶ」スキャンダルで有名になった風俗店の馴染みだった人物であり、当時の建設省官僚としてさんざん<おいしいお肉>を食べてきた男である。
さらに、「耐震偽装事件」では、国土交通省にあって、事件の責任が国交省の役人におよぶ証拠を隠滅したことで局長から国交省審議官に昇進したという、いわく付きの男だ。
山本繁太郎
こんな男が、こんどは衆議院議員になろうというのだ。なんとも面の皮が厚い野郎ではないか。断じて当選してほしくない。こんな男が当選したために暫定税率維持が決まり、今まで通り利権と税金の無駄遣いが続くのかと思うと、私は目眩を覚える心地さえする。

しかし、山口県は安倍晋三の出身地でもあり、日本でも有数の保守王国だ。実際、選挙が行われる地区の住民たちは「ガソリンよりも道路だ」という人が少なくないようだ。
どうも予断は許されない状況だが、山口の人々よ、今こそ良識を働かせてノーパンしゃぶしゃぶ男を議員などにしないようにしてもらいたい!


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックしてください↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
スポンサーサイト

関連タグ : 後期高齢者医療制度, 自民党, 山本繁太郎, ノーパンしゃぶしゃぶ,

それにしても「後期高齢者医療制度」にしても「長寿医療制度」にしても人を馬鹿にしていることには変わりないネーミングをしたものである。今の政府が、少しも国民のことなど考えていないということの現れだろう。

このクソのような制度を、福田康夫は「私はほんとにいい制度だと思うんですけどね」と言っていたのをニュースで見たときにはのけぞりそうになった。こいつはいつも他人事のようにものを言うクセがあるけれど、本気で老人たちのことなどどうでもいいと思っているんじゃないだろうか。そんな危惧を持った。

しかし危惧どころか、福田は本気で多くの老人を絶望に追い込むつもりのようだ。
福田康夫
今日午前、国立成育医療センターを視察した福田は、記者団の質問に答えて「保険証がまだ(本人に)届いていない不手際がある。説明不足で混乱をしている。十分説明し、いささかの不安も与えないようにしなければいけないのに、そういうことをしていなかったのは本当にまずかったと反省している」と陳謝したが、その一方では臆面もなく「総合的に考え、こういう制度がいちばんいい」と再び言ってのけたのだ。

福田康夫が思っている、「後期高齢者医療制度」――言っておくけど、私はとても気恥ずかしくて「長寿医療制度」などとは呼べないよ――の「いいところ」とは、いったいどこにあるのだろうか。

そもそもこの制度を考え出したのは小泉純一郎で、高齢化社会による保険医療費の財源逼迫に対し、これを節約するために考え出された悪法だ。それは誰もが思っていることだろう。
しかし福田は「いい制度だ」と強調する。
このズレはどこから生じるものなのだろうか。

yahoo知恵袋には「長寿医療制度は国民にとって、どんなメリットがありますか?」という素朴な質問が乗っている。
それに対する答えを見ていくと、ざっと次の通りだ。

1.平成の姥捨て山。高齢者の年金から、確実に医療費を差し引くことができること。このような制度のメリットは全くない、国・厚生労働省・国会に対する不信感を醸成しているだけ。
2.ずる賢い人と、大企業社員の管理職と、中小企業経営者のみが儲かる社会。今月の年金支給日から、五月連休明けまで、自殺や犯罪行為が増加するでしょう。
3.あるとすれば老人をいじめて早死に促進、医療費削減すること。
4.要するに医療が高度化して医療が高額になり、このままでは破綻してしまう恐れがあるから新制度に切り替えただけ。

適当に要約させてもらったが、つまるところ、少なくとも国民にとって「いいところ」は何もないというのが答えになっている。

新聞「赤旗」はさらに細かく詳しく、この制度のよくない点を解説している。それによると、
1.これまで保険料を払ってこなかった被扶養者もふくめて年金額が月1万5000円以上の75歳以上の人はすべて保険料徴収の対象になる。その徴収法は、年金から有無を言わさず天引きされる。
2.徴収される保険料は条例により都道府県によって異なるが、政府の試算では全国平均で月6000円になる。介護保険料(全国平均4090円)とあわせると毎月1万円以上が天引きされることになる。
3.これまで高齢者は、障害者や被爆者と同じように保険料を滞納しても保険証を取り上げられることはなかったが、今度の制度では保険証が取り上げられ、短期保険証・資格証明書が発行される。
4.保険料は2年ごとに改定されるが、後期高齢者の数が増えると自動的に保険料も引き上げられる仕組みになっている。
5.窓口負担は原則1割、現役並み所得者3割と変わらない。しかし、後期高齢者とそれ以外の世代で病院・診療所に支払われる診療報酬を別立てにし、医療格差をつけようとしている。
6.後期高齢者に対して手厚い医療を行う病院や診療所の経営が悪化するようになり、高齢者は粗悪な医療や病院追い出しを迫られることになる。

おい福田よ、「いいところ」など、どこにも見あたらないじゃないか。なにが「いい制度」なんだよ。ちゃんと説明してみろよ。
後期高齢者医療制度」「メリット」でググってみても、「メリットなし」というのばかり出てくるぞ。
行政側サイトには「今後も1割負担のままですみます」「医療制度が安定し、今後も安心して利用できる」という言葉が出てくるけれど、医療の格差が生じた挙げ句、支払う額は同じ1割でも、診療の内容はスカスカになるのでは意味がないじゃないか。
福田は「これまで説明不足だった」と反省しているが、いくら反省したところで、どこから見ても悪法でしかないこの制度からメリットを見いだすことは難しい。

やっぱり小泉が残した負の遺産は、早いところ廃止すべきだよ。
国民みんながそう思ってるよ。
老人の自殺者が増え、今年から年間自殺者が4万人を超えるなんていうことにならないうちに、野党は、共産党もふくめて制度廃止に向け、共闘していくべきだ。


ブログランキングに参加しています。
↓よろしければクリックみっつ↓
人気ブログランキング


にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

関連タグ : 後期高齢者医療制度, 悪法, 福田康夫,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。