上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
酒好き、映画好き、本好き、落語好き、バイク好き、そして鬱。 ちょっとばかり辛い日もあるけれど、フンニャロメ~と生きてます。
◎心にとめおく言葉
●人は、自分が見たいと思うものしか見ようとしない――ユリウス・カエサル
●為政者たるものは憎まれることはあっても、軽蔑されることだけはあってはならない。(塩野七生)
●自分に当てはめられない基準を他人に当てはめるべきではない
――ノーム・チョムスキー
●さまざまな知識人、文化人、政党やメディアは一般の人々よりも右よりな立場を取る――ノーム・チョムスキー
●考えろ、考えろ、考えろ!――ジョン・マクレーン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なるほど、左様でござい。
こんちお日柄は悪しゅうござんすが、おつむの中は冴え冴えとして世の中が広く深く見渡せる御仁にはご機嫌如何なりや。

ヤツガレの上り坂一方の(つまりクダラナイ)ブログなど、まことにケチな存在で、おっしゃる通り、「「お笑い番組」の視聴で感情を起伏させて娯楽消費するレベルであり、福田康夫やめろとか、小沢一郎頑張れといった(ヤツガレ必ずしもそうは考えてはおりませぬが)大衆レベルの床屋政談の集積と循環の一部であり、転換期に対応する変革主体の運動とは全く無縁」のものでございます。

ご尊敬申し上げていた「世に倦む日々」の大先生からすれば、手前どものような雑魚がいくら集まって騒いだところで、社会は何も変わらない。おっしゃる通りでございましょう。
それにしてもまぁ、たとえがお上手なことで。
まったく「床屋政談」とは。
まるで地べたに唾でも吐くようなおっしゃりようでございます。

もちろん、名前も卑しい「フンニャロメ日記」ごときが、その高貴なるお目にとまったとも思えませぬが、拙のブログも大先生のおっしゃる有象無象のなかの切れっ端くらいの位置は占めていることでありましょう。その切れっ端が「司馬遼太郎の革命第一世代論から丸山真男の悔恨共同体論へ」という題名のご立派な説を拝読すれば、ヤツガレごときがものを申すはただただ恥ずかしきことにてネットをゴミで汚すようなもの、と教えていただいたようでございます。

こんな阿呆にも、それくらいはわかります。

なるほど、床屋政談をしているような輩からは、百年待っても革命運動を推進するエリートは現れないことでございましょう。
書くだけ無駄。ネットを汚すだけ。
雑魚は首をすくめ、大先生ご推薦の河添誠さまと湯浅誠さまのお説に耳を傾け、ひたすら牽引されるのを待てばよろしいのでございましょうか。
「自民党を終わらせろ、民主党に政権交代させろ、とネットの床屋政談で何十人かが騒いでいれば、それで日本国民が福祉国家を手に入れられるとは絶対に思わない。それはあまりにも資本と権力の体制をバカにした話であり、歴史を甘く見た妄想だ。無知の政治観である」。
なるほど、お説ごもっともで。
長屋の熊や八公は、妄想するのを止め、だまって大先生の話を聞いていろと。

たしかに大先生の高邁なお説は、タダで読ませていただくのはもったいないほどありがたいものでございます。
しかし大先生。
近頃のお説を拝見していると、長屋の住民にはちょいとばかりついていけないような気がしていたのでやんすが、いかがなもので。

あ、いけねえ、いけねえ。ヤツガレごときが大それたことを。
雑魚は口をつぐんでいろと言われては、もう何も言う気にはなれませぬ。

床屋政談はいい加減にして、この安普請にも似たブログも、店じまいを考えた方がよいのでしょうか。
さあて、明日からどうしたものでございましょう。

おかげさまで、大先生の「世に倦む日々」を読ませていただいた後、ヤツガレもすっかり倦み倦み気分になってしまった今日この頃。
ここはひとつ、かっぽれでも踊って、その後ぁふて寝と決め込みましょうかい。
スポンサーサイト

関連タグ : 世に倦む日々, 床屋政談,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。